60cmオーバーの真鯛が普通に釣れる

https://go-fish.net

※本ページは広告リンクを含みます

一つテンヤ リール

一つテンヤ用リールのおすすめを紹介!番手や選び方を解説

一つテンヤはマダイや根魚、マゴチやヒラメなどを狙う釣法。この記事では一つテンヤ釣りに最適なリールの番手(サイズ)などの選び方や、一つテンヤにおすすめのリールを紹介しています。

一つテンヤ釣りとは?

一つテンヤとは?
一つテンヤとは?

一つテンヤ釣りは船釣りの一種でマダイや根魚を狙うのに適した仕掛けです。この釣りでは、テンヤ針と呼ばれるオモリとフックが一体になったモノにエビを付けるだけという非常にシンプルな仕掛けを使います。一つテンヤの釣り方は、ボトムを取った後にリフト&フォールの動作を繰り返し、ターゲットであるマダイなどを誘います。醍醐味は繊細なアタリを感じ取り、それをうまくフッキングさせる事。時には70cmを超えるような大型の真鯛が釣れる事もあり、使用するリールも最適なモノを選びたいところです。

関連記事
85cmの真鯛
一つテンヤに行ってきた!タックルや仕掛け釣り方などを紹介!

85cmの真鯛(釣友のやつ) 一つテンヤに行ってきました。お世話になったのは明石の「丸松乗合船」さん。明石の遊漁船では初めて「一つテンヤ(テンヤマダイ)」を始めたとの事。これまでは、タイラバや鯛サビキ ...

続きを見る

一つテンヤのリール選びについて

一つテンヤのリール選びは?
一つテンヤのリール選びは?

一つテンヤ釣りで重要なリールの特性は、ドラグ性能、巻き取り性能、耐久性、そして重量バランスです。番手は2500番~4000番のスピニングリールが最適で、細いPEライン(0.6号〜0.8号)を使用することで着底が分かりやすくなり、より繊細なアタリを感じ取りやすくなります。リフト&フォールのテクニックを用いるため、リールの巻き取り速度や軽量性も重要です。

ベイトタックルでも大丈夫ですが個人的にはスピニングのが好みかな。ベイトならエンゲツとかバルケッタみたいなやつでOKです。底取りするのでカウンターは無くても良いから、小型ベイトでハンドル長めのやつなら良いと思います。ラインはスピニングと同じでPE0.6号か0.8号。

つりにいく

番手(サイズについて)

スピニングリールの番手(サイズ)としては、シマノやダイワの2500番〜4000番ぐらいが最適サイズとなります。これはロッドとの重量バランスや使用するPEラインの号数を考えた場合に丁度良い番手となります。ラインは200m巻いて置けば良いです。ちなみに多くの方は3000番クラスを選んでいます。

ドラグ性能は重要

一つテンヤでは、15cmぐらいの小さい真鯛から70cmを超えるような大型の真鯛や青物、ヒラメなども釣れます。前述していますが、最適なリールサイズが2500番〜3000番ぐらいと、そこまで大きなリールではなく利用するラインもPE0.6号や0.8号と割と細いです。細いラインを使う理由は、できるだけ軽いテンヤを使う方が良く釣れるからで、軽いテンヤを着底させるためには細いラインでないとPEラインに浮力があり沈みにくく、そして感度が悪くなってしまうからです。結論として、細いラインを扱いやすいサイズのリールで、細いラインで大物とやり取りする可能性が高い釣りなのでドラグ性能はとても重要な釣りになります。

ギア比は人による

ギア比が高いとハンドル1回転あたりの糸巻き量が増えます。その結果、仕掛けの回収が素早く行えるようになります。一つテンヤでは、餌が取られたり、歪んだりする事が多く手返し良く餌の交換が必要になります。なので、ハイギアやエクストラハイギア設定のリールがおすすめです。ただし、力が弱い方などはパワーギアやノーマルギアの方が楽に巻けるので、良いと思います。

耐久性や剛性について

最近のリールは丈夫なので、大手メーカーのリールであれば壊れるような事はあまり無いですが、それでも耐久性や剛性が低いとスプールやリール自体がたわんでしまい、リーリングしにくくなります。なので、ある程度のクラスの剛性や耐久力のあるリールがおすすめです。

おすすめリール

24ツインパワー(シマノ)

出典:シマノ 24ツインパワー
出典:シマノ 24ツインパワー

2024年のフィッシングショーでお披露目されたシマノ最新のスピニングリールが24ツインパワー。質実剛健がコンセプトのリールで、モデルチェンジを繰り返し今年で37年目となります。実用レベルで既にフラッグシップモデルであるステラと同等の使い心地というインプレもあり、剛性が必要な一つテンヤにもピッタリのスピニングリールです。ローターやボディにアルミを使っているので、剛性は高いですが本体はその分重たいので、2500番または3000番がおすすめです。個人的にも欲しいリールの1つ。

24セルテート(ダイワ)

西の24ツインパワーに対し東の24セルテートってな具合で、今年リリースされたダイワの最新スピニングリールです。こちらも質実剛健がテーマで、同時期にいつもかち合ってリリースされるので、アングラーを悩ませるリール。モノコックボディと呼ばれる一体型で整形されたフルメタルボディで耐久力と剛性が高く、今年のモデルは旧モデルと比べて巻き感がとても軽くなっていました。

23ストラディック(シマノ)

2023年にリリースされたシマノのミドルスペックスピニングリールが23ストラディック。インフィニティドライブやインフィニティクロス、アンチツイストフィンといった、最新ステラに搭載されていた新機構をいち早く取り入れたミドルスペックモデルとなっており、とてもコスパが高いと言えます。剛性や耐久性も十分で自重も3000MHG番で245gと十分に軽量。これから長く使いたい人にも最適な選択だと思います。

一つテンヤについて教えて

つりにいく

私は一つテンヤで4000MHG(PE0.6号)を使ってます。皆よりちょっと大きめかも!?

みんなの意見

一つテンヤのリール番手は?
一つテンヤに最適なギア比は?
  • この記事を書いた人

つりにいく

海のルアーフィッシングや船釣りなどを楽しんでいます。気になるタックルや使っみたアイテムなどのインプレ記事や関西を中心とした釣行記などを中心としたブログ記事を掲載しています。宜しくお願いします。

-一つテンヤ, リール
-,