アジング ロッド

【最新】おすすめアジングロッド!良コスパやハイエンドモデルを紹介

アジングロッド
アジングロッド

最新のおすすめアジングロッドを紹介します。良コスパのエントリーモデルや最新技術を詰め込んだハイエンドなアジングロッドまで気になる1本をピックアップ!特徴やシチュエーションに合わせた選び方などを解説します。

※2021年12月に最新版に更新

アジングロッドの選び方

アジングロッド
アジングロッド

鯵を小さなワームとジグヘッドで狙うアジング。主に1g程度の超軽量な仕掛けを扱うので軽くて感度が良い繊細なロッドがアジングロッドに適しています。

ロッドの長さ選び

アジングでは釣り方や仕掛けによって選ぶロッドの長さが異なります。ジグヘッド単体のアジングでは軽量で短め、フロートリグやキャロライナリグといった遠投系アジングでは長めのロッドを使用します。アジングロッドの長さに対した仕掛けは下記のような感じです。

  • 5ft〜7ft:漁港や港湾部、ボートなど遠投の必要が無いジグヘッド単体のアジング。
  • 7ft〜8.6ft:遠投が必要な場所でのアジング。重めのジグ単や小型プラグ、フロートやMキャロを使ったアジング。

硬さ(ロッドパワー)

アジングロッドで使うロッドのパワーはUL(ウルトラライト)、ML(ミディアムライト)ぐらいが主流。1g程度のジグヘッド単体向けであればULやMLクラスを選べば良いです。また、前述したフロートリグ(飛ばしウキ)や小型プラグを使う場合はLやMといったロッドパワーが該当すると思います。ロッドのパワー設定はメーカーにより若干異なりますので、ロッドに表記されている錘負荷を基準にすれば良いですね。

ティップ(穂先)はチューブラかソリッド

チューブラとソリッドティップ
チューブラとソリッドティップ

アジングロッドには2種類のロッドタイプが存在します。1つはチューブラ、もう1つはソリッドティップ。ざっくり言うと穂先の違い表していて、それによりアジングのスタイルが異なってきます。

アジのアタリに対して積極的に掛けて釣りたい人は高感度なチューブラタイプ、穂先が柔らかくフッキングしやすさを求めるならソリッドティップモデルが良いです。初心者はソリッドティップのアジングロッドが釣りやすいと思います。

チューブラモデルは掛け調子

アジングロッドはカーボンで出来ています。製造過程でカーボンプリプレグ(カーボンシート)を鉄の棒(マンドレル)に巻き付けてから焼き、鉄の棒を抜き取って作るので中空(チューブラ)になっています。チューブラモデルは、穂先まですべてが中空になっており、高感度でアジの繊細なアタリを感じやすいというメリットがあり、掛ける釣りに適したアジングロッドです。

ソリッドティップは乗せ調子

ソリッドティップのアジングロッドは、名前の通り穂先が詰まったものです。チューブラロッドの穂先部分をソリッド穂先に付け替えたものになります。ソリッドティップは空間が必要なチューブラモデルよりも細く成型できるので、より柔らかい穂先に仕上げる事が可能。細い分、柔らかいのでアジの吸い込みやアタリに追従してくれるため、乗せやすいという特徴があります。

代用できるロッドは?

代用出来るロッドは?
代用出来るロッドは?

アジングロッドに代用できるロッドはトラウトロッドやメバリングロッド

メバリングロッドは、アジングロッドのパワーアップ版という感じのモノが多く、そもそも海での使用前提なので全く問題ありません。全く同じではありませんが、便宜上アジングロッドとメバリングロッドを分けてる場合が多く、使用ルアーやリグもほぼ同じですので代用可能です。

トラウトロッドも軽量ルアーの使用と繊細であるという面では、ロッドの調子などは異なりますが同じくアジングロッドのように扱えます。ただ、海水前提の仕様ではありませんのでメンテナンスに注意が必要になりますね。

他にも遠投系のアジングの場合は、感度が良くアジのアタリを弾かないような繊細なティップを備えたルアーロッドであれば問題ありません。ソリッドティップを使用したエギングロッドや穂先が細いロックフィッシュやシーバスロッドなどでも出来ると思います。ただ、遠投先で釣れるのが小アジだと全く面白く無いかもですが。

おすすめアジングロッドを紹介!

