アジング リール

アジングリールを紹介!おすすめモデルや選び方を詳しく解説【2022年】

アジングリール
アジングリール

2022年時点の最新アジングリールを紹介しています。サイズ(番手)などのアジングリールの選び方、初心者向けモデルから最強のハイエンドモデルまで色々と紹介。

アジングリールの選び方

アジングリールってどんなの?
アジングリールってどんなの?

アジングリールは基本的にはスピニングリールを使います。アジングでは2インチ〜3インチ程度の小さなワームと、1g程度のジグヘッドを扱うためアジングリールを含めたタックルも小型・軽量なモノになります。

リールの番手(サイズ)

リールのサイズ(番手)
リールのサイズ(番手)

アジングリールのサイズ(番手)は500番〜2500番がメイン。もっと大きいリールを使う人もいますが、このあたりのサイズ感が多いと思います。釣り方によって選ぶリールサイズが異なりますが、大体下記のような感じです。

  • ジグ単のアジング:1000番〜2000番(PE0.3号やエステル2LB)
  • フロートリグのアジング:2000〜3000番(PE0.4号〜0.6号)

軽量なリールが良い

アジングロッドは基本的に軽量のものが多いので、リールも軽量なモノがロッドとのバランスを取りやすいと思います。最近のリールは軽いモノが多いですが、その中でも目安として、アジングリールは200g以下のモノが適していると思います。

ギア比について

リールには、ノーマルギア、ハイギアなど「ギア比」と呼ばれる設定があります。ノーマルギアは特に記載はありませんが、ハイギアは商品名にHGやHなどが付いている場合が多いです。ハイギアはハンドル1回転あたりの巻取り長がノーマルギアに比べて長くなりますが、その分ハンドルの回転が重たくなります。早巻きする事も無いので個人的にはノーマルギアを使っていますが、正直なところどちらでも大丈夫です。

糸巻き量はこのぐらい。

アジングで使うラインは、PEだと0.3号前後、エステルやフロロカーボンラインだと0.5〜1号(2lb~4lb)を使用します。上記のラインが100m〜150m巻ければ十分です。※細いラインを巻く場合は、スプールに下巻きする場合もあります。釣具店でラインを買えばやってくれますので、心配な方は釣具屋さんにお願いすればOKです。

ドラグ設定について

ドラグは魚がヒットしてラインを引っ張った時に、ある一定の負荷がラインにかかるとスプールが逆回転して、ラインが徐々に出ていく機構です。これにより細いラインを使用しても、リールのドラグが勝手にラインを切れないように調整してくれるという機能になります。アジは口切れする事が多いのでラインを手でかるく引っ張ると出て来るぐらいにドラグを調整しましょう。

おすすめアジングリール

おすすめアジングリール
おすすめアジングリール

入門モデルから最近発売されたハイエンドモデルまで、アジングにおすすめのリールをピックアップします。もちろん価格も高く、最新技術を搭載したハイエンドモデルが良いに決まってますが、最近の入門〜中位機種も非常に良いリールが沢山あります。ちなみに、私が現在使ってるのは16セルテート2004Hと17セオリーの2機種。最新アジングリールの超軽量のやつが1つ欲しいな。

入門クラスのアジングリール(〜1万円)

20月下美人X(ダイワ)

2020年9月、ダイワのアジング・メバリングブランド「月下美人」にお手頃なスピニングリールが誕生。その名も「20月下美人X」。ATD、エアローターなどライトゲームに必須な基本機能を搭載しながら、月下美人のオリジナルデザイン纏ったリールです。少し1万円を肥えますが、釣種専用リールとしてはめずらしく価格も割と手頃な設定になっています。

20レブロス LT2000S(ダイワ)

2020年にLTコンセプトとしてフルモデルチェンジされたのが20レブロス。実売6,000円台とかなりリーズナブル。高性能なドラグシステム「ATD」を搭載しており安心してアジとのやり取りが可能です。

21ナスキー C2000S(シマノ)

