ロッド

ティップランロッドのおすすめを紹介!個人的に使っているロッドなど。

ティップランロッド!!
ティップランロッド!!

船からアオリイカを狙う「ティップランエギング」。ショアエギングと違い30g〜の重たいエギをシャクるという動作と、繊細なアタリをティップの動きでとらえるという「静と動」の瞬間が入れ替わる釣りなので、ロッドの性能が釣果に繋がりやすいと思います。そんなティップランエギング専用ロッドの2021年最新版や個人的に使っているものや狙っているロッドを紹介したいと思います。

ティップランロッドの特徴

穂先が繊細
穂先が繊細

ティップランエギングは船の上からアオリイカを狙う釣り。そんなティップランエギング用に開発されたのがティップランロッドです。最大の特徴はしっかりしたベリーとバットでエギをしゃくれるようになっていること。そして繊細な穂先を有している事です。

長さ

ティップランエギングは船からの釣りなので、あまり長いと取り回しが良くなく扱いにくい、そして、あまり遠くまでエギをキャストする必要が無いので短めのティップランロッドが多いです。メーカーによって異なりますが、5.5ft〜7ft前後ぐらいのレングスのものが多いです。短いほどロッド操作がやりやすいですが、波があったり船の先端(ミヨシ)が釣座の場合は長めのロッドが使い易い場合があったりと状況によっても最適なロッドの長さは異なります。最初に購入するなら6.5ft〜7ftの汎用性の高いものが良いと思います。

調子

ティップランロッドは穂先が繊細でベリーからバットはしっかりしていると書きましたが、カワハギロッドのような極先調子ではなく、8:2や7:3ぐらいの調子のロッドになっています。エギがシャクリやすく、穂先でアタリを取れて、イカがかかるとベリーまで曲がるようなセッティングの竿になっています。

硬さ(ロッドパワー)

L(ライト)やM(ミディアム)やH(ハード)などロッドには硬さ(パワー)の表記があります。これは扱いやすいルアーの重さ範囲を示しており、メーカーによって若干異なります。ティップランロッドではMLやMクラスのロッドは汎用的な範囲です。具体的には30g〜40gぐらいのエギが扱いやすいロッドが最初の1本として最適だと思います。

ティップランロッドのおすすめを紹介!

ティップランロッドのおすすめを紹介!
ティップランロッドのおすすめを紹介!

色々なメーカーからティップランロッドが発売されています。個人的に使っているお気に入りティップランロッドや、2021年時点で最新のモノ、気になるロッドをピックアップして紹介しています。

バトルウィップTRシリーズ(ヤマガブランクス)

個人的に最も欲しいティップランロッドの1つがヤマガブランクスのバトルウィップ。3種類のモデルが用意されていますが、中でも「バトルウィップTR 63/N Type-N / No Look」ってのが短めで使って楽しそうなので次購入するならって感じで狙っています(すぐ売り切れますが)。このロッド、コンセプトがNo Lookってことで、ティップでアタリを取る以外にも手元に伝わる感度も重視したロッド。取れるアタリの数も増えるかもしれないですね(期待値込めて)

エメラルダス MX ボート(ダイワ)

エメラルダス MX ボート
エメラルダス MX ボート

愛用しているティップランロッドがエメラルダス ボート。ダイワのミドルクラスのティップランロッドです。特徴である軽いブランクスとシャッキリした操作性感でエギがシャクリやすくて気に入っています。メガトップというカーボンソリッドティップが繊細でアタリが取りやすいです。私が使っているMモデルはベリーからバットにかけてしっかりしているので、重めのエギでも問題なく扱えるので色んなシチュエーションで使えます。ちなみに、ダイワのティップランロッドには上位モデルに「エメラルダス AIRボート」とハイエンドモデルに「エメラルダス EX BOAT」もあります。

セフィア CI4+ ティップエギング(シマノ)

シマノのミドルクラスのティップランロッドが「セフィア CI4+ ティップエギング」。ハイエンドモデルに採用されているXガイドやチタンフレームなどを搭載しており上位モデルに迫るスペックになっています。5ft11インチのショートモデル以外は、全て6.8ftに統一された長さで、ロッドパワーの違いで状況に合わせていくといった選択が可能。タフテックαっていうカーボンソリッドティップがかなり繊細なので、小さなイカパンチも逃さないってのも魅力的です。下位モデルにセフィアBBとセフィアSS、そして最上位モデルに「セフィア エクスチューン ティップエギング」などがあります。

ブリゲイド フリップ TR(テンリュウ)

2021年にリリースされた最新のティップランロッドがテンリュウの「ブリゲイド フリップ TR」。ティップランだけでなくイカメタル(オモリグ)やバチコン、SLJなどの利用も視野に入れて開発されたロッド。開発者さんの解説によるとシャクったあとのティップのブレの収束時間短縮にこだわったとのことで、シャクってピタッと止めた瞬間のアタリを拾いやすくなっているってこと。ティップランで非常に重要なタイミングだと思うので良さそうですね。他にもブランクスに弾性が異なるマグナフレックス製法を使っていたり、カーボンナノチューブ素材を採用するなど贅沢な作りのティップランロッドに仕上がっています。

エメラルダス X ボート(ダイワ)

2021年8月にリリースされた最新のティップランロッドが「エメラルダス X ボート」。ダイワの入門ロッドライン「X」シリーズからは初めてのティップランロッドだと思います(たぶん)。5機種用意されていて、すべて1万円台という手頃な価格で手に入るというのが最大のメリット。見た目も良い感じです。初めての人にも最適ですし、サブロッドとして用意する人にも良いですね。IL(インターライン)モデルもあるので穂先にラインが絡むのが嫌だって方にもおすすめ。

ティップランロッドの代用ロッドは?

カンジインターナショナルのオモリグロッド「月弓」
カンジインターナショナルのオモリグロッド「月弓」

ちなみに、代用ロッドとして最適なロッドも合わせて紹介しておくと、ティップランロッドに近い特性を持っているロッドとしては、オモリグロッドやバチコンアジングロッドが該当します。ワームやエギをシャクったりアクションさせて誘う面や、アタリが繊細でティップが補足柔らかい面などが非常に似ています。なので、錘負荷があっていれば問題なく使えると思います。

関連記事
ティップランエギングのタックルや釣り方などを紹介。

ティップランエギングについて、基本的なタックルやエギ、釣り方などを紹介しています。 ティップランって何? ティップランエギングは基本的に船からやるエギング。通常のエギングとは違って水深のあるディープエ ...

続きを見る

関連記事
ティップラン用エギって何が良い?カラー選びや重さなど。

ティップラン用エギを紹介。個人的に使っているエギや定番&人気のおすすめティップラン用エギをピックアップしています。ページ最下部では好きなティップランエギの投票もやってるんで良かったら参加していって下さ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-ロッド
-,