ロッド・リールなど最新タックルや釣果情報をお届け!

つりにいく[Go Fishing]

ショアジギング 青物

ショアジギングを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方などを紹介

更新日:

煙樹ヶ浜でショアジギング!

ショアジギング(ショアキャスティング)を始めよう!

ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハタなどの根魚まで、様々な魚種を陸から狙える「ショアジギング(ショアキャスティング)」について、これから始める初心者向けにショアジギング入門として解説します。

海面で魚達がベイトフィッシュを捕食する「ナブラ」が湧いて案外簡単に釣れることもありますが、基本的には投げまくり、しゃくりまくりのハードな釣り!でも、釣れてたらデカくて、よく引き食べると美味しい魚達が待ってますよ!

ショアジギング(ショアキャスティング)とは?

ショアジギングとは?

ショアジギングとは?

ジギング(jigging)というと、一般的には沖に出て船の上からメタルジグを投入し青物や鯛などを狙う事を言いますが、それを陸からやるようになったのが「ショアジギング」(区別するために、最近では船からのジギングを「オフショアジギング」と言います)。また、メタルジグではないミノーなどのプラグを使ったものをショアキャスティングと呼んでいます。

ショアジギングに3つの呼び分けがあり、基本的には扱うルアーの重さによって分けられています。

ショアジギングの3つのジャンル

  1. スーパーライトショアジギング(SLJ)
    メジャークラフトやゼスタが提唱している〜20gまでの軽量メタルジグやルアーをライトタックルで扱う「スーパーライトショアジギング」。
  2. ライトショアジギング(LSJ)
    恐らく一番多くの人がやっている(と思います)20g〜60g程度のメタルジグやプラグを扱う「ライトショアジギング」。
  3. ショアジギング
    100g前後、もしくはそれ以上のヘビーなメタルジグやプラグをぶん投げ、シイラ、ブリ、ヒラマサなど大型の青物を陸から狙う「ショアジギング」

またショアジギングの派生の釣り方として、アングラーズリパブリックの沼田氏が提唱している「ショアスロー」という方法があります。ショアスローはショアジギング、ライトショアジギングのタックルと基本的に同じですが、メタルジグの動かし方などアングラーズリパブリック沼田氏の経験に基づき工夫を凝らしたものとなっています。

同じショアジギングでも狙うターゲットや使用するメタルジグやプラグの重量によって、タックルの強度が全く違ってきます。使用範囲外の重たいジグやルアーを扱ったりするとタックルの破損に繋がるので、自分が狙いたいターゲットに合わせたタックルをチョイスしていきましょう。

おすすめ
出典:アングラーズリパブリック ショアスローにおけるルアーローテーション術
ショアスローにおけるメタルジグのローテーション術

アングラーズリパブリックより、ショアスローの伝道師「沼田純一氏」が教えるショアスローにおけるメタルジグ(ルアー)のローテーション術の実釣解説動画が公開されました。 メタルジグ(ルアー)のローテーション ...

続きを見る

ショアジギング・ショアキャスティングで釣れる魚

ショアジギングで釣れる魚(ターゲット)

ショアジギングで釣れる魚(ターゲット)

ショアジギングで釣れる魚達。釣っても食べてもナイスなターゲットが揃ってるのも魅力的ですね。

ハマチ・メジロ・ブリ
サイズや地方によって色々な呼び名がありますが、全国各地で釣れるショアジギングで身近なターゲット。

サゴシ・サワラ
70cmを超えるサワラサイズは中々釣れませんが、50cm前後のサゴシは結構簡単に釣れるターゲット。ただし、歯が鋭くリーダーがスパスパ切られてルアーを沢山ロストするのが難点。リーダーをワイヤーにすると途端に喰わなくなる印象です。

ヒラマサ・カンパチ・キハダマグロ
ポイント(九州の地磯など)によっては10kg、運が良ければ20kg!を超える大物がショアから狙えるとかなんとか。オフショアジギングでも簡単には釣れない10kgオーバーのヒラマサやブリ、カンパチ、キハダマグロあたりがショアジギンガーの1つの憧れですね。

シイラ
あんまり美味しくない?ターゲットですが、大型の引きは最高。別名マンリキ。和歌山県の南紀あたりでもよく釣れます。

タチウオ
各地で釣れる魚で船からのジギングが人気ですが、ショアジグングとしては「ワインド」と呼ばれるやり方が関西で人気。時合を逃さなければ簡単に釣れ、時には1m指5本を超えるドラゴンと呼ばれるビッグサイズが釣れることも。食べても勿論美味しいのがGood!

ワインドを始めよう!
ワインド釣法でタチウオや青物を連発しよう!おすすめタックルや釣り方を紹介!

ワインド釣法は初心者や入門者でもコツを掴めば、簡単にタチウオやシーバスを爆釣させることができる凄い釣り方。ジグヘッドとワームというシンプルな仕掛けでワームを左右にワインド(ダート)させ魚の本能を刺激し ...

