釣り&タックル情報サイト

つりにいく

メバリング

メバリングを始めよう!初心者おすすめタックルや釣り方を紹介

更新日:

メバリングの始め方

メバリングの始め方

メバリングの釣り方や、初心者や入門者に最適なロッドやリールなどのおすすめタックル、ワームや仕掛けなどを解説していきたいと思います。メバルは小型ですが、パワフルで引き味も鋭く釣れば非常に楽しい魚。また、食べても最高に美味しいターゲット。是非チャレンジしてみて下さい。とても楽しい釣りですよ!

メバリングとは?

メバル

メバル

メバリングはメバルをワームや小型プラグなどのルアーを使ってる釣る方法です。メバルは小魚やプランクトン、エビやカニなどを捕食しています。メバリングで使うルアーやワームは、メバルが捕食しているエサの形や動き、色などをイミテートしています。

10cm程度の小さなメバルでもライトタックルだと引き味も楽しく、20cmを超える中型メバルや30cm近い大型メバル(尺メバル)になると、アングラーの想像以上のファイトを見せ、グイグイと根に突っ込んでいく侮れないターゲット。

メバルもロックフィッシュの1種とされていますが、海底にべったり居座っているというより、どちらかというと宙層や表層に浮かんでいて潮の流れの中で、「潮上」を向いていて上から落ちてくる餌を捕食しています。生息域や季節によって食性や行動も異なる魚で、釣れる時には案外簡単に釣れますが、活性が低い場合など一筋縄ではいかない時も。そんな難しさもメバリングの1つの魅力です。

メバルの種類

20cmぐらいのメバル

20cmぐらいのメバル

メバルにも種類があります。釣っていて気にしなければ「何となく色が違うな〜」というぐらいにしか感じませんが、アカメバル(金メバル)、クロメバル、シロメバルの3種類が存在していると言われます。

メバルの種類

アカメバル
沖の深場に生息しているものが多いようで、鮮魚店に並んでいるのは、この赤メバルが多いと思います。ただし、沿岸のウィード(藻)や障害物についている個体もいますので、釣場によっては陸からでも釣れます。

クロメバル
背中部分が黒っぽいメバルです。回遊性が高く背中が青みがかっているメバルを「ブルーバック」と呼んだりします。このブルーバックは釣れると良く引くことで知られています。

シロメバル
港内で良く釣れる種類のメバル。テトラなど障害物に付いている事が多い。

メバリングタックルの種類

ジグ単向けのタックル

メバリングのタックルと仕掛け

メバリングのタックルと仕掛け

一番基本的なメバリングタックルがジグ単向けのタックル。1g前後のジグヘッドが扱いやすいものがおすすめ。7.6ftが標準的な長さとされていますので、この前後が扱いやすいでしょう。

フロートリグのタックル

フロートリグのタックル例

フロートリグのタックル例

沖に潜むメバルを狙い打つための、遠投向きのフロートタックルがあります。ジグ単よりも長めのレングスで、強いタックル(より重たいリグが扱えるもの)がおすすめ。使用するフロートが軽ければ下記のプラッギングタックルと共有するのもあり。

プラッギングのタックル

プラッギングのタックル

プラッギングのタックル

ハードルアー(プラグ)を使ったメバルのプラッギング用タックルの例。ジグ単よりも強めのロッドが適しています。メバリングでは3g〜5g前後のプラグが多いので、このあたりの重量を扱いやすいロッドが最適です。

メバリングロッド

メバリングロッド

メバリングロッド

メバリングでは、7フィート〜8フィートのメバリングロッドを使用します。一番汎用的に使える長さは7フィート6インチあたりなので、まず最初に手にするなら、このあたりの長さがおすすめです。各メーカーからも、この7フィート6インチ前後を基準に様々なタイプのメバリングロッドをリリースしています。また、ロッドのタイプにも種類があります。1g前後の軽量なルアーを扱えるロッドであれば代用可能です。

