釣り&タックル情報サイト

つりにいく

アジング

アジング初心者におすすめのタックルや釣り方などを徹底紹介!

更新日:

アジ

アジ

アジングは小型のワームやルアーを使って鯵を狙うルアーフィッシングの1種です。

この記事では、アジングに必要なロッドやリールなど、初心者におすすめタックルや基本的な釣り方、ポイントの選び方などを紹介します。これから始める初心者や入門者の方必見です!

アジングの特長

アジング

アジング

アジングは身近な漁港や堤防など、アジが回ってくる場所であればどこでも簡単に楽しめる釣りです。と言いながらも、サビキでやると大量に釣れるので、アジングも簡単なのかな〜と思わしといて、これが結構難しかったりもします。

サビキでめちゃ釣れるのに、なんでわざわざワームやルアーで釣るの!?とお思いかもしれませんが、小型ながらもアジは青物。ライトタックルでアジを釣ると想像以上に良い引きを楽しめます。

アジングの楽しさは?

アジングの楽しさは?

伝わりにくいかもしれないんですが、原点としては上の写真。

某水族園のアジ釣り場で、穂先だけのような細いロッドと今にも切れそうな細いラインを使って鯵を釣り上げます。そして釣り上げた後のアジをフライにして食べさせてくれます。いつ行っても大人気の場所になっています。

大人も子供も皆ハマるスリリングな引きの楽しさと美味しさ。まさに、アジングの面白さを凝縮したようなスポットです。アジングの楽しさも、これの延長上にあるんじゃないでしょうか。

そして、結構繊細な釣りで腕の差が物凄くでるのもアジングの特長だと思います。ここでは入れ食いですけどね(笑)

種類豊富なアジングワーム

種類豊富なアジングワーム

また、アジングでは10cm未満の豆アジから30cmを超える尺アジ、そして場所によっては40cmを超えるメガアジや50~60cmを超えるギガアジなど、ポイントや季節によって釣れるサイズも色々。20cm前後ぐらいのアジになると本当に良く引くので、めちゃくちゃ楽しいですよ。

最近ではアジング専用タックルも充実しており、釣る楽しみだけでなく、タックルを揃えたり、色々なワームを使ってみたりするコレクション要素的も楽しさの一因ですね(もしくは、メーカーの罠に嵌っているとも言いますが・・・笑)

アジングの基本タックル

アジングタックル

アジングタックル

アジングに必要なタックルは6フィート前後の細くて軽量&高感度なロッド、1000番〜2000番手の最小クラスのスピニングリール、そして0.3号前後のPEライン、もしくは1号以下のフロロカーボンラインを使用。

アジングにはワームやマイクロメタルジグ、小型プラグなど使いますがメインは小型ワームとなります。もちろんデカイ鯵を狙う場合や遠投する場合など、重たいルアーを使う場合もあるのでより強いタックルを使用する場合もあります。

アジングの基本タックル

  • 6フィートから7フィートの軽量で高感度なアジングロッド
  • 1000番〜2000番程度の小型スピニングリール
  • 0.3号前後のPEラインや、1号以下のフロロカーボンライン
  • 0.5g〜3gのジグヘッド
  • 1インチ〜2インチぐらいのアジングワーム

アジングロッドの特長と選び方

アジングにおすすめのロッドは?

アジングにおすすめのロッドは?

アジングでは、1g前後のジグヘッドにワームを装着した軽量リグ(仕掛け)を使用した釣りがメインとなります。

したがって、軽くて細い6フィート(1.8m)〜7フィート(2.1m)前後のアジングロッドを使用します。(最近ではより短い5フィート台のアジングロッドも発売されています)

その中でも、アジングロッドのティップ(先端部分)が中空になった「チューブラタイプ」と、その反対に空洞が無い「ソリッドタイプ」の2種類から選択することになります。(アジングロッドを選ぶ場合に迷う部分です)

アジングロッドの特長

◯チューブラタイプ
張りがあり感度が良く魚のアタリが取りやすいとされており、アングラーの操作で「掛けていく」アジングロッドが多い。

◯ソリッドティップ
ソリッドティップのアジングロッドは、チューブラタイプに比べて穂先が柔らかく、魚のアタリに追従するため魚自らが針に掛かる「向こう合わせ」タイプ。

アジングロッドのタイプは好みになりますが、初心者には繊細なアジのアタリに合わせるのが難しい場合もあるので、ソリッドティップタイプがおすすめです。

またティップが柔らかめのソリッドタイプの方が、軽量ジグヘッドを投げるので竿が曲がってくれて投げやすいという側面もあります。

初めてアジングロッド選ぶなら?

