釣り&タックル情報サイト

つりにいく

カワハギ釣り

カワハギ釣りの初心者タックルや仕掛けを紹介!

更新日:

カワハギ!

カワハギ!

こんにちは。先日、初めてカワハギ釣り(船)に行ってきました。まだまだ釣り方や誘い方は上手くできませんが、カワハギ釣りの初心者(入門者)という目線で、今回用意したタックルや仕掛け、エサ、参考にした誘い方など、カワハギ釣りの基本を紹介したいと思います。カワハギも20cmを超えてくると、結構良い引きをするし、この時期(秋冬)だと肝パンで食べても最高に美味しいターゲットです!

カワハギ釣りとは?

カワハギ釣りとは?

カワハギ釣りとは?

写真↑のように小さなおちょぼ口で、ちょんちょんと上手にエサを盗んでいく事から、エサ取り名人と呼ばれるカワハギ。堤防や筏などからでも釣れますが、やはり船の上から狙う方がアタリの数も大くサイズも出やすい魚。カンカンッというような金属的で独特なアタリが出るのが特徴的。集団で生活している魚で1匹釣れだすと、ぽんぽんと連チャンしたり周りも釣れだします。

シーズン(時期)

カワハギは年中釣れる魚ですが、夏は身が美味しく、秋冬は肝が大きくなる季節。ですので、寒くなる秋頃から冬にかけてキモパンのカワハギを狙うアングラーが多いです。大体10月頃から1月頃。

カワハギ釣りのタックル

ロッド(竿)

カワハギロッド

カワハギロッド

軽量で短め(180cm前後)の竿が主流。先調子8:2や極先調子9:1が最適。ティップは非常に柔らかくベリーからバットはしっかりとしています。穂先は白やオレンジなどカラーリングされており、カワハギの繊細なアタリを手感度だけでなく、目感度で取れるようになっています。そして、しっかりとしたベリー&バットで遅れる事なく合わせられるようなロッドです。

ちなみに、強めのイカメタルロッドで代用できるかな?と思ってたんですが、釣具屋で実際に色んな種類(調子)のカワハギロッドを触り比べた感じだと、イカメタルロッドではティップからベリーが柔らかすぎる感じ。使えない事は無さそうですが、やっぱり専用ロッドが良いですね。

↓2017年に発売されたアナリスターカワハギの最新モデル。元々、これを購入しようと思ってたのですが、釣具屋で14メタリア カワハギ168Hが半額になっていたので購入(AGS+メタルトップを使ってみたかったので、予算オーバーでしたが思わず買ってしまったw)。17アナリスターも軽量でかなり良かったですよ。入門〜ミドルクラスなら十分な感じだと思います。

↓カワハギ竿のエントリーモデル。1万円前後と手頃で見た目もアブらしいカッコいい感じのブラック基調。釣友M氏はこちらをチョイスしていました。

リール

カワハギ用リール

カワハギ用リール

軽量なソルト対応のベイトリールがおすすめ。私はカウンター付きのシマノ バルケッタCI4(190g)を使用しましたが、一旦底を取る釣りなのでカウンターが無くても良いです。リールのサイズ的にはPE1号を200mぐらい巻ける番手(100番〜200番)で良いと思います。カワハギ専用リールも発売されています。

↓ダイワのカワハギ専用リール 155gと超軽量!

↓シマノのカワハギ専用リール 160gと超軽量!

ライン

メインラインはPE

メインラインはPE

リールに巻くラインはPE0.8号〜1号ぐらいを150〜200m程巻いておけば問題ないと思います。100mも巻いてあれば十分だとは思いますが、高切れする場合もありますので、150mもしくは200m巻いてあると安心。ちなみに、和歌山の加太沖での釣りは水深30m前後でした。ショックリーダーにはフロロカーボン3号を50cmぐらい結束。その先に後述する既成品仕掛けを付けていました。ちなみに、私は写真の0.6号を使用しました。細い方がアタリが取りやすく、潮にも影響されないと思いイカメタルで使っていたPE0.6号をそのまま使ったのですが、実は失敗しました・・・。

人気なので満員!