チューブラとソリッドティップ

メバリングロッドにはチューブラとソリッドティップと呼ばれる2種類のタイプが存在します。

チューブラ

ティップと書きましたが、実際はロッド全体が中空(チューブ状)になっています。ロッド自体に張りがあり高感度のものが多く魚からのアタリが分かりやすいという特長があります。自分でアタリを取り、積極的に掛けていく釣りに向いているロッドです。

ソリッドティップ

ソリッドという名前の通りティップ(穂先)が詰まっているロッドです。チューブラに比べると穂先が補足できるので、より柔らかく食い込みが良いので魚が掛かりやすい(魚のバイトを弾かない)という特長があります。オートフッキングというか、向こう合わせのロッドになります。

曲がり調子(テーパー)

竿の曲がり調子(テーパー)にはファースト・レギュラーがあります。ファーストテーパー(先調子)は高感度で張りがあるため、キャストが容易という特性があります。レギュラーテーパー(胴調子)は、竿全体がしなることで魚の引きを吸収するので、魚をバラしにくいという特性があります。ただし、ファーストテーパーに比べると張りが無いので、比べるとキャストし難いとも言えます。

おすすめメバリングロッドは?

初心者や入門者におすすめなメバリングロッドは、どのタイプが良いと言い切れないですが、経験上だとソリッドティップタイプの方がより簡単に釣れるので初心者の方には良いかもしれません。まずはコレだ!と感じたメバリングロッドを購入して使い倒してみると、もうちょっとこういうのが使ってみたいな〜など、メバリングロッドの特性も見えてきますよ!

初めて選ぶなら・・・

  • 長さ7フィート〜8フィートの間
  • ソリッドティップタイプ
  • 1g程度のジグヘッドが扱いやすいもの(ロッドに0.5g〜5g前後の表記があるもの)

ということで、条件に当てはまるメバリングロッドを1本。メジャークラフトの3代目クロステージのメバリングモデル。ファーストキャストよりも少し上位のモデルです。ソリッドティップモデルで、長さや硬さなども丁度良いので、初めてのメバリングにおすすめの1本ですよ!


このページの先で他にも色々なメバリング用ロッドも紹介しています。先に見たい方は下記リンクからどうぞ。

メバリング向けのスピニングリール

メバリングリール

メバリングリール

メバリングでは軽量なロッドと細いラインを使いますので、小型スピニングリールがおすすめ。ダイワだと2004番・2506番、シマノだとC2000番(1000番のボディーに2000番のスプール)・2000番・C2500番(2000番のボディーに2500番のスプール)あたりが良いです。

リールの番手が大きくなると、同じ種類のリールだと基本的に巻取り力(ドラグ力)、糸巻き量は上がりますが、リール本体の重量も上がります。ターゲットのメバルのサイズが大きい場合や、ポイントとする場所で別の大きな魚が釣れる場合(私の場合だと40cm〜50cmのクロダイが釣れる)は、少し大きめのリールでも良いですね。合わせるロッドを考慮し使用するリール番手を選ぶと良いと思います。

ハイギアかノーマルギア、ギア比は?

メバリングで使うスピニングリールのギア比について、「ノーマルギア」と「ハイギア」は、どちらが良い?という話を良く耳にします。個人的な好みという部分もありどちらが正解とは言えないですが、どちらも使っている感想からすると、メバリングの場合はノーマルギアの方が使いやすいと思います。というのも、超という程スローリトリーブする場合があり、巻だしが軽く、ゆっくり巻きやすいノーマルギアが使いやすい。

ハイギアのメリットとしては、とにかく早く巻きたい場合、例えば糸ふけの回収を素早くするや、青物狙いの早巻きには効果的ですが、メバリングであんまりそんな場面は無いように思います。

ってことで、2018年1月末現在で私が購入するとしたら、18フリームスLT2000Sを選ぶかな〜。手頃で軽いし性能も良いので初心者や入門者にとって間違いないと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-メバリング
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.