ロッド・リールなど最新タックルや釣果情報をお届け!

つりにいく[Go Fishing]

ロックフィッシュ

ロックフィッシュ釣りを始めよう!おすすめタックルや釣り方を徹底紹介!

更新日:

ロックフィッシュ釣り(ロックフィッシュゲーム)

ロックフィッシュ釣り(ロックフィッシュゲーム)

ルアーで根魚を狙う「ロックフィッシュ釣り」を徹底紹介!ロッドやリールなどのおすすめタックルやロックフィッシュゲームに最適な仕掛け、釣り方などを解説します。種類も豊富で近場の堤防から磯まで幅広く生息しているロックフィッシュ釣りを始めてみましょう!

ロックフィッシュ釣りとは?

ロックフィッシュ釣りとは?

ロックフィッシュ釣りとは?

ロックフィッシュ釣りはワームやジグヘッド、メタルジグなどを使用し根魚を狙う海のルアーゲームです。ロックフィッシュゲームやハードロックフィッシュゲームと呼ばれる事もあります。

ロックフィッシュ(根魚)は、名前の通り海底にある「根」と呼ばれる岩礁帯や海藻などの障害物に潜んでいる魚です。食性は肉食で小魚やカニ・エビなどの甲殻類、子イカなどを捕食しています。

数年前まではロックフィッシュ専門タックルもそれほど多くはなかったのですが、近年は非常に人気となり多くのメーカーから、ロッドやリール、ワームやフックなどロックフィッシュ専用タックルが発売されています。

ロックフィッシュは身近な漁港や堤防など幅広い地域、場所に生息しており、手軽に始められるルアー釣りとしても魅力的。攻撃性が高く非常に生命力や遊泳力も強くパワフルなので、強い引きを楽しむことができるエキサイティングなルアーゲームです。そして刺身や煮付け、唐揚げなど色々な料理で美味しく食べられるのが嬉しいターゲットです。

ロックフィッシュの種類

34~5cmのアコウ(キジハタ)

34~5cmのアコウ(キジハタ)

狙えるロックフィッシュは地域により様々です。同じ魚種でも地域によって様々な呼び方があり、例えばカサゴは関西だとガシラ、キジハタはアコウと呼ばれたりします。この他にもアイナメ、ソイ、クロソイ、アカハタ、オオモンハタ、マハタなど日本全国には様々なロックフィッシュが生息しています。

ロックフィッシュのサイズ

ロックフィッシュ:カサゴ(ガシラ)

ロックフィッシュ:カサゴ(ガシラ)

魚種にもよりますが小さいものは5cm〜大型になると50cm、60cmを超えるサイズのロックフィッシュも存在。ロックフィッシュは、サイズが小さくても引きは強く一瞬で根に潜ろうとするファイトが物凄く楽しいのがロックフィッシュ釣りの醍醐味です。

ロックフィッシュの釣り方

ロックフィッシュ釣りとは?

ロックフィッシュ釣りとは?

ロックフィッシュは、岩礁帯やテトラ際、沈み根や敷石など「海の中の隠れ場所」近くに身を潜め、近くに通る餌を捕食しています。キジハタ(アコウ)やオオモンハタなどロックフィッシュの種類によっては、海の中層で泳ぎながら捕食している種類もいますが、ロックフィッシュの多くは海の底=ボトムや障害物にへばり付いていて、上から落ちてくる餌を狙っています。

ロッドアクション

ロッドアクションは、テキサスリグなどをキャスト後にボトム(海底)に着底させた後、竿であおることでワームを浮き上がらせたり・沈めたりする「リフト&フォール」させながら、ロックフィッシュが潜んでいそうなところを攻めていきます。

また、泳いでる小魚を捕食している場合もあるので、そのような場合は根や障害物の少し上などを、ワームやルアーをスイミング(泳がせる)させ釣る場合もあります。この場合はテキサスリグではなく、スイミング用のジグヘッドリグなどを使用します。

ロックフィッシュ釣りの参考動画

ロックフィッシュ用ワームのバグアンツやロックマックスなど実績豊富なワームを世に送り出しているエコギアの折本プロによるロックフィッシュの実釣解説。どのように仕掛け(リグ)を動かしているかなど、ロックフィッシュの釣り方の勉強になりますよ!必見です。

