釣り&タックル情報サイト

つりにいく

カワハギ釣り リール

カワハギリールのおすすめを紹介!入門から最新最強モデルまで!

更新日:

良型カワハギ!

良型カワハギ!

そろそろカワハギシーズンですね。太刀魚には食べ飽きている我が家も肝パンなカワハギなら許してくれるでしょう!ってことで、今年はカワハギ専用リールを購入しようと思って検討中(買いました!)。個人的に気になる「おすすめカワハギリール」を紹介していきます!

カワハギ釣りとは?

カワハギ釣りは人気!

カワハギ釣りは人気!

おちょぼ口でツンツンと上手に餌を盗んでいく餌泥棒カワハギ。繊細なアタリをうまく取って釣っていく、そんなゲーム性の高さがカワハギ釣りの魅力。近年は関東・関西でもカワハギ釣り競技大会で盛り上がっています。そんなこっそりと餌を取っていくカワハギを釣るため、タックルも年々進化。ロッドやリールは勿論、仕掛けや集魚剤に至るまで多岐にわたる専用タックルがリリースされています。

カワハギ釣りの基本タックル

カワハギ釣りの基本タックル

カワハギ釣りの基本タックル

カワハギ釣りは、カワハギからのアタリに神経を研ぎ澄ます釣り。手持ちで長時間集中するので、必然的に全体的に軽量なタックルが有利になると思います。

カワハギ専用ロッド(竿)

最高級カワハギロッド「極鋭」

最高級カワハギロッド「極鋭」

1.8m前後ぐらいのカワハギ専用ロッドを使用します。カワハギ専用ロッドは8:2や9:1など先調子になっていて、アタリを手感度・目感度で取り、カワハギを掛けていく釣り方に特化したものが多いです。リール以上に竿は専用竿の利用がおすすめかも。

カワハギリール

小型ベイトリール

小型ベイトリール

小型で軽量なベイトリールを使用。カワハギ専用リールがおすすめです。他にも、イカメタル向けのカウンター付きベイトリールや、船の小物釣り用ベイトリール(200g前後)などソルト対応のものでもOK。

ラインの号数

リールに巻くライン(道糸)はPE0.8号〜1号を150m〜200m巻いておけば良いでしょう。

ショックリーダーは必要か

PEに結ぶショックリーダーは付けても、付けなくても個人的にはあんまり関係ない気がしています。市販仕掛けのサルカンに直接PEをしっかり結びつけて使えば問題無いです。ただし、根が荒い場所は少しリーダーを入れた方が良い場合もあると思いますので、ポイントによって使い分ければOK。

ギア比

ギア比は、ハイギア(HG)やエクストラハイギア(XG)タイプが、餌の付け替えなど手返しも良くなるのでおすすめ。

おすすめカワハギリールはこれ!

入門向けカワハギリール

18フネX(ダイワ)

カワハギ専用リールではありませんが、100mmのダブルロングハンドルを装備し、自重190gと小型&軽量。2018年11月頃に発売されたところで、比較的新しいというのもポイント。PE1.5号が200m巻ける設定でラインキャパも十分。MAGブレーキやスーパースプールフリーを搭載しており、カワハギ釣りにピッタリなコスパ良しの入門スペックのベイトリールになっています。見た目も格好良いですね!

17炎月BBHG(シマノ)

17炎月BBは入門タイラバリールという位置づけですが、カワハギ釣りにもピッタリなスペック。シマノのカワハギ専用リール「ステファーノ」シリーズと同様の51mmロングハンドルノブを採用。自重185gと軽量で、HGモデルは77cm/回転と巻き上げ量も文句なし。糸巻き量もPE1号200mと十分で、これもステファーノシリーズと同様。スプール経が2mm大きいので、その分若干パーミングしやすさなど差異があるかもしれませんが、名前が「炎月」になっているだけで、ほぼカワハギスペックなベイトリールになっています。

中級クラスのカワハギ専用リール

17ステファーノSS(シマノ)

