タイラバ

タイラバ入門!おすすめタックルや仕掛け・釣り方を解説!

タイラバ入門!
タイラバ入門!

人気の釣り「タイラバ」の基本タックルや仕掛け、釣り方などを紹介しています。これからタイラバをやってみたい!っていう入門向け記事になっていますので、初心者の方に参考になれば幸いです。

タイラバとは?

タイラバ
タイラバ

鯛ラバは「タイラバ」というルアーを使って鯛を狙う釣りです。仕掛けを海底まで落として、一定速度で巻き上げてくるだけなので、誰でも簡単に始められる釣りです。主なターゲットは鯛ですが、鯛以外にも青物や根魚などもタイラバで良く釣れます。

ヘッドカラーだけ変更
ヘッドカラーだけ変更

タイラバ「ヘッド」のウェイトやカラー、鉛やタングステン製など素材やヘッド形状の違い、

自作タイラバ仕掛け
自作タイラバ仕掛け

スカートやネクタイのバリエーションが豊富で仕掛けの組み合わせによって釣果が異なってくる釣り。タイラバは初めるのはとても簡単ですが、奥の深い釣りです。

タイラバのシーズン

大鯛!
大鯛!

タイは1年中狙える魚ですが、シーズンによって釣りやすかったり、サイズが良かったりと異なってきます。初めてなら春のノッコミか秋の荒食いシーズンが狙い目。ちなみに鯛のベイトは様々で、アミエビやクラゲ、海藻のノリ、イワシやキビナゴなどの小魚、良型鯛であればイカなど。餌の移動や発生と共に釣れる場所やタイミングが変わり、ルアーやタイラバの種類や形状にも影響してきます。

  • 春(4月〜6月頃):ノッコミと呼ばれる産卵シーズは大型が狙えるタイミング。その年にもよりますが、4月〜6月ぐらいがベストシーズンとなります。↑この鯛も4月頃に釣ったもの。
  • 秋(9月〜11月頃):鯛が産卵から回復し水温が下がる前に荒食いをする秋頃(9月〜11月頃)は、鯛の活性が高くなるので数釣りを楽しめるシーズンです。

タイラバのタックル

タイラバのタックル
タイラバのタックル

タイラバでは、底を取る→巻き上げるの繰り返しとなります。なので、ベイトタイプのタックルが手返し良いです。またスピニングタックルでは、タイラバをキャストして広範囲を探れるというメリットがあります。

ポイント

初心者であれば、まずはベイトタックルを用意すると良いですよ!

利用するメインラインはPEの0.6号〜1号程度となります。0.8号を使用しておくと無難でしょう。結束するリーダーはフロロカーボン3号を1.5m〜2mぐらい。

ロッド

タイラバロッド:ゲーム炎月
タイラバロッド:ゲーム炎月

タイラバロッドは、手にとってみると分かりますが想像以上に細くて柔らかいロッドです。

長さは7ft前後で竿のベリー部分から曲がりこむ「乗せ調子」タイプのロッドが多いです。鯛からの繊細なアタリを捉え、そして違和感なく食わせる事ができ、バラしにくいようにするためです。

ちなみに「合わせない」が基本とされてきたタイラバですが、最近では積極的に掛けていくタイプの釣り方やそれに合わせたロッドも出てきています。

ポイント

乗せ調子の7ft前後のタイラバ専用ロッド(ベイトリール向け)を用意しよう!

また、ロッドには錘負荷設定(MAXウェイト)がありますので、釣行先の水深などを考えて、利用するタイラバの重さに合わせたロッドチョイスが必要です。

一般的な水深のタイラバ(深くても60〜70mぐらい)であれば60〜100g前後のヘッドが使いやすいロッド(MLやM)を選べば問題ないでしょう。

ディープタイラバだと150gとか200gといったヘビーなヘッドを使う事も。

釣り場によってある程度使い分けが必要ですが、主に行くポイントに合わせてロッドパワーを選ぶと良いと思います。

こちらもCHECK

タイラバの代用ロッド
タイラバロッドのおすすめを紹介!最新ロッドを中心に選び方などを解説

人気の釣りジャンル「タイラバ」専用ロッドを紹介!良コスパな初心者向けモデルから最強ハイエンドモデルまで、おすすめタイラバロッドをピックアップしています。タイラバロッドの特徴やロッドパワー、長さなどのロ ...

