タチウオテンヤ ロッド

20極鋭タチウオ テンヤSPが誕生!7:3調子が追加されていて気になる。

ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP 197AGS

ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP 197AGS

イカメタルも終盤、既にスタートされている方も多いですが、そろそろタチウオテンヤへ行きたいところ。

個人的な愛用ロッドの1つがダイワ「極鋭タチウオ テンヤSP197」なのですが、今年(2020年)モデルチェンジしたNEWバージョン「20極鋭タチウオ テンヤSP」が誕生しました。

20極鋭タチウオ テンヤSPが誕生!7:3調子が追加されていて気になる。

旧モデルは197AGSと170AGSの2種類。197AGSが8:2調子で、170AGSが9:1調子という設定でした。

そして、今回新しく登場する20極鋭タチウオ テンヤSPは3機種。中でも190AGSはこれまでになかった7:3調子ってのがポイントかと思います。

20極鋭タチウオ テンヤSPのラインナップ↓

機種全長調子自重定価
190AGS190cm7:3105g51,000
182AGS182cm8:2100g51,500
180AGS180cm9:1100g52,000

というのも、昨年のタチウオキングバトルで活躍した猛者達が使い、非常に人気になったサーベルマスターXチューン190が7:3調子。

これまで8:2とか9:1の先調子のロッドが多かったのですが、最近の船タチウオテンヤ釣りは7:3調子に注目が集まっている感じがあります。

ドラゴンも余裕
サーベルマスターエクスチューンを購入!Xシートはマジで手が楽ちん。

シマノのタチウオテンヤロッドの最上位機種「サーベルマスター エクスチューン」を購入&実釣に使ってみましたので、インプレしたいと思います。 サーベルマスターエクスチューンとは? 関西では昔から船タチウオ ...

実釣動画

20極鋭タチウオ テンヤSPを使ったダイワさんの実釣動画です。

搭載技術など

スペックや搭載技術については、旧モデルと比べて大幅にバージョンアップしている感じではなくて、グリップに新しいエアセンサーシートが採用されていたり、デザインやカラーリングが変わっているといった具合ですが、元から十分すぎるスペックですけどね。

  • ESS(Expert Sense Simulation)=感性領域設計システム
  • AGS(エアガイドシステム)
  • SMT(スーパーメタルトップ)
  • X45
  • エアセンサーシート

ということで、個人的にもダイワの超弾性チタン合金で出来たSMT(スーパーメタルトップ)を使用した7:3調子の20極鋭タチウオ テンヤSP190AGSを使ってみたいですね〜。非常に気になるタチウオテンヤロッドです!

みんなの意見

20極鋭タチウオ テンヤSP ほしい?
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-タチウオテンヤ, ロッド
-