釣り&タックル情報サイト

つりにいく

タイラバ

おすすめタイラバリールを探そう!人気リールや個人的に使っているものを紹介

投稿日:

タイラバのタックル

タイラバのタックル

人気の釣りジャンル「タイラバ」。専用リールも沢山出てきています。初心者向けのお手頃モデルから高機能なハイエンドモデルまでタイラバリールも色々あります。そんな中からおすすめタイラバリールをピックアップして紹介。個人的に使っているタイラバリールも掲載しています。

タイラバタックルの基本タックル

まず、基本的なタイラバタックルを確認しておきましょう。手返し良く、落とす・巻き上げるを繰り返すタイラバでは基本にベイトタックルがやりやすいので主流ですね。一方、スピニングタックルだとキャストして広範囲に探れるというメリットもあります。※遊漁船によっては、スピニングタックルが禁止の場合もあります。念の為。

  • ロッド:2m前後のタイラバ専用ロッド
  • リール:150番〜200番前後のベイトロッド
  • ライン:PEライン0.8号を200m程度巻く
  • リーダー:フロロカーボン3号〜4号を2ヒロから3ヒロぐらい(3m〜5mぐらい)
  • タイラバ:40g〜150gぐらいの鯛ラバ。水深や潮流によって選びます。

ざっとこんな感じが基本的なタイラバタックル(ベイト)

タイラバリールの特徴(ベイトリール)

タイラバリールの特徴は?

タイラバリールの特徴は?

ギア比はパワーギアかハイギアのどちらが良いの?

鯛ラバリールにはハイギアモデル・パワーギア(ノーマル)モデルがあります。ハイギアモデルのリールは1回転あたりの巻き上げ量が多いので、素早く糸を巻いて来ることができます。メリットとしては深い水深から鯛ラバを回収してきたり、早いスピードで巻き上げたい場合やりやすい。反対にパワーギア(ノーマルギア)の場合は 1回あたりの巻き上げ量が短いですが、そのぶん巻き上げる力が強いリールです。重たいルアーを安定した速度で巻き上げてくるのがやりやすいですね。ちなみに、青物狙いなんかだと、超早巻きが有効だったりするので、パワーギアだと不利だと思いますけどね。

ということで、鯛ラバではゆっくりと一定速度でリールを巻き上げたり、早めに巻き上げる場合があるので、どちらの場合でも対応しやすいパワーギア(ノーマルギア)モデルが良いとされており個人的にもパワーギアモデルを使用しています。ただ、どちらかと言われるとPG推しですが、別にハイギアモデルでも問題ないとは思いますけどね。糸巻き量が問題なければPGでもHGギアでも、手持ちのベイトリールでも十分に代用できると思います。タイラバのエキスパートになってくると、その差が気になるかもしれません。

HG=ハイギア

HG=ハイギア

PG=パワーギア

PG=パワーギア

品番にPGという表記があればパワーギア。HやHGという表記があればハイギア。特に何も書いて無ければノーマルギアと思えば良いです。(例)炎月プレミアム150PG 炎月プレミアム150HG

糸巻き量と太さ(号数)

鯛ラバリールに巻くラインは PE ラインの0.8〜1号を使用します。 水深3〜40mぐらいから深いところでは100m超のポイントがありますので、200m前後は巻いておきたいところです。200mぐらい巻いておけば、万一高切れした際にも安心です。

PE ライン基本的に浮力があります。細いPEラインの方が浮力が小さく、沈みやすく水切れがよいので感度も良いです。最近では比重の高いPEラインも発売されているので、 そういった船専用の高比重 PE ラインを使うのも良いですね。他にもエキスパートの方はあえて太い PEライン使い鯛ラバをふわっと見せることで釣果を上げるというようなテクニックもあるようです。

船によって使用するPEラインの号数が規定されている場合がありますので念のため確認しておきましょう。

カウンターは必要?

巻スピード&フォールスピード

巻スピード&フォールスピード

最近発売されている鯛ラバリールにはカウンター付きのモデルが多いです。鯛ラバでは一旦底を取るので、カウンターがなくても釣り自体に問題ないです。ただ、カウンターがあると船長から指示された棚を正確に狙えたり、アタリがあった層を把握しやすい、水深自体の変化を捉えやすいなど沢山の情報が得られるというメリットがあります。見た目の良し悪しや好みもあるので、カウンターがないリールが良いという方もたくさんおられます。

巻スピード&フォールスピード

フォールレバー

フォールレバー

そしてもう1つ最新のタイラバリールでは、フォールレバー付きのものが発売されています。これは鯛が落ちていく餌に反応するという習性に着目し、文字通り鯛ラバが落ちていくスピードにブレーキを掛けられるようになっており、フォールスピードを調整する事が可能になっています。
また、落ちていくスピードだけでなく、巻き上げスピードをカウンター上の数字で把握できる機能があり、鯛ラバで重要な一定速度で巻いてくるや、反応したスピードを数字で把握しやすいといったメリットがあります。

おすすめの鯛ラバリール!

