イカメタル

オモリグを始めよう!タックルや仕掛けや釣り方を紹介!

オモリグで釣った剣先イカ
オモリグで釣った剣先イカ

ここ数年人気が出てきた釣り方の1つが「オモリグ」。小型のエギと中オモリを使って剣先イカやスルメイカを狙う釣り方です。個人的にも非常にハマっている「オモリグの基本タックルや仕掛け、釣り方」などを詳しく紹介しています。ご参考までに!

オモリグについて

オモリグとは?
オモリグとは?

オモリグは主に日本海や山陰エリアで行われている剣先イカの釣り方。中オモリと小型エギを使ったエギングの1つ。別名「中オモリ式エギング」なんて呼び方もされます。基本的にはスピニングタックルを使用し2.5号前後の小型エギと15号〜40号ぐらいの中オモリを使った仕掛けを使います。

ターゲットは剣先イカ(白いか)

本命の剣先イカ
本命の剣先イカ

オモリグのメインターゲットは「剣先イカ」、他にもスルメイカやまれにアオリイカなどが釣れる事もあります。日本海側の方が大型の剣先イカが釣れますが、和歌山エリアもサイズは小さいですが楽しむ事ができます。

シーズン

オモリグのシーズン
オモリグのシーズン

オモリグのシーズンは初夏〜秋頃。6月頃から9月頃までがメインシーズンとなります。

オモリグとイカメタルの違い

オモリグとイカメタルの違いは?
オモリグとイカメタルの違いは?

オモリグはバーチカルな釣りのイカメタルと比べ潮が速い時に有利な場合があります。実際に日本海でイカメタルをしていると時に30号のスッテを使っても流されてしまうような事がありますが、そんな時に20m〜30mぐらい潮上にキャストすることで、エダスも1m程度ありドロッパーもエギなので自然なフォールを演出できるオモリグが釣りやすい場合があります。

  • オモリグ:キャストし広範囲のイカを狙う事ができる。大型のイカが出やすい、潮が速い場合に有利、渋い時にもオモリグだと釣れる場合がある。
  • イカメタル:垂直の釣りで水深を正確に把握しイカを狙える。ドロッパー(1〜2個)と鉛スッテが付いているので、2〜3匹一度に釣り上げる事ができるなど数を伸ばしやすい。

オモリグのタックル

オモリグのタックル
オモリグのタックル

オモリグ用ロッド

オモリグロッドは、種類豊富とは言えないですが、それでも最近(2020年夏時点)少し種類が増えてきました。(今後増えてきそうですね)※2022年4月時点で大手メーカーもオモリグ用ロッドを出してきたので、大分増えてきました。

オモリグでは15号ぐらいから30号(110g)、場合によっては40号(150g)ぐらいのオモリをシャクるので、ある意味ジギングみたいですが、ジギングとは違いイカのアタリはかなり繊細なのでティップは細く高感度、そしてヒット後のイカの身切れを防ぐという意味でロッド自体もしっかり曲がるモノが良いですね。

ロッドの全長は6フィート後半〜7.5ftぐらいで、長すぎると船からのキャスト時に不便、短すぎるとシャクリにくいのでこれぐらいの長さになっていると思います。それと、ロッドグリップも長めになっていて、脇に挟めるようになっているのもポイントです。

関連記事
オモリグ用スピニングリール
オモリグロッドのおすすめを紹介!最新モデルや個人的に使っているモノなど。

今年のイカメタルも終盤戦ですね。ちょっと釣果が下がりつつあるみたいですが、8月末までにもう1回は行きたいところです。 イカメタルが終わるとタチウオテンヤやアジングですね。今年はコロナで富山にお盆帰省で ...

リール

オモリグ用リール
オモリグ用リール

オモリグはキャストするのでスピニングタックルでやります。前述したロッドに合わせるのは2500〜4000番ぐらいのスピニングリールがおすすめ。剛性が高いリールの方が楽に巻上げてこれます。回収が早いのはハイギア(HG)ですが、巻き上げを楽にしたい場合はパワーギア(PG)やノーマルギアを使うと良いですよ。

オモリグでは15号〜30号(100g前後)、時には40号のオモリを使います。その日のポイントによっては水深70〜80mみたいな深場でシャクる場合もあるので、4000番ぐらいのリールを使った方が楽です。大剣サイズがかかると結構重たい!

個人的には4000番がおすすめ。パワーハンドルがあると使い易い。

関連記事
オモリグのタックル
オモリグにおすすめのリールを紹介!サイズ(番手)選びなどを解説。

オモリグにおすすめのリールを紹介します。実際に自分で使ってみて感じるおすすめの番手(サイズ)やギア比など、オモリグに最適なリールの選び方などもあわせて解説しています。ご参考までに。 オモリグに最適なリ ...

