アオリイカ ヤエン釣り

【シーズン終盤】筏で春イカのヤエン釣り【衣奈】

筏でヤエン

筏でヤエン

週末は筏のヤエン釣りに衣奈へ行ってきました。お世話になったのは中長渡船さん。梅雨も終わりに近づき気温も水温も高くだいぶんと暑くなってきましたね。

今シーズンの春イカは良型が多かった印象で、私も釣友も良型を数多くあげていました。既にシーズン終盤になりサイズも若干落ち着いており良くて1.5〜2kg、平均は800~1kgぐらい。筏の周りでは新子サイズも泳いでいたりします。とは言いつつも、まだ釣れていていつまでいけるのかな〜と止め時が難しい(笑)

【シーズン終盤】筏で春イカのヤエン釣り【衣奈】

弁天筏

弁天筏

さて、今回乗せてもらったのは好調な弁天筏。幸先よく開始早々からアタリがありましたが、藻に潜られてアウト・・・。いつも通りのすべり出し。

このアタリ1回で今日は終了かもな

とか言ってると、その後ほんとうにアタリなし。

筏の反対角でやっている釣友はポツポツとアタリがあるんですが。

あまりにアタリが無いので、落ちていたワームをキャスト。底をダートさせているとガツンとヒット。マゴチかな〜と思ってたら

ホウボウ

ホウボウ

40cmぐらいの割とりっぱなホウボウ。刺し身にして頂きましたが身も肝も旨くて超美味。ホウボウって釣ったの初かも。こんなに旨いならまた来て欲しい。

引き続きアタリが無いので死んだアジを切り身にして、筏の下でブッコミ釣り。しばらくすると、ゴンゴンゴンっと竿が持っていかれそうなアタリ。

狙いのマゴチが来たか!と上げてくると予想通りの良型マゴチ。

でしたが・・・水面まで来たところでバレてしまった・・・残念。その後、マゴチさんが筏の下に訪れる事はありませんでした。

長い沈黙の後

最初のアタリがAM5時前。その後8時間ぐらいアタリが無くて朝の予言通り「今日のアタリは1回で終わりか・・・」と思っていたところ、満潮1時間前の13時頃にようやくのアタリ。ここまで長かった。

水面でアジを抱いてる・・・

水面でアジを抱いてる・・・

すーっとラインを持っていくので見てたら、30m先ぐらいの水面でアジを抱いているアオリイカを発見。

見るからにやる気無さそうなやつ(笑)

アジを一生懸命に喰っているというよりは、ただ単にアジに抱きついているような感じ。引っ張っていく訳でもなく、ふわーっと漂っています。無反応なので少しだけ寄せてきてサクッとヤエン投入。

600gぐらいのアオリイカ

600gぐらいのアオリイカ

ようやくゲット。600gぐらいのアオリイカ。ヤエンが掛かるまでは完全無抵抗だったので、ヤエンの醍醐味であるブインブインと竿を持っていく事は殆どなかったですが(笑)とは言え坊主が見えていた中での嬉しい一杯。

今シーズンの春イカはこれで終了かな〜。

関連記事
3度目の正直で
春イカ狙いのヤエン釣り。泣尺ならぬ泣き3kgのアオリイカ!

久々にヤエンに行ってきました。今春の和歌山「衣奈」エリアの春イカは数もサイズも中々に好調っぽい。ただ今年は梅雨入りが物凄く早く、それに伴って雨量も多いので日むらもあり。 春イカ狙いのヤエン釣り。泣尺な ...

続きを見る

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-アオリイカ, ヤエン釣り
-, ,

© 2021 つりにいく