タイラバ タックルハウス ルアー/ワーム/ジグ

タイジグ(タックルハウス)を買ってみた!

タックルハウスの「タイジグ」を買ってみました。タイラバの合間にやってみようと思って用意したんですが、肝心の鯛ラバに行けない。ってことで、実釣には使ってないですがタイジグの紹介。

タイジグ(タックルハウス)って何?

タックルハウス「タイジグ」

タックルハウス「タイジグ」

鯛ってジギングをしていると喰ってくる事もあり、結構ジグでも釣れるものです。このタイジグ、名前の通り鯛を狙うために開発されたメタルジグ。

購入したのは、何となく釣れそうな予感がする「オレンジ×ゴールド」。明石で使いたいと思い60gをチョイス。

↓タックルハウス公式サイトの説明を抜粋

ただ巻きで良し、誘って良し。

マダイジギングにおいて、積極的な誘いにも対応することで「自らの意志による」釣りの楽しみを 広げることを目的に開発。T断面の特殊形状でアクションも思いのまま。フォールは蛇行しながらヒラヒラとロール。リトリーブでは特殊な断面形状により、姿勢を保ち、ロールを伴いながらテールを振ります。シルエットは魚類にも甲殻類にも見えバイトを誘発します。 引き抵抗が軽く、潮や流れの変化、リーリングでナチュラルに動きが変化します。

出典:タックルハウス「タイジグ」

普通のジグとは形状が大きく異る

真上から見たところ

真上から見たところ

メタルジグといっても形状はかなり異なり、印象的にはインチクみたいな形にも見えます。

真横から見たところ

真横から見たところ

上部は完全にフラット。タックルハウスのルアー特有の「目」がカワイイです。これだけで買ってしまうw

正面から

正面から

正面から見ると分かりますが、船のよう形をしています。

裏から

裏から

ヘッド部分にボリュームを持たせてありますね。

↓スリムタイプもあるみたい

タイジグの動きと使い方

タイジグの使い方

タイジグの使い方

パッケージにはタイジグの基本的な動き(アクション)が記載されています。

  • フォール時:蛇行しながらヒラヒラと水平に落ちていきます
  • リトリーブ:特殊形状で回転しない
使い方

使い方

タイジグはバーチカルでも、キャストしても使えるルアー。使い方は鯛ラバとよく似ていて、底をとってからただ巻きが基本ですが、大きく違うのはアクションを入れて誘いを入れたりする場合もあるところ。

実釣動画

ちなみに、タイジグのフックは別売りなので、別途用意が必要です。フックサイズやセッティングについては、タックルハウスの公式ブログで紹介されていますので、こちらを参照して下さい。

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-タイラバ, タックルハウス, ルアー/ワーム/ジグ
-