ジグヘッド・シンカー メバリング

メバリングにおすすめのジグヘッドはどれ?個人的に使っているものだけを紹介!

メバル
メバル

メバリングにおすすめのジグヘッドを紹介。最近では色々なメーカーから何十種類というジグヘッドが発売されていますが、個人的に使ったことがあるものから、お気に入りのメバル用ジグヘッドを紹介していきますね!

メバリング用ジグヘッドの選び方は?

ジグヘッド
ジグヘッド

メバリング用ジグヘッドには基本的な形状がいくつかありますので、特長やジグヘッドの選び方の目安を記載します。各メーカーが趣向を凝らし様々な形状のジグヘッドが発売されていますが、基本的な形状としては下記が多いです。

ジグヘッドの種類

ラウンド型ジグヘッド
ラウンド型ジグヘッド
楕円形ジグヘッド
楕円形ジグヘッド

ラウンドタイプ(球や楕円)のジグヘッド
メバリングなどのライトゲームで定番の形状がラウンドタイプのジグヘッド水中での引き抵抗を感じ易くジグヘッドの場所が把握しやすいところ。また着底が分かりやすい。メバリングでも一番良く使用するタイプのジグヘッド形状となります。このあたりが基本形状なので、まずはこれを使用するのが良いでしょう。(例:月下美人 SWライトジグヘッド、メバスタ、メバル弾)

ダート型ジグヘッド
ダート型ジグヘッド

ダートタイプのジグヘッド
矢じりタイプに少し似ているが水中で左右のダートアクションをさせるためのジグヘッド形状。マイクロワインドと呼ぶこともありますが、左右にピョンピョンとワームをダートさせ、魚のスイッチを入れてリアクションバイトさせる釣り方などに用います。(例:尺ヘッド)

土肥富「レンジクロスヘッド
レンジキープ型

レンジキープ型のジグヘッド
ラウンドタイプの先が凹んでいるような形状で、フォール時により水の抵抗を受けやすく工夫されているジグヘッド。水抵抗により、ゆっくりフォールさせたい、レンジをキープしたい場合に有効。また引き抵抗が高いのでリグがどこにあるか掴みやすいなどの特長があるジグヘッド形状。個人的には、この形状のジグヘッドを良く使います。(例:レンジクロスヘッド)

フックの形状

ジャッカル スイスイスイムジグヘッド
ジャッカル スイスイスイムジグヘッド

オープンゲイブタイプ(針先が開いているもの)
針先が通常より開いている事で、針がかりが良くなる。掛りがよくなりますが、バラしやすくもなります。アジング用のジグヘッドに見かける形状です。喰いが渋い場合など、掛けを重視する場合に最適です。

太軸・細軸
細軸のフックの方がより刺さりやすいが、反面弱いので大型メバルを狙う場合などは太軸フックが良いですね。

針全体の長さ(シャンクの長さ)
長いワームには長めの針、短いワームには短い針が最適。また、この他にも素材が鉛に比べて比重が高いタングステン製のジグヘッドなども登場しています。

ウェイト(重さ)の使い分け

メバリングで使うジグヘッドは1gが中心。ジグヘッド単体の釣りの場合は0.5g〜2gぐらいの間を使う事が多いです。フロートリグなどの場合は、軽めの0.2g〜0.5gぐらいを使います。

ウェイトの使い分けとしては

  • 軽いジグヘッドはフォールスピードが遅くゆっくりとメバルにアピールすることができる。反面、飛ばないのと軽すぎると扱いが難しくなります。
  • 重いジグヘッドはよく飛びフォールスピードが速いです。深場やフォール速度を上げたい時に使います。

おすすめメバリング用ジグヘッド

土肥富「レンジクロスヘッド」

土肥富「レンジクロスヘッド
土肥富「レンジクロスヘッド
土肥富「レンジクロスヘッド
土肥富「レンジクロスヘッド

最近良く使っているジグヘッドが土肥富「レンジクロスヘッド」。たしか、0.6gが最小だったので、0.2gとか0.4gなど軽いのは↓のカルティバのバランサーヘッド、1g前後はこのレンジクロスヘッドを使用しています。ヘッドの形状により、よりスローフォールさせやすくなっていて、アジングフックとして発売されていますが、メバリングでもバッチリ。かなり細軸で刺さりも良く、ショートバイト時にも有効なジグヘッドなのでおすすめです。値段も普通。

↓自作ジグヘッドもありですよ。さすがに精度は既製品に勝てないですがコスト的には良いです。

10分程で
メバリングのジグヘッドを自作!マルトフックで安価に作れるよ。

メバリングやアジングのジグヘッド、既成品を買うと5個入りぐらいで400円前後と結構良い値段ですよね。そして1回使うと次回釣行時には針先が鈍ってしまう事が多いので、できるだけ新品を使いたいもの。というこ ...

カルティバ「バランサーヘッド」

カルティバ:バランサーヘッド
カルティバ:バランサーヘッド
バランサーヘッド
バランサーヘッド

最近お気に入りのジグヘッドです。0.2gと超軽量なバージョンがありメバルやアジ狙いのフロートリグに使用しています。ワームキーパーでワームズレが軽減されるのと、柔らかい汁系ワームの持ちが良いのが良いです。値段も割とお手頃。フックサイズが小さいのと、軸がそれほど太くないので、若干針が伸びやすいかも。

月下美人 SWライトジグヘッドSS

月下美人 SWライトジグヘッドSS
月下美人 SWライトジグヘッドSS

価格面と刺さり面が気に入ってるジグヘッドです。黒いヘッドとグローのヘッドの2タイプあります。どこでも手に入るのも良いですね。確か0.5gぐらいから3gまでとラインナップも豊富です。

アジスタ(ティクト)

ティクト:アジスタ
ティクト:アジスタ
ティクト:アジスタ
ティクト:アジスタ

アジスタってことで、金針を使ったアジング用という名称ですが、メバリングでも良い感じです。ラウンド型のヘッドなのですが、若干潰してあって水受けしやすくなっており、引き抵抗を感じ易くなっているので操作が分かりやすいです。メバスタってのも出てますが、アジスタを愛用しています。

Jazz 尺ヘッド

シュラッグミノー
シュラッグミノー

元祖ライトゲーム用ダートジグヘッドが尺ヘッド。シュラッグミノーなど小型シャッド系ワームと相性が良いですね。キビキビとダートしてくれうので、ネチネチとボトムワインドさせたり、日中のメバリングなどで魚に強制スイッチを入れるのに効果的です。カサゴなんかも凄くよく釣れます。

お気に入りのジグヘッドでメバリングを楽しもう!

メバル
メバル

様々なタイプのジグヘッドが発売されているので、色々と試してみるのもメバリングの楽しさの1つですよ。基本はラウンドタイプですが、引き抵抗が大きかったり、小さかったり、ゆっくりとフォールしたり、ダートしたりと魚の活性や釣り場の状況に合わせてアジャストしていって下さい。お気に入りのジグヘッドでメバリングを楽しみましょう!

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-ジグヘッド・シンカー, メバリング