アジング ルアー/ワーム/ジグ

おすすめバチコンアジング用ワームを紹介!カラーは豊富な方が良い。

おすすめバチコンワーム!

おすすめバチコンワーム!

おすすめバチコンアジング用のワームを紹介したいと思います。バチコンはワームのカラーや長さ、耐久性などでかなり釣果が変わるのが面白いですね。各メーカーから色々発売されていますが、個人的に使ったバチコンワームだけとりあえず紹介してます。

関連記事
ボートアジング「バチコン」とは?
ボートアジング「バチコン」に行ってきた!タックルや仕掛けなどを紹介!

今年に入ってずっと行きたかったけど、何かとタイミングが合わなかったボートアジング「バチコン」。イカメタルの時期が終了しシーズンインしたってことで早速行ってきました! お世話になったのは和歌山のバチコン ...

続きを見る

バチコン用ワームの選び方

バチコンアジングは、アタリを取るのが繊細で難しく、それが面白いところなんですが、それでもワームのカラーがぴったりと合うとアタリが出やすいという特長があります。

形状はリブ付きが良い

リブ付きワーム

リブ付きワーム

通常のアジングワームではストレートが主流ですが、バチコンアジングの場合、水受けして微波動を発するリブ付きワームを良く使います。勿論ストレートワームでも良いですけどね。

長さは2インチ〜3インチが主流

バチコンワームの長さ

バチコンワームの長さ

2インチ〜3インチぐらいがメイン。短く柔らかいワームの方が吸い込みが良いですが、アタリが出やすく(違和感を感じやすく)なるのは、長めの方が良いです。

カラーは色々用意しておくのが吉

色んなカラーを用意しよう

色んなカラーを用意しよう

透明・チャート・ピンク・ホワイト(グロー)・グリーンなど基本的なカラーは勿論、弱めのグローが良かったり、クラッシュグローが入った透明が良かったりと、シーズンやその日の潮状況によってアタリカラーが変わります。冒頭でも書きましたが、ぴたっとカラーが合うとアタリが出やすくなります。特に水温が下がると反応するカラーがシビアになってきます。

ポイント

バチコンエキスパートは、まずその日のカラーの傾向を探りアタリカラーを絞っていきます。口で言うのは簡単ですが、この作業がなかなか難しい。なので、上手い人と一緒に行くと「今日のカラーは何系」って教えてくれますよ。

耐久性

柔らかいワームは吸い込みが良いのですが、アジからアタックされるとズレたり、ボロボロになりやすいです。アタリを上手にとって、アジを掛けられる人は良いと思いますけどね。ある程度、耐久性があってズレにくいワームを使うと良いと思います。

おすすめバチコンワームを紹介!

色んなメーカーからバチコン専用ワームや通常のアジングワームだけど、バチコンやボートアジング向けにも適しているというワームがリリースされています。

ペケリング(ジャッカル)

ペケリング(ジャッカル)

ペケリング(ジャッカル)

ペケリング(ジャッカル)

ペケリング(ジャッカル)

バチコンで使っている人が多いのがジャッカルのペケリング。バチコン定番といっても過言では無い感じですね。

何種類かサイズがあるのですが、2.5インチと3インチをバチコンで使います。

カラーも15種類以上と豊富なので、大体の状況がペケリングで事足りる感じ。

ワーム自体の耐久性は良くも悪くも無い普通という印象です。8本入で400円程度なので1本50円ぐらい。ワームの先が裂けてきたら勿体ないので、ちょっと千切って使ったりしています。

ちなみに、アタリカラーだと一袋を使い切ることもあります。

日によって良いカラーは異なりますが、ヨワヨワグローとかグローチャート、プリズムライムやノレソレネオンあたりのカラーを良く使っています。

スパテラ(一誠 海太郎)

スパテラ(一誠)

スパテラ(一誠)

海太郎 スパテラ(一誠)

海太郎 スパテラ(一誠)

海太郎 スパテラ(一誠)の2インチ〜3インチ。元々ブラックバス用ワームとして開発されたものを、ソルト用にカスタマイズした実績の高いアジングワーム。マイクロパドルテールと呼ばれる小さなテールが特長で、3インチは一誠の「レベリングヘッド太軸金鈎」というギガアジ専用フックに最適化されています。ワーム自体の耐久力は普通という印象。2インチと2.5インチは20種類以上のカラーが用意されており、カラーが重要なバチコンに非常に有用です。3インチは9本入ですが、2インチ、2.5インチは14本入で500円で1本35円とコスパにも優れています。

アジングビーム バチコンカスタム(ダイワ)

アジングビーム バチコンカスタム(ダイワ)

アジングビーム バチコンカスタム(ダイワ)

アジングビーム バチコンカスタム(ダイワ)

アジングビーム バチコンカスタム(ダイワ)

ダイワのアジングビームという人気のアジングワームがあるのですが、それをバチコン用にカスタマイズしたのがこの商品。集魚剤としてアミノXとエビ粉をワームに練り込んであり、2.2インチと3インチの2種類のサイズがあります。※普通のアジングビームもワーム持ちが良くておすすめです。

ビヨ~ンと伸びます

ビヨ~ンと伸びます

他のワームに比べて良く伸びます。10本入で450円ですが、耐久性は高くワーム持ちは割と良いです。ボディ自体がちょっと細めなので、太軸のジグヘッドにワームキーパーを付けていると、少しセッティングしにくい印象があります。

カラーもグロー系やケイムラ系を中心に15種類と沢山用意されています。フルルミノーバってカラーがあって、めちゃくちゃ光ります(太刀魚に切られまくったので最近使ってないですが)

ブリリアント(ティクト)

ブリリアント(ティクト)

ブリリアント(ティクト)

ブリリアント(ティクト)

ブリリアント(ティクト)

ティクトのブリリアントは2インチと2.5インチでボディ形状が異なります。写真は2インチ。大きめのリブとテール、そして割と柔らかいワームなのですが、針持ちが良いのが特長。カラーは8種類しかありませんが、実物を見るとなんだか釣れそうな予感がするワームです。勿論実際に釣れます。8本入で400円程なのでジャッカルのペケリングと同じぐらいのコスパですね。耐久性は少しマシな感じがします。

海毛虫(クレイジーオーシャン)

海毛虫(クレイジーオーシャン)

海毛虫(クレイジーオーシャン)

海毛虫(クレイジーオーシャン)

海毛虫(クレイジーオーシャン)

海毛虫という名前の通り、長めのリブがフサフサしています。バチコンでも使われますが、タイラバのトレーラーとしても有名なワームですね。2.5インチというサイズですが、ボリューム感は最大です。もの凄く柔らかいワームなのでアジの吸い込みは抜群で良く釣れますが。耐久力が悪くすぐに裂けてしまう印象が強いです。

関連記事
ボートアジング「バチコン」とは?
ボートアジング「バチコン」に行ってきた!タックルや仕掛けなどを紹介!

今年に入ってずっと行きたかったけど、何かとタイミングが合わなかったボートアジング「バチコン」。イカメタルの時期が終了しシーズンインしたってことで早速行ってきました! お世話になったのは和歌山のバチコン ...

続きを見る

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-アジング, ルアー/ワーム/ジグ
-,