人気なので満員!

たしかにアタリが取りやすい、潮に流されないというメリットはあったのですが、写真のように沢山お客さんが乗っている船ではお祭りが度々発生。あちらこちらで常にお祭りが発生しているような状況でした(お祭りを外すためのスタッフが常駐しているぐらい)。そして、ライン同士がお祭りすると、どうしてもPEラインが痛むので、途中で高切れが2度程発生し仕掛けやオモリをロスト・・(涙)。1号前後のPEを使っていれば、おそらく切れなかったと思います。ってこともあるので、沢山乗るタイプの遊漁船の場合は、細いラインはおすすめできないです。空いている時は細い方が良いですけどね。

カワハギ釣りの仕掛け

カワハギ専用仕掛け

カワハギ専用仕掛け

色んなメーカーからカワハギ仕掛けが発売されていますが、今回は知人にすすめられたダイワの既成品を使用しました。快適カワハギ仕掛けワンデイパックというやつで、仕掛け2組と替え針が10本付いています。10本も替え針がいるのかな〜?なんて当初は思ってましたが、ハリスが切られる・針の刺さりが悪くなる・根掛かりで針が伸びるなどなど、予想以上に針は交換していきます。

仕掛け図

仕掛け図

私はこのワンデイパックを2つ用意しておきました。実際、高切れで2回仕掛けをロストしたので、2つ持っていって正解。釣り場にもよりますが、ボトムに根があるような場所では根掛かりの可能性も多いにありますので、替えの仕掛けやオモリは余裕を持っておくと良いですね。ちなみに、船内で売ってる場合もあります。正直、非常に簡単な仕掛けなので、フックビーズを用意して自作でも良いですね。次回は作ってみよう。

針のサイズ

初めてだと、どれぐらいのサイズの針を使ってよいか分かりませんよね。針のサイズは魚のサイズに合わせて小さいものから大きいものを使いますが、今回は7.5号を選択しました。カワハギ釣りでは7.5号が標準サイズで、冬(12月中旬)の和歌山エリアの釣りで、20cm前後のカワハギ狙いならこれぐらいでOKとの事でした。針のタイプも数種類ありますが、掛りを重視したスピードタイプがおすすめとの事だったのでこれに。他にも太軸のパワータイプ、パワースピードタイプなど色々とあります。使い比べられていないので、まだこのあたりの良し悪しは分かりませんが、基本は魚のサイズや喰いに合わせていくようです。ハリス付きの替え針のみを数種類買ってみて、使い分けていくのが良いですね。

↓カワハギ用の替え針。針の種類・サイズが色々とあります。もちろん色んなメーカーから出てます。

底オモリ

オモリ

オモリ

六角オモリ25号と30号を用意しました。潮の加減などで使い分けたら良いと思います(船で号数の指定がある場合もあります)。カワハギ用のキラキラ光る集魚タイプのモノもありますので、好みで選べば良いと思います。ポイントによっては根掛かりのリスクもあるので、同じ号数を2〜3個ずつぐらいは持っておきたいところ。私は最初はコスト重視で写真のやつにしました。何となくキラキラのが良さそうですが、値段が数倍しますからね。次回はキラキラも使ってみよう。

中オモリ

中オモリ

中オモリ

仕掛けの上部に付ける中オモリ。カワハギ専用のモノが発売されていますが、コスト重視でこちらを選択。使い方としては、仕掛けの上部に付けることで、ロッド操作により仕掛けをたるませ、カワハギにエサを喰わせる間を与えるという感じ。中オモリを付けるとアタリが出にくい場合もあるようなので、つければOKというものではありません。中オモリの使い方(付けたり・外したり、重さを替えたり)が上達のポイントかもしれないな〜とか思いましたが、良し悪しはまだ分かりません。今後の課題です。

集魚板とか

こちらもカワハギ釣りの定番アイテムですが、キラキラと光る集魚板を仕掛けの上部に設置し魚を誘います。フラッグ状になったものが多く、潮の影響を受けやすいかと思って、今回は使いませんでした。次回は用意してみようかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-カワハギ釣り

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.