※本ページは広告リンクを含みます

カワハギ釣り

初釣りもカワハギ!ゆっくりあわせるのが良かった。

初釣り
初釣り

カワハギ釣りの話題ばかりですみません。どっぷりと浸かっているカワハギ沼。知れば知るほど面白くなる釣りです。ということで、初釣りもカワハギ狙いということで、行ってきました加太の三邦丸さん。予約が若干遅かったのもあり、カワハギ人気のせいか一日便は予約で一杯。ってことで「カワハギ午後便」を利用させて貰いました。

初釣りもカワハギ!ゆっくりあわせるのが良かった。

夕方、納竿間際の様子
夕方、納竿間際の様子

12時半に釣座抽選ってことだったので、大阪市内を出るのがAM10時半頃。なんだか、いつもより家を出るのがゆっくりなので変な気持ちになるのは、僕だけでしょうか。

三邦丸は早朝便があるので、現地に到着したタイミングは駐車場が一杯。「えっ、駐められへんやん・・・」と思ったので事務所の方に聞いてみたら、12時すぎに帰港してくる午前便の人たちの車が出ていくとのこと。少し待っていると続々と車が出ていきます。

運命の釣座抽選ですが、三邦丸の抽選はサイコロの結果(表or裏)によって決まるタイプ。表が出たら番号が小さい方から、裏が出たら番号の大きい方からといった具合です。「118」という海の緊急事態の電話番号と同じ番号でした。裏が出たら最初の方、表なら最後の方です。結果は「表」ってことで、最後から2番目。「あらら・・・」と思ってましたが、残り物には福があるとかなんとかで、ほぼ満船なのに釣座の横は空いていて快適でした、ラッキー。

この口で吸い込む
この口で吸い込む

さて、この日はお天気も良く午後便が出船する13時頃は気温も10度以上と非常に暖かい。おじさんたちは寒がりなので、冬装備。もちろん釣りの前から汗だく気味です。それでも、お天気だったのが良かったようで、カワハギの活性は悪くない感じ。ただし、喰いが浅いというか魚の動きが遅いというか、釣っても釣ってもバレます。途中、船長から「掛けるの速いんちゃう?」という神アドバイス。ゆっくり目に合わせを入れるようにすると、これがピッタリ。あれほど外れやすかったカワハギがしっかりと餌を吸い込んで釣れるようになりました。誘いはそんなに変えてなくて合わせのタイミングだけゆっくりにしただけでこんなに変わるとは。あと、柔らかめの竿が釣りやすいかったです。カワハギ釣りはやっぱり面白い。

良型カワハギ
良型カワハギ

釣果の方は25枚ぐらいと初釣りとしては十分に楽しめ、尺は釣れてないですが20後半が数枚混ざってお土産には十分。例年は十日戎をすぎると渋くなるって事でしたが、今年はひむらはありますが、まだ釣れてますね〜。そうそう、刺し身に飽きたっていう家族のリクエストで、カワハギをフライにしてみたのですが絶品でした。めちゃ旨い。

  • この記事を書いた人

つりにいく

海のルアーフィッシングや船釣りなどを楽しんでいます。気になるタックルや使っみたアイテムなどのインプレ記事や関西を中心とした釣行記などを中心としたブログ記事を掲載しています。宜しくお願いします。

-カワハギ釣り
-, ,