シマノのエントリーモデルのスピニングリールが「ナスキー」。たしか前モデルが2016年ぐらい出たので5年ぶりのモデルチェンジ。2021年11月末に発売を予定されている最新スピニングリールです。ハガネギア、Xシップ、コアプロテクトやサイレントドライブなど、一昔前の高級モデルが搭載していた機能が盛り込まれており完成度の高いエントリーモデルのスピニングリールとなっています。1000番や最小番手の500番も用意されているので、色々選べるのも良いですね。

中級クラスのアジングリール(〜3万円)

18カルディア LT 2000S(ダイワ)

2018年にLTコンセプトにモデルチェンジした18カルディアLT。中位機種の中でも割と手頃な部類で、前作も非常に人気の高いスピニングリールでした。今作もLT化に伴いかなり軽量化されており使いやすく汎用的なスピニングになっています。

21ソアレXR

2021年にリリースされたシマノのライトゲーム専用スピニングリールが21ソアレXR。前モデル「17ソアレCI4+」なので約4年ぶりのモデルチェンジ。ハイレスポンスドラグという特殊なドラグシステムを採用。細糸仕様のスプールなのでライトゲームにピッタリな設定です。素材は違うと思いますが少し前のヴァンキッシュやステラに使われていたような仕様が盛り込まれており、まさにライトゲームスペシャルといったスピニングリールです。

20ルビアス LT2000S

非常に人気の高かった15ルビアスから5年、満を持して登場したのがLTモデル化した20ルビアス。ダイワの最上位機種18イグジストと同様のモノコックボディによる剛性力アップとカーボン製エアローターの採用による軽量化で、LT2000S番で150gを実現しています。正直なところイグジストいらないんじゃない?という気にもなってくるリール。自重だけで言うと後述している19バンキッシュに肉薄してきてるのも凄い。既に予約殺到という噂も。

ハイエンドのアジングリール(4万円〜)

19ヴァンキッシュ C2000S(シマノ)

驚異の軽さとか、異次元の軽さみたいな言葉が、手にとった瞬間にしっくりきてしまう程の衝撃だったスピニングが19バンキッシュ。ステラやイグジストなどの所有欲みたいなところを除けば、機能的には19ヴァンキッシュがアジングリールの最高地点かもしれません。

最高級のアジングリール(6万円〜)

22ステラ(シマノ)

18モデルから4年ぶりにモデルチェンジした22ステラ。18モデルはブラッシュアップが全面にだされていましたが、今回は機能も変わってて、特にスローオシュレートと呼ばれるスプールへの超蜜巻きが特徴。これにより飛距離やドラグ力など様々な面の能力が向上しています。発売して間もないですが、名作リールの誕生という呼声も聞かれています。

22イグジスト(ダイワ)

2018年モデルから4年ぶりにモデルチェンジした22イグジストが誕生しました。150g台という超軽量さは変わらず、全体的にブラッシュアップされています。2022年よりオーナーシップ制度がスタートし、オーバーホール権利やリールの点検が何回分か付属するなど、良いリールを長く使える仕組みが始まったのも良いです。

繊細な釣りだからこそ良いアジングリールを使いたい!

シマノ 19ヴァンキッシュ

最近はリールの進化が凄くて、ちょっと前のモデルからあっという間に超軽量化してたりしますね!繊細な釣りはタックルの性能が良く出ると思いますので、良いアジングリールを使いたいと個人的には思います。リールはバンバン買い換えるようなモノでは無いと思いますので、気に入ったリールを大切にして長く愛用したいですね!

関連記事
尺アジ
アジング入門!おすすめタックルや釣り方・仕掛けを紹介

アジングをやってみたいけど「どんなタックルを使えば良いの?」「ワームやジグヘッドは何が良い?」「釣り方は?」など、色々と分からない事も多いですよね。 この記事ではアジングのタックルや仕掛け、基本的な釣 ...

関連記事
[ヤマガブランクス]ブルーカレントTZシリーズ
【最新】おすすめアジングロッド!良コスパやハイエンドモデルを紹介

最新のおすすめアジングロッドを紹介します。良コスパのエントリーモデルや最新技術を詰め込んだハイエンドなアジングロッドまで気になる1本をピックアップ!特徴やシチュエーションに合わせた選び方などを解説しま ...

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-アジング, リール