フィッシングツール 昌栄

ランディングネットを新調。折りたたみ可能な「ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱ」

ランディングネットを新調

ランディングネットを新調

ランディングネットを新調しました。海水でもほぼ錆びないチタン製の玉枠が良さそうだったのですが、メーカーモノは如何せん高い。

ワンピース型のタモ枠であればチタン製でも割と手頃なのもあったのですが、持ち運びを考えると折りたたみのタモ枠が良いと思って選んだのが、昌栄「ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱ」。

用途としては、主にエギングやヤエンのアオリイカ向け。

↓チタン製のこれと相当迷った。

折りたたみランディングネット「ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱ」

昌栄「ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱ」

昌栄「ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱ」

えと、まず名前が凄い。ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱですよ。これ以上無いぐらいの最強感が伝わってきます。それのバージョンアップ版ということなので、凄いランディングネットに決まってる(笑)

ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱの特徴

ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱの特徴

特筆すべきはチタンよりも軽量で約半分の重さ。そして、チタンと同等の強さを持ち合わせているとのこと。

昌栄

昌栄

フレームの素材は超々ジュラルミンでボルト部分はチタンが使われており、すべてマシンカット削り出し。このフレーズどこかで聞いたと思ったら、リブレのハンドル(超々ジュラルミン+チタン+マシンカット)と同じ感じですね。

エアインテイクボルト

エアインテイクボルト

そして、ウルトラフレーム 極 Ver.Ⅱの大きな特徴であるエアインテイクボルト。これはチタン製ボルトの真ん中に空気の通り道を作る事で、スムーズにランディングシャフトが滑ってくれるという仕組み。

4つ折り可能

4つ折り可能

↑こんな感じで4つ折り可能。かなりコンパクトになります。そして、実際に持ち上げると、めちゃくちゃ軽い(120g)。

可動部

可動部

可動部(ジョイント)部分もフラットに作られて綺麗ですね。

カラーはレッド

カラーはレッド

私が選んだのはレッドですが、他にもブルーとゴールドというカラーがあります。サイズは40cm・45cm・50cm・60cmの4種類。

タモ網(替網)はこれにしてみた

昌栄「極 替網」

昌栄「極 替網」

もちろん、玉枠だけでは使い物にならないので網も同時に入手。せっかくなので、極シリーズで統一。「極 替網」です。

極 替網の仕様

極 替網の仕様

網もフレームに合わせて3色。網目は3段階になっていて、下になるほど目が細かくなってます。

地道に通す

地道に通す

ちまちまとフレームに地道に替網を通していきます。

30分ぐらいで完成!

30分ぐらいで完成!

30分ぐらいで完成!

深さ50cm

深さ50cm

逆向きですが、深さは50cmでこんな感じです。

折りたたんでみた

折りたたんでみた

折りたたむと、これぐらいコンパクト。持ち運びに非常に便利です。早く使いたい!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、エサ釣りに含めて色々やりたい方です。最近はヤエンやカワハギ釣り、バチコンやイカメタルにハマり中。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。

-フィッシングツール, 昌栄
-

© 2021 つりにいく