ジギング

ブレードジギングが楽しい!タックルや釣り方など。

メタボリック「鰆」
メタボリック「鰆」

サワラや青物、タイなど比較的なんでも良く釣れるのがブレードジギング。ここ数年で人気になってきた釣り方です。端的にいうと従来のメタルジグのお尻にくるくる回るブレード付いているだけなのですが、アピール力も非常に高くて良く釣れるんです。そんなブレードジギングのタックルや釣り方などを紹介します。

ブレードジギングってどんなの?

ブレードジグ「ショーテル」
ブレードジグ「ショーテル」

ブレードジギングは、一般的なメタルジグにブレード付きフックを装着し魚を狙う釣り方の事。バーチカル(垂直)にやる場合もありますし、メタルジグをキャストして広い範囲を探りながらやる場合もあります。基本的な誘い方はタダ巻き。巻スピードや狙う棚などを調整しながら魚の反応を探っていきます。ちなみに、ブレードを標準装備したメタルジグもありますし、手持ちにメタルジグに自分でブレードフックを付ける場合もあります。

ターゲット

サワラ
サワラ

メインターゲットはサワラ(鰆)や青物ですが、他にもタイやタチウオ、根魚など本当に色んな魚が釣れるのがブレードジギングの特徴。

シーズン

シーズンは?
シーズンは?

エリアを選べば通年楽しむ事ができると思いますが、大阪湾でのサワラや青物狙いだと5月頃からスタートして11月頃まで楽しむ事ができます。

ブレードジギングのタックル

ロッド

タックル
タックル

ブレードジギングではキャストする場合が多いので7ft前後のキャスティングロッドみたいなのが良いです。ただ、2022年時点では専用ロッドっていうのは、あんまり無くてボートシーバスロッドやキャスティング用タイラバロッド、ライトジギングロッドなどを代用する人が多いと思います。ポイントにもよりますが、30g〜60g程度のメタルジグをキャストします。ちなみに、通常のジギングのようにバーチカルがメインの場合はメタルジグの錘負荷に合わせてライトジギングロッドやジギングロッドを選択すればOKです。

ブレードジギングロッド(キャスティング)

  • 長さ:7〜7.5ftぐらい
  • パワー:30g〜60gのメタルジグがキャストしやすいもの

リール

リール
リール

ブレードジギングでは基本的に「早巻き」が誘いの中心になるので、ハイギア(H)やエクストラハイギア(XG)のスピニングリールが良いです。リールのサイズ(番手)は使うジグのウェイトにもよりますが、30g〜60gであれば3000〜4000番ぐらいが使いやすいと思います。ちなみに私は4000HGのリールをメインに使っています。

仕掛け

ブレードジギングの仕掛け
ブレードジギングの仕掛け

ブレードジギングの仕掛け

  • メインライン:PE1号〜1.5号(200m〜300m)
  • リーダー:フロロカーボン5号〜7号(20lb〜30lb)(60cm〜80cm)
  • スナップ付きスイベル
  • ブレードジグ:30g〜60g

水深によって使うジグのウェイトは異なりますが、水深×1.5〜2倍ぐらいのウェイトが目安となります。

ブレードジグ(メタルジグ)

TGベイト ブレードチューン
TGベイト ブレードチューン

ブレードジギングなので当たり前なのですが、重要なのはブレード付きメタルジグ「ブレードジグ」。最近では最初からブレードを搭載した既製品も発売されていますが、ブレードを後付する事も可能なので手持ちのメタルジグにブレードチューンを施すってのも良いです。

ブレードフックも売ってます
ブレードフックも売ってます

サワラ狙いの場合はメタルジグのヘッド側のフックは付けずに、お尻側にフックとブレードを付けると良いです。理由としては、サワラの歯は鋭くてヘッド側のフックに食いついた場合、サワラがあばれるとリーダーを高確率で切られるからです。ジグも無くすしサワラも釣れないって事になるので外しておきましょう。リアフックはトレブルにする方がキャッチ確率が高いように思います。

ダイワ「アミノソルト 激〆タチウオ」
タチウオ用アミノソルトが誕生!イワシを締める定番アイテムになりそう。

タチウオテンヤフリークに朗報。ダイワからタチウオ用アミノソルト「激〆タチウオ」が登場します。イワシを締める定番アイテムになりそうな予感。2022年8月頃にリリース予定。 タチウオ用アミノソルト「激〆タ ...

続きを見る

基本的な釣り方

サワラ!
サワラ!

ブレードジギングの釣り方は下記のような感じ。

  • できるだけキャストして広範囲を探ります。
  • メタルジグを着底させます。
  • 着底したら素早くリトリーブ開始。早巻きで約15回〜20回ぐらい。
  • 反応がなければラインを出して再度着底させます。
  • ジグを回収するまで③④を繰り返します(2〜3回ぐらいの繰り返しになります)

超早巻きが良い場合もありますが、そんなに速く巻かない方が釣れる場合もあって「その日の反応が良い巻きスピード」みたいなのが存在しています。なので、釣れると同じ人ばっかりヒットするなんてことも。

また鰆狙いの場合はドラグ緩めの方がバレにくく、ヒットしたら無理にあわせを入れずに、そのままポンピングなどせずにテンションが緩まないよう巻き続けて寄せてくるのが良いと思います。鰆は鰤やハマチなどと比べてバレやすい気がします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-ジギング
-, ,