続きを見る

リール

ベイトリール

シマノ 炎月プレミアム(リール)
シマノ 炎月プレミアム(リール)

タイラバで使うベイトリールは、小型のカウンター付きのものが最適です。

鯛の誘い方としてゆっくりと一定スピードで巻き上げる場合がありますので、ノーマルギアもしくはパワーギアを選びましょう(かくいう私もパワーギアを使っています)

最近はフォールブレーキ(フォールスピード調整機能)が付いているタイラバ専用リールも発売されています。一旦底を取るのでカウンターは必須ではありませんが、水深の把握やアタリがあった層の把握ができるというメリットがあるので有利だと思います。

それと水深にもよりますが、巻ける量が少ないと高切れした場合に困るので、リールのサイズはPEライン0.8号〜1号程度が200m前後巻けるものが良いですね。。ちなみに、ディープタイラバだと水深100m前後、一般的なタイラバだと30m〜70m程度ぐらいが目安となります。

こちらもCHECK

タイラバリールの特徴は?
おすすめタイラバリールを探そう!人気リールや個人的に使っているものを紹介

人気の釣りジャンル「タイラバ」。専用リールも沢山出てきています。初心者向けのお手頃モデルから高機能なハイエンドモデルまでタイラバリールも色々あります。そんな中からおすすめタイラバリールをピックアップし ...

続きを見る

スピニングリール

スピニングリール
スピニングリール

同じくPEライン0.8号〜1号が200mが巻けるスピニングリール。番手2500〜3000番が最適です。バラさないためにも、ドラグ性能がしっかりしたものが良いですね。

タイラバの仕掛け

タイラバ
タイラバ
誘導式のタイラバ
誘導式のタイラバ

一昔前は固定式のタイラバが主流でしたが、近年は誘導式のタイラバが主流になっており新製品はほとんど誘導式。

これはヒットした時に、鯛が頭を振る事で固定式だとオモリごと左右に振られる事で、バラしやフック破損に繋がることからです。

ということで、固定式よりも誘導式タイラバがバラシ軽減に繋がるということで流行っています。

↑誘導式タイラバ自体は写真のような仕掛けになっています。

タイラバはヘッド、ネクタイ、スカート、フックまでがセットになったものや、ヘッドのみ、スカートやネクタイ、フックのみとバラになったものがそれぞれ発売されています。最初はセットを選んでおいて、慣れてきたら自分好みにカスタマイズしていくのも良いですね。

タイラバ仕掛けに必要なモノ

  • メインライン(PE0.8号前後)
  • ショックリーダー(3号を2m)
  • タイラバセット(ヘッド・ネクタイ・スカート・フック)
  • トレーラーワーム(専用ワームやアジングワームなど)

ヘッド

タイラバのヘッド
タイラバのヘッド

タイラバ仕掛けのオモリ部分にあたるのが「ヘッド」。水深や潮流に合わせて重さを使い分けますが、40g〜100g前後を使う事が多いです。どれぐらいのヘッドを用意すれば良いか分からない場合は、利用する遊漁船に問い合わせてみるがの一番確実です。例えば、100m近いディープゾーンを攻める「ディープタイラバ」では、150gや200gといった重たいヘッドを使う事もあります。主流は鉛製のものですが、シルエットを一回りか二回り小さくできるタングステン製のものもあります。ちなみにタングステン製は高価ですけどね。

↓沢山のメーカーから色んな形状・カラーのタイラバヘッドが発売されています。

↓タングステンヘッド。

ネクタイ

タイラバのネクタイ
タイラバのネクタイ
自作用シリコンシート
自作用シリコンシート

その名の通り、ネクタイのような形をしたシリコンラバー素材で出来たもの。通常のネクタイタイプだけでなく、カールしているものや、極細に加工されたものなどがあります。スカート、ネクタイ、フックがセットになったものや、ネクタイのみ、そしてシリコンシートを自分で切るタイプなど様々。長さとか細さとか、段々と自分なりにいじくりたくなるんですよね。メーカーの罠にハマっています(笑)

↓こんなクリンクリンにカールしているネクタイもあります。他にも極細スリムのものなど形状も様々。

スカート

タイラバのスカート
タイラバのスカート

スカートもシリコンラバーで出来たもので、細い糸状のものが束ねられており、フック部分を覆うスカートのように見える事からこの名前が付いています。めっちゃ色んなカラーがあります。スカートは細すぎて自作しにくいかな。

フック

タイラバフック(完成品)
タイラバフック(完成品)
タイラバのフック
タイラバのフック

タイラバでは2〜3つのフックがアシストフック状になったものを使用します。ネクタイやスカートの中に隠すようにセッティングされています。喰いが渋い時期なんかは、できるだけ小さな針を使う方が良いそうです(遊漁船の船長談)。

自作用ハリス
自作用ハリス

ヘッド以外のネクタイ・スカート・フックがセットになったものや、アシストフック状になったもの、フックのみが販売されています。フックのみ購入して自分で作成すればハリスの長さを調整したり、コストを抑えたりできるメリットもありますよ。

トレーラーワーム

アジングワーム
アジングワーム

フックに付けるワームです。付ける方が良い場合も悪い場合もあるので、オプション要素として用意しています。タイラバ専用ワームも発売されていますが、アジング用ワームなどでも代用可能です。

ライン

高比重PEライン
高比重PEライン

ターゲットにする鯛のサイズにもよりますが、PE0.6〜1号の間ぐらいが主流です。0.8号あたりを選んでおけば問題ないでしょう。

細いPEの特徴は、感度が潮切れも良く沈みやすい事。太いPEの場合は浮力が強くなるので、沈むのをより遅くしたい場合や、大型狙いの場合に良いですね。同じ重さのタイラバを使ってもラインの太さや浮力によって動きが異なってきます。特に潮が速い場所では違いが大きくでます。