  • ソリッドティップタイプ
  • 長さ6フィートから7フィートの間ぐらい
  • 1g前後のジグヘッドが扱いやすい設定
  • できるだけ軽量なロッド

初心者におすすめのアジングロッド

[ダイワ]アジングX 59UL-S

2016年3月に発売されたダイワのアジング専用エントリーモデルのロッド。月下美人というダイワのアジングやメバリング専用トップブランドの設計思想から開発されており、ソリッドティップで初心者にも扱い易い設定になっています。実売7,500円程とアジング専用ロッドとしては手頃。5フィート9インチの59UL-S以外に、6フィート8インチと7フィート2インチの長いモデルもあります。

全 長:1.75m
自 重:98g
ルアー:0.3-5g
ナイロン・フロロカンボンライン:1-3LB(ポンド)
PEライン:0.15-0.3号

[アブガルシア]ソルティースタイルアジング 592LS-KR

アブガルシアのアジング専用の入門ロッドが「ソルティースタイルアジング」。2015年12月に発売された比較的新しいモデルのロッドで、低価格ながら高機能を実現したハイコストパフォーマンスなアジングロッド。

5フィート9インチの592LS-KR以外に、6フィート3インチと6フィート9インチの2種類の長めのモデルもあります。実売は12,000円前後とダイワの入門モデルに比べると少し高めですが、KRコンセプトガイドやFujiのリールシートを採用しているあたりを考えると使っているパーツは良いものだと思います。

全 長:1.75m
自 重:83g
ルアー:0.2-5g
ナイロン・フロロカンボンライン:1-4LB(ポンド)
PEライン:0.1-0.8号

[サーティーフォー]ガイドポスト LHR69 (Guidepost LHR69)

アジング専門のメーカー「34(サーティーフォー)」が初心者が使いやすいようにと設計したロッドが「ガイドポスト LHR69」。34の家邊氏が考案した「Sキャリー」という遠投仕掛けが誰にでも使いやすくできるようにと開発されたロッドですが、ソリッドモデルで弓のようにしなることで、超軽量なジグヘッドも投げやすく設計されています。(ジグ単も飛ばしウキも両立できるロッドという位置付け)

6フィート9インチと長めの設定ですので、足場が悪い、遠投したい場合などジグヘッド単体以外にも汎用的に使えるロッドになっていまるので良いですね。25,000円前後という価格なので、この金額を出すとアジングロッドもかなり選択肢が増えてくるので悩みどころですが、同じくサーティーフォーから出ているハイエンドアジングロッド「Advancement」(4万〜5万円)と同等の性能を持っているという事なので、それと比べるとハイコストパフォーマンスでもあります。

全 長:207cm
自 重:未記載
ルアー:0g~5.0g
ライン:0.8lb~2.5lb

初心者や入門モデルじゃなくて、もっとハイスペックなアジングロッドを知りたい!って方は、中位〜上位機種のアジングロッドを紹介しています。ご参考まで!

リールの選び方

アジングにおすすめのリールは?

アジングにおすすめのリールは?

アジングには基本的にスピニングリールを使用しますが、アジングロッドは非常に軽量な物が多いため、バランスを取るためにはリールも出来るだけ軽量の物が良いです。

目安としては、ダイワやシマノの1000番台〜2000番台前半の軽いリールがおすすめ。またアジングでは細いラインを使用するので、ドラグ性能の良いリールが良いです。

最近は安価でも高性能なリールが非常に多くなっていますので、多くの種類から選ぶ事ができます。その中でも2017年5月時点ではこれがおすすめ!

アジングに最適なリールサイズ(番手)

  • シマノのアジングリールの番手:500番〜2500S番
  • ダイワのアジングリールの番手:1000番〜2004番
  • 個人的にはノーマルギアがおすすめ

おすすめのリール

ダイワ 17セオリー

17セオリー

17セオリー

入門機種ではなく中級〜上位機種となりますが、2017年に発売されたダイワの最新スピニングリール。

金額的には2万円〜とお安くはありませんが、超軽量&高性能で少し前のハイエンドモデルに近いスペックが2万円台で手に入ると考えるとお得だと思います。アジングやメバリングなら2004もしくはハイギア仕様の2004H。私も欲しいですが、まだ買ってない・・・。

ダイワ 17エクセラー

入門〜中級機の位置付けになるダイワのスピニングリール。2017年にモデルチェンジしており、上位機種に搭載されていてたオートマチックドラグシステム(ATD)やマグシールドなどの最新技術が使われていて、お値段以上な感じ。

2004かハイギアの2004Hがおすすめ。先程のセオリーは2506でもOKって書いたんですが、エクセラーは2506番だと自重が270gと重たいので、合わせるロッドによっては使いにくくなる可能性があります。

シマノ 17サハラ

17サハラ

17サハラ

入門〜中級機の位置付けになるシマノのスピニングリール。こちらも2017年にモデルチェンジしています。私もアジング用ではないですが、2500番台を実際に購入。軽くて回転の感じも良いので、高級機種いらないんじゃない?って正直思ったぐらい。

1000番、C2000S番、ハイギアタイプのC2000HGS番あたりがおすすめ。17エクセラーに比べて自重が軽いです。値段的にも16ナスキーより個人的にはおすすめ。

シマノ 16ストラディックCI4+

中級〜上位機種の位置付けになるシマノのスピニングリール。昨年2016年に登場して人気を博しています。前述した17セオリーは恐らくこのリールに対抗馬として発売されていると思います。

超軽量・高性能と文句なしのスペックでアジングに最適。1000番台は無いのでC2000S、ハイギアタイプのC2000HGSがおすすめです。

上記に紹介した以外にも色々なリールがあります。こちらのページで入門モデル〜最高峰モデルまで最新のアジングリールを紹介しています。ご参考までに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-アジング

Copyright© つりにいく , 2018 All Rights Reserved.