続きを見る

シーバスやヒラスズキ
ショアジギングよりも、既に確立されているシーバスゲームやヒラスズキ。もちろん、ショアジギングで投げるメタルジグや、プラグにも反応してきます。回遊待ちではないので、上手いアングラーはポイントやタイミングを絞り狙って釣り上げます。

ヒラメ
遠州灘など全国各地のサーフから狙える人気のターゲットで、最近はヒラメ専用ルアーなども発売されています。個人的にはソゲサイズの極小ヒラメしか釣ったことないですが・・・。

アカハタ・オオモンハタ・キジハタ/アコウ(根魚)
全国各地で釣れる人気のロックフィッシュ達。ロックフィッシュゲームとして最近は1つのジャンルを確立していますが、ショアジギングのターゲットとしても人気。トルクフルな引きで楽しませてくれます。

ショアジギングの方法(釣り方)と使用するルアー

ショアジギングの釣り方

ショアジギングのやり方

ショアジギングやライトショアジギングは、基本的に外洋に面した潮通しの良い水深のある場所や、深場が隣接するシャローエリアなどがポイント。魚種にもよりますが、回遊性の高い魚がターゲットの場合が多いので魚の回遊待ちとなります。

その中でも朝まずめ・夕まずめ、潮が動くタイミング(激流ポイントでは逆に潮が緩むタイミング)、潮目に魚が付いている場合など様々な海の状況が折り重なって魚が回ってくる感じでしょうか。

1日やっていても魚が回ってこない場合もありますし、時合がきてもほんの一瞬だったりします。ですので、その一瞬やワンバイトを目指し海の状況をよく見て、海の変化をできるだけ発見し地道に投げ続ける忍耐こそがショアジギングの1つのコツだと思います。(重たいジグを投げて毎回100m近く回収してくるだけで結構な労力)

ショアジギングで使うメタルジグ

メタルジグ

メタルジグ

ショアジギングで使うルアーの種類でメジャーなのがメタルジグですが、それ以外にもダイビングペンシルやミノー、ポッパーなど釣場や魚の状況に合わせて使い分けます。

メタルジグは遠投出来る事と底や宙層などレンジを細かく探れるというメリットがあり、ダイビングペンシルやミノー、ポッパーなどは予めルアーに設定されている深度を基本とし、表層から浅いレンジを狙う場合に使用します。プラグの利用はナブラが湧いてる場合や、魚が浮いている場合、シャローエリアに回遊してきた青物を狙うのに有効な場合が多いです。

メタルジグを使用する場合は、ワンピッチジャークや早巻きのでのタダ巻きなど。早いスピードじゃないと100m以上も遠投しているので回収が大変なのと、青物に見切られる場合もありますので、ハイギア(HG)やエクストラハイギア(XG)タイプのスピニングリールを使用する事が多いです。

撃投ジグの使い分け
ショアジギングにおすすめのメタルジグ「撃投ジグ」5種類の使い分け

ライトショアジギングから本格的なショアジギングまで、幅広い魚種をカバーするカルティバ(cultiva)のメタルジグ「撃投ジグシリーズ」の使い方動画が公開されました。 ショアジギングにおすすめのタックル ...

続きを見る

ショアキャスティング(ショアジギング)で使う大型プラグ

ショアジギング用ルアー

ショアジギング用ルアー

ダイビングペンシルやミノー、ポッパーなどはロッドアクションで潜らせたり、スプラッシュをあげたり、潮が効いている場所(引いてくると重たくなる場所)なんかで、ヒラをうたせるようなアクションを入れる、潮に乗せて漂わせるなど、使用するプラグによって魚の誘い方が異なってきますが、プラグの方が全体的にアピール力や集魚力が高いのが特徴です。初めての場合は、まず汎用的に使えるメタルジグを使用するのが良いと思います。

ショアジギングの実釣解説動画

本格的なショアジギングロッド「ZENAQ ミュートス」を使って、ショアジギングの基本動作(基本的な底取り、ロッドワーク、ジグの動かし方)を本林将彦さんが解説。分かりやすいですよ。

シマノの人気ショアジギングロッド「コルトスナイパー」を使用し、ライトショアジギング初体験の女性が挑戦。ロッドとリールのタックルバランス、使用ラインやメタルジグの形状、ロッドの握り方やキャスト方法など、シマノのインストラクター堀田光哉さんが丁寧に教えてくれます。

上の動画の実釣編。引き続き堀田さんがロッドワーク、海の状況の見極め方、PEラインとショックリーダーの結束方法「FGノット」などを解説してくれてます。上の動画と合わせて見ると、大体こんな感じなんだってのが良くわかります。特に堀田さんによる「FGノットのやり方」は非常に簡単なのでおすすめですよ。(動画7分50秒あたりから)

ショアジギングで釣れた魚の締め方(活け締め)

いくつか神経締めの動画を見てみましたが、現場でやる事を考えるとこの動画が分かりやすかったです。ここまでやれば美味しく魚を持って帰れますね。(血が苦手な人は見ない方がいいです)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-ショアジギング, 青物
-

Copyright© つりにいく[Go Fishing] , 2018 All Rights Reserved.