釣り&タックル情報サイト

つりにいく

ジグヘッド・シンカー タチウオ フィッシュアロー ルアー・ワーム ワインド

太刀魚ワインド用のフック「ワインドタチフック」でアシストフックが不要になりそう!?

更新日:

こんにちは。インクスレーベルがプロデュースしている包丁の第3回目の受注申し込みが始まりましたね。2017年7月20日までの受付ということなので、気になる方はチェックしてみて下さい。

既に売切れですが...インクスレーベル(INX Label)釣り人専用「青紙包丁」

さて、本日はフィッシュアローから登場したフラッシュJに最適な「ワインドタチフック」と同時に追加されたフラッシュJルミノーバの「ブルールミノーバ」を紹介。

ワインドタチフックは独特の形状になっていて、今までのトレブルフック(トリプルフック)+アシストフックが1つに合体したような感じのアイデア商品。関西の沖堤や和歌山県ではタチウオもあがってますので、秋のシーズン本番前に楽しみなアイテムです。

↓ワインドタチフックを買ってみました。

兵庫突堤(兵突)でタチウオ狙いのワインド&ドジョウの引き釣りに行ってきました!

太刀魚ワインド用のフック「ワインドタチフック」の特長

太刀魚ワインド用フック「ワインドタチフック」の特長

太刀魚ワインド用フック「ワインドタチフック」の特長

上の写真を見た通りですが、ワインドタチフックはトレブルフックの上部をワームに引っ掛ける形状に。そして通常アシストフックを付けないといけないのですが、既に大型のフックになっています。

これまではワインド用ジグヘッドのトレブルフックに、別途購入したアシストフックをセットするなど、若干手間がかかりましたし、アシストフックが右に左にとずれたので、これだと楽チンだし安定感がありますね。

フィッシュアロー公式ページの説明だとフラッシュJ専用(フラッシュヘッド用)ということですが、恐らく問題なく他社のワインド用ジグヘッドに装着できそうです。

そして、ワームを引っ掛ける部分「ツインキーパー」によって、フラッシュJ内部のアルミに引っかからないようになっているそうです。この辺りはフラッシュJ専用設計。

確かに通常のトレブルフックをフラッシュJルミノーバなどに引っ掛けると、内部のアルミに引っ掛かりグチャグチャになり、最後にはアルミ箔がワームから出てくる事がありましたので、このツインキーパーは何気に良いですね!

フラッシュJ SW ブルールミノーバも同時に登場

フラッシュJ SW ブルールミノーバは、通常のグリーンっぽい発光ではなく「淡い青色」に発光。非発光時は通常版の差異が無いので、ブルールミノーバ版は目の部分が青色になっているということです。

夜タチウオ最強!?フィッシュアローからフラッシュJ SW ルミノーバが登場!

基本グリーン(通常)ばかり使っているので、発光カラーによる釣果の違いを体感した事はないですが、ケミホタルなどの発光体もブルーやグリーン、レッドなどがあり潮の色によって使い分けると良いみたいな事を聞きますので、使い分けるのも面白いかもしれません。1人だけ爆釣なんてこともあるかもしれませんね〜。

ワインドタチフックは、3個入り 定価600円、フラッシュJ SW ブルールミノーバとシャッドバージョンは各5本入り 定価840円となっています。どちらも発売日の記載ありませんでしたが、近日中には発売されそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-ジグヘッド・シンカー, タチウオ, フィッシュアロー, ルアー・ワーム, ワインド
-, ,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.