釣り&タックル情報サイト

つりにいく

カルティバ(cultiva) ショアジギング ルアー・ワーム

ショアジギングにおすすめのメタルジグ「撃投ジグ」5種類の使い分け

更新日:

ライトショアジギングから本格的なショアジギングまで、幅広い魚種をカバーするカルティバ(cultiva)のメタルジグ「撃投ジグシリーズ」の使い方動画が公開されました。

ショアジギングにおすすめのタックルや釣り方など、これからショアジギングを始める方には下記記事がおすすめです!

おすすめ
ショアジギングとは?
ショアジギングを始めよう!初心者におすすめのタックルや釣り方などを紹介

ハマチやブリ、ヒラマサなどの青物からキジハタ、アカハタなどの根魚まで、様々な魚種を陸から狙える「ショアジギング(ショアキャスティング)」について、これから始める初心者向けにショアジギング入門として解説 ...

続きを見る

ショアジギング用メタルジグ「撃投ジグ」シリーズの使い分け動画

撃投ジグ、撃投ジグエアロ、撃投ジグレベル、撃投ジグTGエッジ、撃投ジグウルトラスローと5種類のコンセプトが異なる撃投ジグの使い方を、開発担当のオーナーばり吉成秀人さんが説明してくれています。

メタルジグ「 撃投ジグ」の特長

撃投ジグ

撃投ジグ

ショアからの釣りに特化した撃投シリーズの第一弾。頑強さ、引きの軽快さ、飛距離、キレあるアクションがあらゆる状況に対応するメタルジグ。

撃投ジグのコンセプト

ただ頑強なだけのジグが必要なら、ボディ、ワイヤーコーティング、その全てを、分厚く・太くすれば事足りる。

しかし、それではキレのある動きが損なわれ魚を誘わない。そもそも、ジャーグが重くては疲労がひどく、ショアからは投続できない。また、エッジの効いたスライド系の繊細なジグも、すでに優れた選択肢が多く用意されている。

しかし、本来、デッキの上で使う設計のものは、磯では「コンッ」と当たっただけで曲がったり、折れたりする…。ほんの数投でホログラムが「ペキリ・ぺロリ」と剥げたりする。

ショアにはショアの機能が必要だ。「頑強なこと」と「薄く、動きにキレがあり、引き抵抗が軽いこと」の両立、その双方を両立させてこそショア専用と考え、追求したのがタフボーン(PAT.P)

メタルジグ「撃投ジグエアロ」の特長

撃投ジグエアロ

撃投ジグエアロ

遠くへ飛ばすためのスペシャルモデル。矢羽根のようなエアロアイとリアウェイトより、空気抵抗を制御し圧倒的な飛距離を実現したメタルジグ。

撃投ジグエアロのコンセプト

「飛び」に特化した。それがエアロ。飛びの理由は、矢羽根のように空気抵抗を整流する「エアロアイ」。

リアウェイト効果とあいまって、潮目やナブラまで届く圧倒的なキャストフィールを実感できます。そして軽いジャークでもよく動き杯アピールタイプ。誰にでも使いやすく、ジャークパターンを選びません。

メタルジグ「撃投ジグレベル」の特長

撃投ジグレベル

撃投ジグレベル

タメのきく水平フォールが特長。スローなジグ操作で喰い渋る魚に口を使わせる「低活性時」のスペシャルモデルなメタルジグ。

撃投ジグレベルのコンセプト

レベルの目指したものはタメのきく水平フォール。スローなジグ操作で真価を発揮します。
オフショアではすでに、スローコンセプトの優秀なジグがいくつか発表され、今まで口を使わなかった魚達を次々に引き出す成果を見せています。スローな操作に使える、タメのきくジグがショア用にもあれば・・・。

しかしながら、撃投は「落とすジグ」ではなく「投げるジグ」ハードなフィールドでの酷使に耐えなければなりません。求められる機能は船からのそれとは異なります。まずタフでなければなりません。しかも飛ばなくてはなりません。できれば、軽快でなくてはなりません。

着底感も、操作感も、魚のまとわりつきも・・・。全てが鈍くなるのがショアの釣り。だからこそ諦めずに、繊細な操作を極めたいと思う。タメのきく、フロントウェイトジグ「レベル」こいつなら、またひとつ新しい世界が拓ける事は、間違いありません。

メタルジグ「撃投ジグTGエッジ」の特長

撃投ジグTGエッジ

撃投ジグTGエッジ

「動き、水平フォール」するタングステン製のTGジグ。動かない、すぐに尻落ちしてしまう従来タングステンジグの弱点をフォルムデザインとウエイト配分により打破したメタルジグ。ベイトが小型時に強いのも特長。

撃投ジグTGエッジのコンセプト

「ジャークしても動かない」、「すぐに尻落ちしてしまう」といった従来タングステンジグの泣き所を、フォルムデザインとウェイト配分によってクリアすることに成功。「動くこと」「水平フォールすること」を実現しました。

それらは結果として動きで魚を誘い、食わせの間を確保し、釣果に直結するタングステンジグとなったわけです。フルメタル、比重18のタングステン素材ですから飛距離も圧巻。

急潮攻略にも有効です。なお、アイはレーザーカットラウンドアイですから抜けはありません。大型魚にも対応します。※タングステンの素材特性上、ホログラムが剥離しやすくなっております。

メタルジグ「撃投ジグウルトラスロー」の特長

撃投ジグウルトラスロー

撃投ジグウルトラスロー

撃投ジグウルトラスローはボトム攻略のスペシャルモデル。ボトムを狙い打つことができ、ゆらゆらと艶めかしい水平フォールによって、ボトムに潜むターゲットや低活性な魚を攻略可能なメタルジグ

撃投ジグウルトラスローのコンセプト

言い切ってしまおう。ジグのバイトのほとんどはボトムだ。
このウルトラスロー、どんなに激しくジャークしても、ジグ自体が自走後半期に急激にブレーキをかける。

自走距離はスタンダードジグの半分以下だ。よって、「跳び」を抑え、激潮エリア、ここぞというスポットでもボトムレンジをキープし続ける。必要以上にボトムレンジから浮かない。レンジを外れない。しかも、水平フォールは、ユラユラと、スルーになまめかしい。ボトムに張りついた魚や低活性な魚にすこぶる強い。

広範囲に探るジグではない。ボトムのみを狙い澄ますのがウルトラスロー。ジグ自体がバイトゾーンのみを集中的に狙い打ってくれる。ショアスローを極める最終ジグだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-カルティバ(cultiva), ショアジギング, ルアー・ワーム

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.