続きを見る

オモリグの仕掛け

オモリグの仕掛け
オモリグの仕掛け

オモリグ仕掛けは↑図のような感じです。三叉サルカンが市販されていますので活用すればOK。3号〜5号ぐらいのフロロカーボンやエステルリーダーを使います。

オモリグ仕掛け

  • メインライン:PE0.6号(200m)
  • ショックリーダー:フロロカーボン3号(40cm)
  • 三叉サルカン
  • オモリグ用シンカー:15号〜40号
  • エステルリーダー:3号〜5号(1m〜1.2m)
  • エギ:メイン2.5号で1.5号〜3号まで。

メインライン

オモリグ用ライン
オモリグ用ライン

メインラインはPE0.6号のマルチカラーラインを200m巻いて使っています。みなさん大体0.4号〜0.8号ぐらいの間を使っている人が多いですね。魚にやられたりして高切れする場合もあるので200mは巻いておきたいところです。

リーダーはエステルがおすすめ

イカメタル用オモリグリーダーも発売されています
イカメタル用オモリグリーダーも発売されています

以前はサルカンからエギまでのリーダーもフロロカーボンを使っていましたが、最近はエステルラインの4号〜5号を1mぐらい付けてやっています。ちなみにあるイカメタル船の船長は太いのでも全然良いと言ってました。

エステルラインの方がフロロカーボンより張があり伸びず、結果感度が良いのでイカのアタリを取りやすくなるというメリットがあります。

ということで、最近は4号とか5号のエステルラインをリーダーとして使っていますが↑糸絡みもなく、アタリも出やすいので太いので全然OKだと思います。なので、おすすめは4号か5号。

↓ちょっと高いけど、これが良いです。

小型エギ(2.5号メイン)

オモリグ用エギ
オモリグ用エギ

オモリグでは小型エギを使用します。メインサイズは2.5号になります。たまに小さいのに反応が良い場合があるので、1.5号〜2号なども忍ばせておくと良い目に合える場合も。

それとエギのカラーは特に重要で釣果に差がつくことが多いです。日によって、時間帯によってアタリカラーが変わってきます。またあるカラーが良く釣れているからといってずっと同じカラーを使い続けるよりもローテーションしながらエギのカラーを変える方が良い場合が多いです。なので、できれば何種類かのエギカラーは用意しておきたいところです。個人的なおすすめカラーはオレンジ系・赤系・紫系・赤緑など。

関連記事
今年追加したオモリグ用エギ
イカメタル&オモリグにおすすめなエギを紹介!よく釣れるやつや今年期待のホープなど

まだ行けてないのでソワソワしますが2021年も既に開幕したイカメタル(オモリグ)。剣先イカのシーズンに入ってしまうと人気のイカメタル&オモリグ用のエギは一瞬で無くなってしまうので良さげなのを見つけては ...

続きを見る

オモリグ用シンカー(中オモリ)

オモリグ用シンカー(オモリ)
オモリグ用シンカー(オモリ)

15号〜40号ぐらいのオモリを使います。潮流が速いと重たいオモリを持ってないと釣りにならない事があるので、日本海の場合は40号も用意しておきましょう。ちなみに個人的によく使うのは20号〜30号の間の出番が多いです。オモリの形状は写真↑のようなものが主流でオモリグ専用のモノも発売されています。特徴としては、基本的にはグローでオンレジやピンク、黒や白など色んなカラーがあります。オモリグ専用のモノが勿論良いですが、普通のホゴ型オモリでも特に問題は無いです。丹後や山陰でやるなら40号も1〜2個は用意しておきましょう。

オモリグの釣り方

オモリグ@日本海
オモリグ@日本海

オモリグの釣り方は下記のような感じになります。

  • 集魚灯の明暗より先に向けてキャスト(約20mぐらい)
  • オモリを着底させる(棚がわかっている時は着底させない場合もあります)
  • 4〜5回シャクる
  • オモリをカーブフォール(←このタイミングにアタリが出やすい)

3,4を繰り返しながら、イカの棚を探っていきアタリが多い層を重点的に釣っていきます。

オモリグの釣り方のイメージ↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

角井 良隆(@kado_yoshi)がシェアした投稿

例えば、底をとった後に3,4を繰り返し5セット目のフォールにアタリがあった!など、シャクリの回数を覚えておくと、イカの棚を把握できるようになります。他にも巻いてあるPEラインがマルチカラーになっているなら、アタリがあったカラーをしっかりと覚えておくと、そのカラーまでラインを落とせばOKです。

釣れなくなった場合は、2から再スタートして探っていくなど、アタリが出る棚をしっかり探ると釣果がアップします。他にも、カーブフォール後のステイ時間が長い方が良かったり、シャクる回数が少ない方が良かったりとその日によって異なるので、色々と試すと良いと思います

ちなみに、ドラグ設定は弱めぐらいにしておく方が、バラシ軽減になると思います。シャクったら「ジィっ」と音がするぐらいにしておきましょう。

関連記事
イカメタルの始め方
イカメタルを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方を紹介します

イカメタルはイカからの繊細なアタリをとって積極的に掛けていく釣り。非常にゲーム性も高く腕の違いが出やすいです。自分はぜんぜん釣れないのに、同船者はバンバン釣ったりなんて日もあったりと、知れば知るほど奥 ...

関連記事
今年追加したオモリグ用エギ
イカメタル&オモリグにおすすめなエギを紹介!よく釣れるやつや今年期待のホープなど

まだ行けてないのでソワソワしますが2021年も既に開幕したイカメタル(オモリグ)。剣先イカのシーズンに入ってしまうと人気のイカメタル&オモリグ用のエギは一瞬で無くなってしまうので良さげなのを見つけては ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-イカメタル
-