尺アジ
尺アジ

巷には、かなりの種類のアジングロッドが売ってます。個人的に気になるアジングロッドをピックアップしました。買うかどうかは別として、実際に一番使ってみたいのは34の「アドバンスメントUBR-510」。初心者用の超ショートな+Eも楽しそうですね。最新の21月下美人MXも良い。コスパ的には20コルトUXが一番良さそうです。感度重視の硬めロッドも良いですし、キャストしやすく魚とのやりとりが楽しめるシナリ系も良いですね。最終的には好みですが最初の1本ならブルーカレント3の63モデルを選ぶと思います。

コスパ良し!なアジングロッド

THIRTY FOUR +E 410M(サーティーフォー)

アジングやメバリングの専業メーカーである34が「初心者向け」に立ち上げたブランド「THIRTY FOUR +E」の第一弾製品が初心者向けロッドの「THIRTY FOUR +E 410M」。驚くべきはそのレングスで4ft10inch(1.25m)とアジングロッドの中でもかなり短めの部類になります。漁港や湾港部など足場が良く飛距離をそれほど必要としない場所に最適。感度が良く扱いやすいを主眼におき「初心者に使い易い」を徹底的に考えたロッドになっています。

21コルトUX(オリムピック)

ブランクスメーカーであるオリムピックの最新アジングロッドがコルトUX。コルトシリーズと言えば高級アジングロッドという印象が強かったのですが、2020年に新たにリリースされた20コルトUXは定価1.2万円前後と非常にリーズナブルな入門モデル。全モデルにステンレスフレームSiC-SリングKガイドを採用、グラファイトクロスLVと呼ばれる従来よりも軽量化された素材を使用しています。ジグ単向けのショートモデルから10gまで扱えるセミロングモデルまで、合計5種類がラインナップされており、用途によって使い分け可能です(2021年に2モデル追加されて合計7モデルになりました)

40cm〜のギガアジをこのロッドで釣っている動画は迫力ありますね↓

21月下美人MX アジング(ダイワ)

ダイワのライトソルトゲームブランド「月下美人」から最新のアジングロッド「21月下美人MX アジング」がリリースされました。HVFナノプラス製のブランクやカーボンソリッド「MEGATOP」、カーボン樹脂製のエアセンサーシートを採用しており軽量・高感度なアジングロッドになっています。ジグヘッドスペシャルなショートモデルからプラグやフロートに対応したモデルまで全5機種が用意されています。

ブルーカレント3(ヤマガブランクス)

ブルーカレントⅢ
ブルーカレントⅢ

ブルーカレント2が2020年にフルモデルチェンジしブルーカレント3として生まれ変わりました。ジグ単向けの5.3ftのショートレングスモデルから8.2ftの遠投向けロングレングスモデルまで、スピニング8機種・ベイト3機種をラインナップしています。

本格的なソルト用ライトゲームロッドとしては手頃な2万円台から手に入れる事もできるのも良い点です。非常に人気の高いロッドですので、品切れすぐ事も多く欲しいモデルを見つけたら買いかもしれないですよ。

後述するブルーカレント2の68モデルを個人的には非常に愛用しておりますが、このブルーカレント3、めっちゃ欲しいです。軽量で感度良く使いやすいのがブルーカレントシリーズ。初心者〜上級者まで使えるアジングロッドで間違いないですね。初めての1本なら63か69↓あたりがおすすめ。

ガイドポスト(34)

ガイドポスト(GUIDEPOST )は、アジングやメバリングなどのライトソルトゲーム専業メーカーである34(サーティーフォー)が開発した初心者向けのアジングロッド。2万円以下という専業メーカーが作ったロッドとしては破格ではないでしょうか。そし、初心者向けアジングロッドとは言え、ライトゲームの事ばかりを考えた専業メーカーがこだわって作った品質は本物。装飾などの無駄を省くことで低価格に抑えてあります。レングスは5.7ft、6.2ft。6.9ftの3種類が用意されています。

アジストTZ(テイルウォーク)

テイルウォーク:アジストTZ 58/SL
テイルウォーク:アジストTZ 58/SL

テイルウォークのアジストTZ。ソリッドティップモデルで穂先もかなり細く出来ています。トルザイトリングという薄型軽量なガイドリングを使用しているロッドとしては、かなり手頃な値段設定。同じような他のロッドだと恐らく3万円〜5万円ぐらいでしょうか。ロッドとしてはぱっつん系。しゃっきりとした硬めのロッドでワンピースということもあり感度は上々。割と長めのソリッドティップ部分でフッキング性能も良いです。グリップがアルミ素材で冬場は触るとめっちゃ冷たくなってます。見た目もかっこよいです。