上位機機種、16ステファーノのDNAを受け継ぎ、その機能を踏襲しながらも、価格を抑えたカワハギ専用リールが17ステファーノSS。知らない人が見たら、見た目もほぼ上位機種と同じ。自重160gと勿論、軽量で上位機種と触り比べれば分かりますが、少し重たいぐらいしか違いが分からないかも!?。正直なところ、こっちを買おうと思ってたんですけどね、店舗在庫が無かったんです。

エアド(ダイワ)

青いボディが印象的なダイワの船用小型ベイトリールが14エアド。自重155gと今となってはより軽いリールが発売されていますが、今も変わらず十分軽量な部類にはいります。フレームにはスーパーメタル、サイドプレートにはダイワ独自のカーボン素材「ZAION」を使用しており、肉抜きされ一見頼り無さそうに見える小型ボディながら高い剛性を保持しているのが特徴。

ダイワ  リール 14 エアド 100H
ダイワ(DAIWA)
Check on Amazon

ハイエンドなカワハギリール

16エアド レッドチューン(ダイワ)

ダイワの最上位機種の1つが16エアド レッドチューン。青いボディが特徴的な14エアドをカスタマイズしたバージョンで、当時のハイエンドカワハギ専用ロッド「極鋭カワハギ」のカラーリングに合わせた「赤」に染められています。通常14エアドから10g軽量化され145g、ドラグがUTDからATDに変更されるなど進化しています。釣り場で見かけると「お、エアド レッドチューンやん」みたいな感じで目を引くカワハギ専用リールです。

16ステファーノ(シマノ)

16ステファーノ

16ステファーノ

店頭で実際に触り、色々迷いながら結局16ステファーノを購入しました。自重140gと超軽量。ベアリングも10個搭載しており、非常にスムーズ。ハンドル1回転あたり79cmのXGモデルのみのライナップになっています。

XGモデル

XGモデル

後述しているダイワの19アドミラも良かったのですが、デザインや価格などトータルバランスを考えて(ロッドはメタリアですが)。17ステファーノSSも手頃で見た目も良く似ているのですが、HGモデルしか無いのと、実際触り比べるとやっぱり良い方が欲しくなっちゃうんですよね〜(笑)

最新&最強のカワハギリール

そして、2019年時点で最強のカワハギ専用リール。

19アドミラ(ダイワ)

19アドミラは2019年8月頃に発売されたダイワの最新&最強スペックのカワハギ専用リール。さっそく店頭で触ってきましたが、とにかく軽い。それもそのはず、わずか135gという驚異的な自重。実際に持ち上げた時に、リールのサイズ感と実際の重さが脳内で一致しない感じ。このサイズにベアリング10個使用で巻感もスムーズ。もちろん価格もハイエンド!(笑)。

代用リールはどんなのが良い?

カワハギ用リール

代用リール

カワハギ専用リールはまだ必要ないな〜とか、とりあえず手持ちのリールでやりたいって方も多いはず。ちなみに私もこれまでは、バルケッタCi4+などイカメタル用の軽量カウンターリールを使っていました。カワハギ船に乗ると、同じように「小型のカウンター付きリール」を使用されている方が結構多いですよ。基本的にはずっと手持ちする釣りなので、できるだけ軽くて感度の良いタックルになるようにすれば良いと思います。

カワハギ専用タックルで繊細なアタリを攻略!

肝パン「カワハギ」様

肝パン「カワハギ」様

繊細なカワハギのアタリを掛けていくカワハギ釣り、イカメタルや太刀魚テンヤなどと同じように、腕の差が出やすい釣りが好きな方は、カワハギ釣りに絶対ハマるはず。そして魚類最強クラスに美味しい肝パンなカワハギを、専用タックルで攻略して美味しく頂きましょう!

カワハギ!
カワハギ釣りの初心者タックルや仕掛けを紹介!

こんにちは。先日、初めてカワハギ釣り(船)に行ってきました。まだまだ釣り方や誘い方は上手くできませんが、カワハギ釣りの初心者(入門者)という目線で、今回用意したタックルや仕掛け、エサ、参考にした誘い方 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-カワハギ釣り, リール

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.