釣り&タックル情報サイト

つりにいく

ヤエン釣り

ヤエン@白浜に行ってきたけど超激渋でした(涙)

投稿日:

週末はヤエン釣りに南紀白浜まで行ってきました。いつも通り釣り太郎さんで活アジを12匹仕入れて現地ポイントに到着したのは午前4時ぐらい。入りたい場所にはすでにヘッドライトの明かりが見えたのですが、見に行ってみると二人ぐらいは入れそうだったのでお願いし、空いてるとこに入れてもらいました。

ヤエン@白浜に行ってきたけど激渋でした(涙)

当日の潮

当日の潮

この日は満月大潮 。朝6時頃に満潮でまずは朝マズメ期待でスタート。ちなみに、だいぶ暖かくなってきたとはいえ、早朝の日陰は相変わらず非常に寒いです。日中は20°を超える予報だったのですが、朝は結構着込んでいた方が良いような体感温度でした。

釣り開始から1時間経っても、2時間経っても何の反応もありません。私だけではなく他の二人にもアタリらしいアタリは全くない状態。イカさんはいったいどこに行ってしまったのやら?という状態。

そして完全に日も上がり日陰になっていた部分も日があたると、非常に暖かく半袖とまでいませんがシャツ一枚で十分な暖かさになりました。ただ、3時間経っても4時間経ってもアタリがありません。この頃になるとポカポカ陽気で睡魔に襲われ、ゴロゴロと寝て、たまに海を見ての繰り返し。

そうこうしていると、午後12時ぐらいにど干潮。その後の上げが最後のチャンスと思い真剣モードに。そしてキョロキョロと辺りを見回してみると、2〜300g程度の新子サイズが数十杯群れている場所を発見。

このポイントにはアオリイカいないんじゃない?と既に諦めモードでしたが、これを見て釣り人達のテンションがアップ!ダレ気味でしたが、ちょっとやる気に!

400gぐらいのアオリイカ

400gぐらいのアオリイカ

すると実釣開始から9時間後の午後1時30分頃、ようやく初めてのアタリが私に訪れます。

向かい風が強くやり辛かったですが、かなり慎重にやり取りしてなんとかネットイン。 上がってきたの400gぐらいのアオリイカでした(今日はあかんと思ってた状態だったので非常に嬉しい1杯でした。秋イカサイズですけどね)

でかいボラ

でかいボラ

その後やっていると強烈に走るアタリが!はじめはデカイカかなとも思ったんですが、途中からたぶん魚だろうな〜と。でも気になるしもしかしたら!?と思いとりあえずヤエン投入。すると上手く掛かって上がってきたのは巨大ボラ・・・。遠目から見たらデカイカとやり取りしていたように見えたそうです(笑)

夕方頃は青物なのかサメなのか分かりませんが、毎投強烈に走る謎の生物にラインを切られまくり。正体を見たかったので、何とか釣ろうとしましたが残念ながらすべてラインブレイク。

結果、隣でやってたN氏や他の方には1回もアタリ無し・・・。磯側でやっていたM氏は2回程イカっぽいやつにアジを喰われてましたがキャッチできず。AM4時30分〜PM6時頃まで14時間近く粘りに粘りましたが、イカはその1杯で終了でした。さすがにもうちょっとアタリぐらい欲しいところですね。

次回はそろそろ中紀エリアを調査したいかな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-ヤエン釣り

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.