リール

21シーボーグ300Jが誕生!電動ジギングとか落とし込みに使ってみたい!

ダイワからひっそり?と登場した21シーボーグ300Jがなんだか良さげです。

というのも、最近、電動ジギングや落し込み釣りに興味があるのですが、手持ちのシーボーグ200Jだとラインキャパやパワーもちょっと心許ない。

そんな中、2021年の1月に発売予定のシーボーグ300Jが色々ちょうど良い感じなんです。

21シーボーグ300Jの特徴

そういや2018年にシーボーグ300J出たとこなんですが、早くもモデルチェンジなんですね!?という疑問も残しつつ、新しい21シーボーグ300Jが登場。まず重さが560gしか無いってのは、結構軽いんじゃないでしょうか。

1つ番手の小さい最新のシーボーグ200J(475g)と比べても重量は僅か+85gですが、MAXのドラグは8kg→16kg、実用巻上げ力も9kg→14kgとかなりパワーアップしている印象。

そして2018年モデルの300Jよりも軽く強くなっています。その分定価ベースで4,500円アップしてますが、元々200Jと300Jの値段差がほぼ無かったので、そんなものかもしれませんが。

もしかすると、18シーボーグ300Jが大幅値引きで来年頭ぐらいに売ってたりするのかな。値段次第ですが、それも良いかもしれません。

21シーボーグ300Jのスペック

ギア比自重ドラグMAXPEラインモノライン常用巻上速度JAFS基準
巻上力
JAFS基準
速度
(m/分)
300J5.1560g16kg3-400
4-300
5-230
5-280
6-200
150(165)m/分14210
300JL5.1560g16kg3-400
4-300
5-230
5-280
6-200
150(165)m/分14210

先日放映されてたThe Fishing「オキナワオオタチ」狙いで21シーボーグ300Jを使ってましたが、たしかPE2号を700m巻いているような事を言ってたので、ラインキャパもかなり多いですね。※2号のラインキャパはスペック表には記載されていません。

17シーボーグLTD 200J

17シーボーグLTD 200J

見た目はシーボーグ200Jとよく似ていますが、300Jのが液晶部分が結構大きくなっていて文字が大きく表示されるようです。

また、フォールブレーキダイヤルってのが追加されていて、落し込み釣り時にベイトを付けるためのフォールコントロール機能として使えるみたい。

ちなみに、今年リリースされたシマノ20ビーストマスターEJの1000番や2000番も魅力的なのですが、結構良いお値段なのです。

電動ジギング
最近、電動ジギング用タックルが充実してきてますね。

出典:シマノ「ビーストマスター2000EJ」 こんにちは。シマノから電動ジギング用タックルが続々と登場しています。電動リールは「ビーストマスター 2000EJ」、ロッドは「オシア EJ 」、メタルジグ ...

そして、個人的に辛いのはビーストマスターEJには左ハンドル設定が現状はありません。

フォースマスター600がリリースされた時のように左ハンドル待ちとなります。(もしくは左ハンドルモデルは出ないかも)

電動リールなので、右でも左でも良さそうなもんですが、右脇にロッドを挟んで左巻きリールを使うってスタイルに慣れすぎてるんですよね。

そういう意味ではシーボーグ300Jは左ハンドルモデルも同時にリリースされるので、買いたい時にすぐ選べるってのが有り難い。

シマノ探見丸

シマノ探見丸

ただし、1点損するところは、シーボーグは探見丸と連携できないので、探見丸持ちの私としては痛手というか勿体ない気がしてしまうんですよね。シマノの電動リールを使っていれば、リール側にも探見丸側にもリグの水深表示などが出て便利なんですけどね。

来年は電動ジギングや落し込み釣りなんかもやってみたい。タルイカ釣りとかにも使えそうだし、ちょっと本気で検討中なんですが、総合的に考えると何とも悩ましい(笑)。それと今年はフィッシングショーが無いので、すぐに触れないのが悔しいところですね。

既に予約もスタートしてるし、ほんと迷うな〜(笑)

みんなの意見

21シーボーグ300J ほしい?

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-リール
-

© 2021 つりにいく