ロックフィッシュが釣れる時間帯

夕まずめ時

夕まずめ時の雰囲気

多くの魚と同じように、ロックフィッシュにも朝マズメや夕マズメといった「時合=魚がすごく釣れる時間」と呼ばれるタイミングがあり、魚の活性があがる(元気よく捕食行動を取る)と、岩場や根の影から出てきて餌を食べ始めたりします。

朝マズメや夕マズメ以外にも、季節や天候、潮汐や潮の流れなど、その時々によって釣れやすい時間が存在します。朝マズメ、夕マズメは分かりやすいタイミングですが、それ以外の「釣れるタイミング」についてはポイントによっても異なりますので釣行し研究してみてください。基本的に陽が高い日中はあまり釣れないと思います。早朝や夕方、夜間などが釣れやすい場合が多いです。

釣れる季節については、ターゲットにするロックフィッシュの魚種や地域によって異なります。例えば、キジハタ(アコウ)だと初夏から秋にかけてがメインシーズン。メバルは冬から春先5月頃まで、カサゴ(ガシラ)は年中釣れますが、産卵期を向かた冬〜春がメインシーズンとなります。年中何らかの種類が狙えるのもロックフィッシュ釣りの良いところですね。

朝マズメとは
夜が明けて明るくなり始めた時刻から日の出までの時間。日没前後から暗くなるまでの時間は夕まづめといい、いずれも魚が活性化しエサを摂る時間なので、マズメ時は釣りにはゴールデンタイム、時合いである。。魚の生態が解明されていなかった昔は、朝まづめと夕まづめが、魚が食事をする時間帯だったと信じられていたため、一日の中で釣果が最もよいときとされていた。

夕マズメとは
日の入前後の時間。魚の活性があがる時間帯。魚が活性があがるする時間帯。朝まづめは夕方と朝の違いだけで同じ意味。

出典:http://www.kami-chan.net/tsuri-yougo/489.html

ロックフィッシュのポイント

カサゴ(ガシラ)

カサゴ(ガシラ)

ロックフィッシュ釣りのポイントですが、障害物に付いている事が多いので、簡単にいうと「根掛かりしそうな場所」で釣れる事が多く、必然的に根掛かりが多くなります。

慣れてくると根掛かりを回避したり外すコツも掴むことができますが、重要なのは「根掛かりを恐れず果敢に攻める事」が釣果に繋がってきます。

磯や岩礁帯

和歌山県中紀にある黒島の磯

根が点在する磯。このような場所では大型のロックフィッシュの可能性も高いです。

根が荒い分、ラインブレイクもし易いので、ラインシステム(メインPEラインとショックリーダー)を強めにしておくのも良いですね。また、高確率で根掛かりすると思いますので、フロロカーボンラインをメインラインとしたベイトタックルもおすすめです。

防波堤に沈んでいるテトラや敷石の周り

ロックフィッシュはテトラの影なんかに潜んでます。

ロックフィッシュはテトラの影なんかに潜んでます。

防波堤周りに沈められているテトラポッドや敷石の周りは、絶好のロックフィッシュの隠れ場。

テトラの切れ目や、敷石テトラが沈んでいるところと、その先の沈んでない場所の際などが狙い目。根掛かりに気をつけながらリフト&フォールさせたり、ピンポイントでワームを落として見て下さい。フォール時に喰ってくる事が多いです。

藻場(ウィードエリア)

ウィードが育っていました

ウィードエリア

ウィード(海藻)が密集しているようなエリアも狙い目。海藻と海藻の切れ間にピンポイントにワームを落としながら、手返し良く探っていくのが良いです。

ロックフィッシュを料理しよう!

ロックフィッシュゲームのもう1つの楽しみは、刺身や唐揚げ、煮付けにしたりと食べてもめちゃ美味しいこと。

キジハタ(アコウ)は、釣ってから2〜3日寝かした方が身に旨味が出てきます。我が家では内蔵を取って血合いなどを綺麗に掃除した後、キッチンペーパーで水分をきっちり拭き取り、ラップをぐるぐる巻きにして冷蔵庫で2〜3日寝かしてから刺身で食べますが絶品です!

骨からは良い出汁もでますし、アラ煮や唐揚げ、塩焼き、どんな料理にしても本当に美味しいですよ。※根魚は成長が遅いと言われていますので、小さい魚はリリースしてあげて下さいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-ロックフィッシュ
-, ,

Copyright© つりにいく[Go Fishing] , 2018 All Rights Reserved.