釣り&タックル情報サイト

つりにいく

アジング リール

おすすめの最新アジングリールを紹介!入門からハイエンドモデルまで(2020年版)

更新日:

アジングにおすすめのリールは?

アジングにおすすめのリールは?

こんにちは。早くも11月中旬ですね。各地でアジがよく釣れているようで久々にアジングでも行こうかな(先日タチウオのついでに少しだけやりましたけど撃沈)

ということで、本日はアジングにおすすめのリールを紹介。

最近では自重140gなんていうとんでもなく軽いリールが発売されたりと、ライトソルト用の小型スピニングリールの進化もめざましいです。この記事では入門モデルからハイエンドモデルまで「最新アジングリール」を紹介しています。

※2020年1月更新:アジング用スピニングリールを最新版にアップデートしました。

これからアジングを初めたい方に向けて、下記リンクにておすすめアジングタックル(ロッドやリール、ワーム)や仕掛け、釣り方などを紹介しています!

おすすめ記事
尺アジ
アジングを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方を紹介

アジングをやってみたいけど「どんなタックルを使えば良いの?」「ワームやジグヘッドは何が良い?」「釣り方は?」など、色々と分からない事も多いですよね。この記事ではアジングのタックルや仕掛け、基本的な釣り ...

続きを見る

アジングの種類

23cmぐらいのアジ

アジングといっても、ジグヘッド単体での釣りやフロートリグやキャロライナリグを使った遠投ゲーム、小型プラグを使ったプラッギングゲームなど数種類のリグが存在します。

使用するリール(どちらかというとラインの太さですが)も、釣り方によって異なりますので、釣り方にあったサイズのリールを選ぶと良いと思います。

ジグヘッド単体のアジング

ジグヘッド

ジグヘッド

0.4g〜3gぐらいのジグヘッドにワームをセッティングしたアジング。0.1号〜0.3号ぐらいの極細PEラインや4ポンド以下のフロロカーボンラインなどを使います。

フロートリグやキャロライナリグを使った遠投アジング

15gのフロート(シャローフリーク)

15gのフロート(シャローフリーク)

フロートリグやキャロライナリグは、沖の潮目に潜んでいるアジを狙い打つ釣り方です。アジングといっても、やはり遠投するので、5gぐらいから20gぐらいまでのオモリや飛ばしウキをセッティングします。ですので、ジグヘッド単体で使うラインよりも、太めのラインを使用します。メインラインはPE0.4号〜0.6号ぐらい。リーダーは1号〜2号ぐらい。

小型プラグを使ったアジング

風呂上がりのプラグ達

風呂上がりのプラグ達

2g〜6gぐらいの小型プラグを使ったアジングもあります。PE0.4号前後に1号〜2号ぐらいのリーダーを付けてやります。

 アジングリールの選び方

アジングリールの選び方

アジングリールの選び方

番手(サイズ)

シマノとダイワのスピニングリールサイズ(番手)を元に、アジングリールにおすすめのサイズをご紹介します。目安なので絶対にこの番手じゃないとアジングができないという訳ではなく、これぐらいが最適という感じです。

※ダイワは2018年頃に発売されたフリームスよりリール規格が変更になり、合わせて番手表記も変更になっています。

  • シマノのアジングリールの番手:1000番〜C2500S番
  • ダイワのアジングリールの番手:
    • 1000番〜2506番(18フリームス以前のモデル)
    • LT1000〜LT2500S(LTモデル)

ジグ単専用なら最小サイズのリール、フロートリグの釣りを兼用するなら大きめサイズ(シマノならC2500S、ダイワならLT2500S)を選ぶと良いと思います。

自重

同じ番手でも使っているボディ素材などにより、リールの自重はかなり違ってきます。アジングロッドは基本的にかなり軽量のものが多いので、リールもなるべく軽量なモノがロッドとのバランスを取りやすいと思います。アジングには200g以下のリールが良いと思います。

[ヤマガブランクス]ブルーカレントTZシリーズ
おすすめアジングロッドはどれ?選び方や人気モデルを紹介!

アジからの繊細なアタリをとるアジングでは軽量で高感度の「アジングロッド」という専用ロッドを使用します。アジングロッドはシマノやダイワなどの大手メーカーや、アジングなどのライトゲーム専業メーカーから多く ...

続きを見る

ギア比

ハンドル1回転あたりの巻取り長がリールのスペック表を見ると記載されています。1回あたりの巻取り長が長いほど、ハイギアで回転は重たいが、すばやく糸を巻き取ることができ、反対に短い程ローギアで回転がかるくなります。

アジングでは早巻きは必要ありませんので好みによりますが、個人的にはローギア(ノーマルギア)がアジングには使いやすいと感じています。

糸巻き量(スプールサイズ)

アジングで使うラインは、PEだと0.3号前後、フロロカーボンラインだと1号(2lb~4lb)以下を使用します。上記のラインが100m〜150m巻ければ十分です。

※細いラインを巻く場合は、スプールに下巻きする場合もあります。釣具店でラインを買えばやってくれますので、心配な方は釣具屋さんにお願いすればOKです。

糸巻き量の参考

  • シマノのC2000S番(Cはコンパクトボディ Sは浅溝スプールの略)
    • フロロカーボン:3lb-110m、4lb-85m
    • PEライン:0.6号-150m、0.8号-110m、1号-80m
  • ダイワの2004番
    • フロロカーボン:3lb-140m、4lb-100m
    • PEライン:0.4号-120m、0.6号-100m
  • ダイワのFC LT2000S
    • 3lb-150m 4lb-100m
    • 0.4号-200m 0.5号-170m