おすすめの鯛ラバリールを紹介します。私が持っているものや釣り場でよく見かけるもの、最近発売された鯛ラバリールなどまとめてピックアップして紹介します。

シマノ 炎月プレミアム

タイラバリール:シマノ 炎月プレミアム

タイラバリール:シマノ 炎月プレミアム

私のタイラバのメインリールが2018年に発売された炎月プレミアムです。左巻きが好きなので151PG(パワーギア)モデルを選んでいます。カウンターとフォールレバー付きで、落とすスピード、巻き上げスピードを数字を見てコントロールできるようになっています。マイクロモジュールギアを搭載しているので巻感も超スムーズの一言。シルバーに見える部分によく見ないと分からないレベルで赤ラメっぽいのが入ってると店員さんが教えてくれました(笑)

シマノ 炎月CT

2019年に登場した最新タイラバリールが炎月CT。カウンターとフォールレバーが実装されているリールとしては、最も手頃なものとして登場しました。先行して発売された上位機種の炎月プレミアムとの違いは、マイクロモジュールギアの有無、使用ベアリング数といったところでしょうか。定価ベースで14,000円程安価な設定ですが、値段の違い程性能に違いは無いかもしれませんね。

シマノ オシアコンクエストCT

オシアコンクエストCT

オシアコンクエストCT

タイラバ、ライトジギングなど幅広い用途に使っているのがオシアコンクエストCT。こちらもカウンターとフォールレバーが付いているモデルで、数字を見ながらスピードコントロールできるようになっています。メタルボディのカチッとした剛性感と、マイクロモジュールギアのスムーズ感がたまりません。買う前は見た目が微妙かな〜と正直思ってましたが、意外に格好良くかなり気に入って使っています。タイラバメインなら200番サイズがおすすめです。

シマノ オシアコンクエスト

タイラバで良く見かけるリールがオシアコンクエスト。見た目もゴージャスで格好良く非常に人気のある定番リール。ハンドルをリブレ製に換装している方も多いですね。そして、タイラバのみならずライトジギングなどで使用されている方も多いです。カウンターやフォールレバーは付いていませんが、その分同サイズであればオシアコンクエストCTと比べて50g以上軽いというメリットもあります。タイラバには200番が丁度良いサイズです。かちっとした剛性感とヌメヌメした巻心地が病みつきになるリールです。

シマノ 炎月BB

シマノのタイラバリールの入門モデルが炎月BB。2016年頃に発売されたモデルとなります。自重185gと軽量でPE1号約200m巻ける100番サイズのみが用意されています。実売価格も1万円前後と手頃なのも非常に良いですね。アマゾンの口コミなどを見ても評判が良いです。

ダイワ 紅牙IC

ダイワのカウンター付きタイラバ専用リールが紅牙IC。以前のモデルは自分で電池交換ができないなど問題点もありました、2018年にモデルチェンジして大幅に変わり良くなっています。カウンターには水深だけでなく、巻き上げ時のスピード表示もでるようになっています。メタルフレームによる高剛性ボディを採用しており力強い巻き上げが可能。またATDを搭載しているので、スムーズにドラグもでるようになっています。

ダイワ 紅牙TW

そしてもう1つのダイワのタイラバ専用ベイトリール「紅牙TW」。カーボン樹脂素材のザイオンをボディに使い剛性を保ちながらも自重185gという軽量さを維持しています。また、TWS(T-ウイングシステム)と呼ばれるダイワ独自のレベルワインドシステムによりスムーズなライン放出とキレイな糸巻きを実現。シンプルながらもタイラバに最適化されたリールとなっています。そして、2018年には紅牙TW ハイパーカスタムというカスタマイズされた1ランク上のハイエンドモデルリリースされています。

ダイワ リョウガ

シマノにオシアコンクエストがあるなら、ダイワにはリョウガがある!みたいな印象のリールです。2009年の旧モデルから9年の時を経てモデルチェンジされた人気のベイトリールです。スーパーメタルハウジングによるかなりの剛性感と耐久性、HYPER MESHギヤーシステムの採用によるシルキーな巻心地など文句の付けようがない出来になっているようです。ダイワさんの売り方としては、バス釣り用って感じにしか見えないのですが、ソルトでも問題なく使えるのでタイラバにもピッタリ。1016CC(ノーマルギア)モデルが良いですね。

最新タイラバリールで大鯛を攻略しよう!

タイラバ船

タイラバ船

シンプルなものから高機能なタイラバリールなど色々と種類がありますね。カウンター付きやスピード調節機能などのモデルを使いこなすも良し、経験とテクニックでシンプルなベイトリールを使いこなすも良しですね!お気に入りのタイラバリールを見つけて、良型マダイをゲットしましょう!

タイラバ
タイラバで鯛!
タイラバ入門!基本タックルや仕掛けなどを初心者向けに紹介します

タイラバのタックルや釣り方、持っていった方が良いものなどを初心者目線で紹介しています。ボトムをとって巻き上げてくるだけ、と非常にシンプルな釣りで初めての人でも簡単にスタートできるのがタイラバ。釣り方が ...

続きを見る

タイラバ
タイラバの代用ロッド
最新タイラバロッドまとめ!おすすめ初心者モデルから最強ロッドまで。

2019年4月現在の最新タイラバロッドを紹介!低価格でお手頃な初心者向けモデルから、高級でハイスペックなハイエンドモデルまで、おすすめのタイラバロッドをピックアップしています。基本的な特徴やロッドの選 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-タイラバ

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.