釣り&タックル情報サイト

つりにいく

ショアジギング ルアー・ワーム

狂鱗「ロックスライド」で青物狙い!ARCで風があっても良く飛びます。

更新日:

ショアジギ@煙樹ヶ浜

ショアジギ@煙樹ヶ浜

こんにちは。先日は久々に煙樹ヶ浜にショアジギングに行ってきました。早朝暗いうちからポイントに入る予定だったのですが、前日のヤエン釣りを頑張りすぎて目覚ましに全く気付かず起きられませんでした(涙)ってことで結局、夕まずめ狙いに変更。そして、この日使ったのですが、コルトスナイパー「狂鱗ロックスライド」を購入したので写真付きでレビュー。

狂鱗「ロックスライド」を買ってみたよ!

狂鱗ロックスライド

狂鱗ロックスライド

ロックスライドはシマノのロックショア用大型プラグ。特徴は狂鱗と呼ばれるシマノ独自のホログラムにより、本物のイワシの鱗のようなカラーリングを再現しています。ARC重心移動システムを搭載しており、飛距離が稼げるのも使いやすい点。新たに開発された3Xボディは従来のルアーより3倍も強度があり、まさに岩場で使う事を想定した大型プラグになっています

スペック

スペック

今回購入してみたのは、キョウリンイワシカラー(狂鱗イワシ)。プラグタイプとしては、シンキングペンシルです。

3Xボディ

3Xボディ

このロックスライド、ロックショアで使う事を前提に作られた「3Xボディ」という新開発のボディで従来比3倍強い耐衝撃性。ターゲットは青物やヒラスズキ。

ARCシステムで良く飛ぶ

アクションなど

アクションなど

シンキングタイプなので、表層から狙いの層までを攻められるようになっています。実投データでは無風状態・10ftロッド+PE3号タックルで70m〜77m程度の飛距離がでるとのこと。良く飛びます。

ARC搭載

ARC搭載

良く飛ぶのはARCシステム(重心移動システム)による恩恵ですね。実際この日使ってみましたが、向かい風恐らく4〜5mぐらいありましたが、40〜50mぐらいはキャストできていたように思います。

狂鱗はまさしくウロコ。

狂鱗

狂鱗

狂鱗

狂鱗

そして、シマノのオリジナルホログラム「狂鱗」。まさしくイワシの鱗でした。

ロックスライドのアクション

基本的な使い方としては、ただ巻き+トゥイッチング。↓ロックスライドの動き

釣果は・・・

夕暮れの煙樹ヶ浜

夕暮れの煙樹ヶ浜

と非常に釣れそうなプラグでしたが、2時間程一生懸命投げましたが夕方の煙樹ヶ浜に青物は回ってこず。やっぱ朝マズメが良さそうです。残念ながら釣れませんでしたけど、気持ちの良いキャスト練習ができました!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-ショアジギング, ルアー・ワーム

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.