釣り&タックル情報サイト

つりにいく

イカメタル ロッド

オモリグロッドのおすすめを紹介!最新モデルや個人的に使っているモノなど。

更新日:

オモリグ!

オモリグ!

今年のイカメタルも終盤戦ですね。ちょっと釣果が下がりつつあるみたいですが、8月末までにもう1回は行きたいところです。

イカメタルが終わるとタチウオテンヤやアジングですね。今年はコロナで富山にお盆帰省できなかったので、夏の風物詩である陸っぱりキジハタ釣りができなかったのが残念・・。

さて、最近少しずつ増えてきている「オモリグ用ロッド」を紹介します。個人的に使っているものや、入門モデル、ハイエンドモデルまでオモリグ専用ロッドをまとめてピックアップ!

オモリグロッドの特徴

オモリグ用スピニングリール

オモリグ用スピニングリール

オモリグ用ロッドはスピニングロッドです。錘負荷は30号前後が扱いやすいものが多く、ラインはPE0.4号〜0.8号ぐらいに最適化されています。合わせるのは2500番〜3000番台ぐらいのスピニングリール。

長さ

6ft後半〜7.5ftぐらいまでのロッドが多いです。

穂先(ティップ)

チューブラやソリッドでできた穂先で、高感度を維持しながらも、30号や40号といった100g以上のオモリをしゃくれるようなセッティングになっています。また、夜間の釣りなので視認性があがるようにオレンジや黄色・白など見やすいカラーが塗装されています。

グリップ

グリップは長めで、脇に挟めるようになっています。100g以上あるオモリグをシャクるので、ジギングのようにロッドエンドを脇に挟み負荷を軽減できるようになっています。

おすすめオモリグロッド

ファイヤーティップ:カンジインターナショナル

ファイヤーティップ:カンジインターナショナル

ファイヤーティップ:カンジインターナショナル

オモリグ専用ロッドといえば、このカンジインターナショナルから発売されている「ファイヤーティップ」シリーズ。イカメタル船にのると必ず何人かは使っているのを見かけるようなロッド。ブランクカラーがネイビーとホワイトの2種類があり、特にホワイトという珍しいロッドカラーってのもあり目立ちます。

オレンジのティップ

オレンジのティップ

名前の由来でもあるオレンジ色のティップカラーが視認性も高く、目感度での合わせに非常に有利です。ロッド自体の自重は結構ありますが、その分ブランクもしっかりしており、キャスト〜シャクリまで安心して行えるのが良いです。7ft、7.3ft、7.5ft、7.6ftの4種類のレングスが用意されています。

月弓705:カンジインターナショナル

2020年7月に発売されたカンジインターナショナルのハイエンドオモリグ専用ロッドが「月弓 OMORIGSPEC」。

6.8ftと7.5ftの2モデルが用意されていて、7.5ftモデルは発売後に即完売する人気ぶり。釣友が月弓705を手に入れたので、ちょっと使わせてもらいましたが、ファイヤーティップよりもかなり軽く、シャッキリした使い心地でまさに上位モデル。一度使うと戻れない良さがあるので、欲しくなりますw

今年はもうすぐシーズン終了だと思いますので、欲しい人は来年狙ってみて下さい。月弓608も良いみたいですよね。

バトルウィップ OR 72/C:ヤマガブランクス

2020年4月にヤマガブランクスから発売された最新のオモリグ専用ロッドが「BattleWhip OR 72/C」。チューブラモデルのロッドで40号まで使える設定です。

BattleWhip IM 69B

BattleWhip IM 69B

個人的にも使ってみたかったのですが、同じく今年発売された「BattleWhip IM 69B」↑を購入したのもあり見送りました。というか、既に売り切れてたけど。来年触ってみたいと思います。

SSD METALIKA S68H/FSL:テイルウォーク

2020年4月にテイルウォークからリリースされた最新のオモリグ専用ロッドがSSD METALIKA S68H/FSL(SSD=ソルティ シェイプ ダッシュの略)。チューブラではなく、業界初のカーボンフルソリッドで出来たオモリグロッドです。

フルソリッドの特徴である「どこまでも曲がる」ってぐらいの追従性によりイカの身切れを防いだり、カーボン自体の復元力によるシャクリ負荷を軽減してくれるのが良い点。またMAX40号までのオモリが扱えるので、潮がぶっとんでいる時の日本海でも活躍してくれそうですね。

テイルウォーク:メタルイカ C65MH

テイルウォーク:メタルイカ C65MH

穂先はテイルウォークのイカメタルロッドの特徴でもある明るいグリーン。個人的にもイカメタル用にC65MHを使っており視認性は良いです。手頃とまでは行きませんが、20,000円以下で購入できる本格的なオモリグロッドなので良いですね。

三代目クロステージ イカメタル CRXJ-S702H/OMORIG:メジャークラフト

2020年7月にメジャークラフトからリリースされたのが、三代目クロステージ イカメタル CRXJ-S702H/OMORIG。最新モデルのオモリグロッドですが、1万円ちょっとという実売価格は右に出るものがない手頃さです。30号までのオモリに対応しているので、ほとんどの状況で使う事ができるのも良い点。

クロステージ イカメタルモデル(CRXJ-S762H/NS)

クロステージ イカメタルモデル(CRXJ-S762H/NS)

個人的にも別モデル↑のCRXJ-S762H/NSを使っていましたが、少し柔らかいかな?という面以外は全然問題無しです。この最新モデルは少しレングスが短くなったようなので、扱いやすくなってますね。非常にコスパの高い1本で、初めてのオモリグにもおすすめです。

墨族 DAIKEN SP & 墨族 DAIKEN Limited:ハリミツ

2019年にリリースされたオモリグロッドが「墨族 DAIKEN SP (ダイケンスペシャル)」。スピニングモデルは3種類あり最もパワーのある「S70H」においてはMAX50号(188g)までのオモリが使えます。

また、最新モデルとしてリミテッドバージョンの「墨族 DAIKEN Limited」が2020年に登場。スピニングモデルは70MHと70Hの2種類がリリースされており、目感度・手感度ともに有利なチタン合金トップが採用されています。

ブラックジャガー 漢気:アレス

宇崎日新が展開するロッドブランドの1つ「アレス」がリリースしたオモリグ専用ロッドが「ブラックジャガー 漢気」。

超極薄高密度4軸カーボン、炭素繊維トレカ®「T1100G」、ナノアロイテクノロジー、チタンフレームなど最新のロッド素材や技術などを盛り込んだオモリグロッドになっています。スピニングモデルは2種類あり、20号まで扱えるBJOS-702MLと30号まで扱えるBJOS-702Mが用意されています。

代用ロッドは何が良い?

水島の脇を通り過ぎる

代用ロッドは?

ティップラン用ロッドやライトジギングロッドを使ってオモリグをやる人も沢山います。ただ、オモリグはちょいキャストとシャクり、イカの繊細なアタリを取る事を考えると専用ロッドがかなりやりやすいと思います。できれば入門モデルでも良いので使う方が個人的にはおすすめですよ。

オモリグで釣った剣先イカ
オモリグが楽しい!おすすめタックルや仕掛けなどを紹介

個人的に今年のイカメタルはオモリグタックルをメインに楽しんでいます。オモリグはちょいキャストしてケンサキイカを狙う釣り方で、ベイトタックルを使ったバーチカルなイカメタルとは違った面白さがあり、日によっ ...

続きを見る

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-イカメタル, ロッド
-

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.