※番手は同じでもリールによって糸巻き量が若干異なる場合あります。メーカーのスペック表を参考にして下さい。

ドラグ性能

ドラグは魚がヒットしてラインを引っ張った時に、ある一定の負荷がラインにかかるとスプールが逆回転して、ラインが徐々に出ていく機構です。これにより細いラインを使用しても、リールのドラグが勝手にラインを切れないように調整してくれるという機能になります。細いとを使用しているライトゲームでは非常に重要な性能となります。

アジングのドラグ設定は?

アジは口切れする事が多いので、アジングでリールを使用する場合はドラグを最後まで締め込むのではなく、道糸を手でかるく引っ張ると出て来るぐらいに緩めておくようにしましょう(ゆるめ過ぎないように注意)。

おすすめのアジングリール【2020最新版】

アジングリール

アジングリール

入門モデルから最近発売されたハイエンドモデルまで、アジングにおすすめのリールをピックアップします。もちろん価格も高く、最新技術を搭載したハイエンドモデルが良いに決まってますが、最近の入門〜中位機種も非常に良いリールが沢山あります。ちなみに、私が現在使ってるのは16セルテート2004Hと17セオリーの2機種。最新アジングリールの超軽量のやつが1つ欲しいな。

入門クラスのアジングリール(〜1万円)

20レブロス LT2000S(ダイワ)

2020年にLTコンセプトとしてフルモデルチェンジされたのが20レブロス。実売6,000円ちょいとかなりリーズナブル。高性能なドラグシステム「ATD」を搭載しており安心してアジとのやり取りが可能です。

17サハラC200S(シマノ)

17サハラは実売6,000円前後と手頃ですが、巻心地も良く非常に完成度の高いエントリーモデルのスピニングリール。

中級クラスのアジングリール(〜3万円)

18カルディア LT 2000S(ダイワ)

2018年にLTコンセプトにモデルチェンジした18カルディアLT。中位機種の中でも割と手頃な部類で、前作も非常に人気の高いスピニングリールでした。今作もLT化に伴いかなり軽量化されており使いやすく汎用的なスピニングになっています。

17ソアレCI4+(シマノ)

シマノのライトゲームブランド「ソアレ」の名前を冠したライトゲーム専用スピニングリールが17ソアレCI4+。最小の番手500は自重140gと超軽量です。

20ルビアス LT2000S

非常に人気の高かった15ルビアスから5年、満を持して登場したのがLTモデル化した20ルビアス。ダイワの最上位機種18イグジストと同様のモノコックボディによる剛性力アップとカーボン製エアローターの採用による軽量化で、LT2000S番で150gを実現しています。正直なところイグジストいらないんじゃない?という気にもなってくるリール。自重だけで言うと後述している19バンキッシュに肉薄してきてるのも凄い。既に予約殺到という噂も。

ハイエンドのアジングリール(4万円〜)

19ヴァンキッシュ C2000S(シマノ)

驚異の軽さとか、異次元の軽さみたいな言葉が、手にとった瞬間にしっくりきてしまう程の衝撃だったスピニングが19バンキッシュ。ステラやイグジストなどの所有欲みたいなところを除けば、機能的には19ヴァンキッシュがアジングリールの最高地点かもしれません。

最高級のアジングリール(6万円〜)

18ステラ C2000S(シマノ)

2014モデルから4年を経てモデルチェンジした18ステラ。旧モデルはゴールド基調のゴージャスカラーリングでしたが、18ステラからは落ち着いた高級感あふれるシルバー基調に変更されました。前述した19ヴァンキッシュとリールコンセプトが違うので、自重などは重たいですが、剛性感あふれるボディとシルキーな巻心地は他の追随を許さない最高級スピニングリールとなっています。

18イグジスト FC LT2000S-P(ダイワ)

2018年はダイワ60周年ということもあり、2015年モデルから3年しか経っていませんがLT化してモデルチェンジしました。モノコックボディを採用し、同ボディサイズながらギアを大型化、ワンサイズ小さい番手でも旧モデルの1つ上のサイズと同等のパワーを実現しています。また大幅な軽量化も図られており、LT2000Sで155gを実現しています。見た目の面では、18ステラと同様に旧モデルの面影がなくなるぐらいデザインを一新しているのも印象的。

最適なアジングリールを選んで愛用しよう!

シマノ 19ヴァンキッシュ

最近はリールの進化が凄くて、ちょっと前のモデルからあっという間に超軽量化してたりしますね(笑)リールもよっぽどの物好きでなければ、バンバン買い換えるモノでは無いと思いますので、気に入ったリールを大切にして長く愛用したいですね!

アジング
尺アジ
アジングを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方を紹介

アジングをやってみたいけど「どんなタックルを使えば良いの?」「ワームやジグヘッドは何が良い?」「釣り方は?」など、色々と分からない事も多いですよね。この記事ではアジングのタックルや仕掛け、基本的な釣り ...

続きを見る

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-アジング, リール

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.