※本ページは広告リンクを含みます

タイラバ ルアー(プラグ/ワーム/ジグ)

タイラバにスカートはいる?機能から考えるスカートの必要性について

スカートの種類
スカートの種類

タイラバはメーカーから発売されている商品を購入すると「ヘッド・ネクタイ・スカート・フック・ショックリーダー」がセットされている物が多いです。最近はタイラバにスカートを使用しない釣り人も増えているので、タイラバのスカートの必要性について個人的にも気になります。ということで、タイラバスカートの機能や特徴から見た必要性について考えてみました。

※最近のタイラバでスカートを付けてるかどうか、アンケートをページ下部でやってます。良かったら参加してください!

タイラバ「スカート」の機能や効果

ネクタイとスカート
ネクタイとスカート

タイラバ用スカートは、シリコンやラバーで出来た細いストリップ状になったアイテム。↑写真のように基本的にはタイラバのネクタイと併用して使います。タイラバに装着するとスカートは水中で波動や光を反射し、イカやクラゲ、カニ・エビなどの雰囲気を醸しだすことで、真鯛などの魚を惹きつける効果を発揮します。簡単にいうと、タイラバの総合的なアピール力をアップするのがスカートの機能や効果になります。

スカートの種類やカラー

タイラバスカートの種類
タイラバスカートの種類

タイラバスカートはネクタイと同様に多くのカラーバリエーションがあります。オレンジやピンク、グリーンやゼブラカラー、紫外線で発光するケイムラカラーなど。前述したように、シリコンゴムを細く切ったような形状で、ネクタイと一緒に挟み込んで使います。挟み込む本数を多くしたり、少なくしたりすることでカラーやボリューム調整をします。

キラキラ光るティンセル
キラキラ光るティンセル


シリコンゴムだけでなく、↑のようなキラキラ光るティンセルなどを使う場合なども。

タイラバ用スカートの必要性は?

タイラバ
タイラバ

多くのメーカーが発売している既製品のタイラバには、スカートが最初から付属していものが多いです。↑写真のような感じで、タイラバヘッド・ネクタイ・スカート・フック・リーダーが一式になっています。

スカート無しタイラバが増えている理由

最近はスカートを付けてないな
最近はスカートを付けてないな

最近はタイラバでスカートを使用せず、ネクタイのみを使用するアングラーが増えています(たぶん)。タイラバスカートはいっぱい持ってるけど、私もネクタイのみで使う事の方が実際に多いですね。自宅でセティングしたタイラバには、ネクタイとスカートを付けているんですが、途中でスカートを外す事も。理由は色々とありますが、概ね下記のような感じでしょうか。

  1. ネクタイだけのシンプルな方が釣れる事が多い。「今日はこの色が良い」「今日は波動が弱いの細めが良い」など、正解が絞りやすいってのもあると思います。
  2. タイラバのスカートはボリュームアップや光ったり波動をプラスする事でのアピール力のアップ。ただ、ほとんどの状況でネクタイの形状や本数の調整でカバーできる。
  3. スカートはタイに対して過剰なアピールで警戒心を煽ってるかも。

タイラバにスカートを付けた方が良い場合もある

根魚とかには高アピールのが良い
根魚とかには高アピールのが良い

もちろん、タイラバスカートは必要無い!って結論ではなくて、考察してきた通りでアピール力を高めたい時に効果的。またベイト次第ではスカートが効果的に働く場合もあると思います。例えば、ネクタイだけ使っていて、船中誰も釣れてない時にあえて使ってみるなど。他にも根魚などの底物を狙う場合はアピール力の高いスカート付きのタイラバが良いと思います。

みんなの意見

スカートは付けてる?
  • この記事を書いた人

つりにいく

海のルアーフィッシングや船釣りなどを楽しんでいます。気になるタックルや使っみたアイテムなどのインプレ記事や関西を中心とした釣行記などを中心としたブログ記事を掲載しています。宜しくお願いします。

-タイラバ, ルアー(プラグ/ワーム/ジグ)
-