ハイエンド「アジングロッド」

アドバンスメントUBR-510(サーティーフォー)

34の10周年記念モデル「アドバンスメントUBR-510」。「究極のしなり」を求めて開発されたスローテーパーのアジングロッド。極軽量なジグヘッドをキャストできる5ft10incのショートロッドになっています。コルクグリップが使われていて見た目も非常に高級感があります。

ul-76 P2 torzite(Go-Phish)

ul-76 P2 torziteは大阪の老舗インディー釣具メーカー「ゴーフィッシュ」のライトソルトゲーム用ロッド。先日釣友に使わせてもらったのですが非常にしなやかなロッドで、一見ペナペナな感じがするのですが、キャストもしやすく魚もかかりやすくバレにくいと正直かなり良かった。トルザイトモデルになって、値段的には結構しますが1本あればアジング〜メバリングのジグ単からプラグゲームまでライトゲームの広範囲をカバーしてくれるロッドだと思います。人気の割に製造ロット数が少ないので、毎年品切れしています。見つけたら買いかも!

長さ : 7.6フィート(2ピース)
ライン範囲:PE 0.2-1 F.C 1-5
ルアー範囲:1-10g

ブルーカレント TZ(ヤマガブランクス)

ブルーカレント76TZ
ブルーカレント76TZ

ブルーカレントTZシリーズはガイドにトルザイトリングとチタンフレームを使ったモデル。非常に軽量・高感度なロッドに仕上がっています。個人的には既にカタログ落ちしましたがブルーカレント76TZを愛用しており、主にプラグゲームやフロートリグのアジングに使っています。(写真のように根魚やメバルなどでも使えます)全モデルを触った訳ではありませんが、総じて硬すぎず柔らかすぎないという使用感でベーシックで使い易いロッドだと思います。ラインナップも豊富で6ft2インチのジグヘッド単体向けショートモデルから遠投が可能な93TZまで長さとパワー違いの8機種が用意されています。ジグ単のみなら62TZ、バーサタイルに使いたいなら71TZが良いですね。

ブルーカレント85TZ(ヤマガブランクス)

8.5ftと長めのロッドで、〜20gぐらいのリグを思いっきりキャストできるので、かなり遠投したい場合のフロートアジングで使っています。レングスはありますが軽量で高感度、パワフルですがしっかりアジの「コツッ」という小さなアタリもしっかりと拾えます。シーバス、ワインド、チニング、ロックフィッシュなど中型魚種も狙えるロッドです。1本あると色んな釣りに活躍してくれるロッドです。ただし、それなりにパワフルなので小さなアジが釣れても面白くないですけどね。ぜひ25cmオーバーのアジ狙いで使ってください(笑)

クリスター(クリアブルー)

ライトソルトゲームの専業メーカー「クリアブルー」のこだわりが詰まったハイエンドアジングロッドが「クリスター(Crystar)」シリーズ。前述したコルトを開発したメーカー「オリムピック」と共同で開発したロッドで、「トレカ ®M40X」「トレカ ®T-1100G」などの最先端カーボン素材をブランクスに使われています。ガイドにもチタンフレームトルザイトなどを使用し可能な限り軽量化、0.3gの極軽量ジグヘッドの重みまで感じとれるようにセッティングされたアジングロッドになっています。ベイト1,スピニング3の合計4機種がラインアップされています。ClearBlue代表の本岡氏のこだわりが体現されたハイエンドアジングロッドです。

アジングはロッドが重要!!

良型のアジ
良型のアジ

アジングはロッドが非常に重量な釣りです。ジグヘッドの重さに合わないロッドを使うと本当に何をやっているか分からなくなります。自分がやるであろうアジングを想定して、しっかりと合うロッドを探しましょう。お気に入りのアジングロッドを手に入れて沢山アジを釣り上げましょう!

リール
アジングリールの選び方
アジングリールを紹介!おすすめモデルや選び方を詳しく解説【2022年】

2022年時点の最新アジングリールを紹介しています。サイズ(番手)などのアジングリールの選び方、初心者向けモデルから最強のハイエンドモデルまで色々と紹介。 アジングリールの選び方 アジングリールは基本 ...

続きを見る

アジング
尺アジ
アジング入門!おすすめタックルや釣り方・仕掛けを紹介

アジングをやってみたいけど「どんなタックルを使えば良いの?」「ワームやジグヘッドは何が良い?」「釣り方は?」など、色々と分からない事も多いですよね。 この記事ではアジングのタックルや仕掛け、基本的な釣 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-アジング, ロッド