↓タイラバ専用の高比重タイプのPEラインが発売されています。通常のPEは浮力がありますが、水に沈むので、より速く落としたり潮の影響を受けにくいPEラインです。

ショックリーダーの号数と長さ

フロロカーボンの3号(12lb)前後を使用します。2mぐらいをFGノットで結束して使っています。

カラーとシルエットが重要

自作してきたタイラバ仕掛け
自作してきたタイラバ仕掛け

タイラバヘッドやネクタイ、スカートなどタイラバ仕掛けはカラーとシルエットが非常に重要。

定番カラーはオレンジネクタイやゴールドヘッド(オレンジ系のヘッド)。実際、オレンジ系が良く釣れる事が多いです。あとはピンクやシルバー、レッドなども良く使うカラーです。

グリーンやブラック、透明、チャートや、ラメ入り、ゼブラなどネクタイ・スカート・ヘッドのカラーはかなり豊富です。

ヘッドはオレンジで、スカートは透明にするなど組み合わせて使う事も多く、タイラバにハマると、この「オリジナルのタイラバ仕掛け」を作るようになります。

その時々に鯛が捕食しているエサなどを意識したカラーを選びます。(例)明石で海苔を食べてる時はグリーンとか黒っぽいネクタイ。

一概にどれが良いとは言えないですが、基本であるオレンジ系やゴールド系のタイラバは、数種類の重さ違いを用意しておくと良いと思います。

マズメに強いカラーはこれ!など色々と言われますが、アタリカラーやシルエットはその日によって異なります。カラーチェンジの意義というか、釣れない時にカラーを変更する事でアングラー側のテンションキープに繋がると個人的には思っています。

なので、好みで釣れそうなカラーを選んで色々と楽しむのが良いと思います。

↓まずはセット品を選ぶと良いと思いますよ。

釣り方

タイラバ船
タイラバ船

基本的には一旦底を取り一定のスピードで巻いてくる。底から10m〜15m前後まで巻き上げたら、再度ボトムを取るの繰り返し、とタイラバの釣り方自体は非常にシンプル。船は潮流や風に合わせて流していくので、真下にタイラバを落としていっても基本的には常にポイント移動している状態となるので広範囲の鯛を探っていく形となります。

仕掛けを落として巻くだけと簡単なのですが、巻スピードを変えてみたり、使用するヘッドの重さを変えてラインの角度を変えてみたり、仕掛けのネクタイやスカート、トレーラーのカラーやボリュームを変えるなど、その日のアタリ状態を探し出せれば釣果アップとなります。

合わせ(フッキング)

基本的には巻わせで、ココココココッというようなアタリがあっても慌てて合わせない。焦らず同じスピードで巻いてくると、本アタリが出て竿を絞り込み向こう合わせでフッキングします。なので、フックが鈍っているとヒットしない可能性があるので、まめにフックの状態を確認して、鈍ってきたら早めに交換していきましょう。

釣り方の参考動画

タイラバをはじめるにあたって、一通りが説明されている動画です。分かりやすいですよ!

タイラバに持っていくもの

持っていくもの

タックル以外にタイラバに持っていった方が良いもの。

  • プライヤー
  • ナイフ(血抜き用)
  • ハサミ(ネクタイを現場で細くしたりする場合があります)
  • 手拭きタオル
  • 長靴や濡れても大丈夫な靴(船上で水を流す事があります)
  • ライフジャケット(必須ですね)
  • クーラーボックス(25L〜30L)※60cmを超えるような大型真鯛だと入らないかもですが。
  • 酔い止め(アネロンが個人的には良く効きます)
  • 食べ物や飲み物。空腹になりすぎても気持ち悪くなりやすいですよ。

タイラバは工夫が楽しい釣り!

タイラバは工夫が楽しい!
タイラバは工夫が楽しい!

タイラバは釣り方がシンプルな分、微妙な仕掛けの違い、ヘッドの重さ、巻スピードなどで魚からの反応が変わってくるのが面白いところ。

仕掛も簡単な仕組みで出来上がっているので自作が楽しいです。

ネクタイのカラーや細さを変えてみたり、スカートの本数を減らしたり・増やしたり、フックのサイズや小さくしたり、ハリスの長さを変えてみたり・・・etc。

釣っている時も楽しいけど、準備が特に面白い釣りだと思います。

タイラバ
タイラバの代用ロッド
タイラバロッドのおすすめを紹介!最新ロッドを中心に選び方などを解説

人気の釣りジャンル「タイラバ」専用ロッドを紹介!良コスパな初心者向けモデルから最強ハイエンドモデルまで、おすすめタイラバロッドをピックアップしています。タイラバロッドの特徴やロッドパワー、長さなどのロ ...

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-タイラバ