釣り&タックル情報サイト

つりにいく

シマノ(SHIMANO) リール

17サステインが登場!強さ&高感度を両立したシマノ最新スピニングリール!

投稿日:

イカメタル@白浜沖

イカメタル@白浜沖

こんにちは。先日、白浜沖まで今期最終のイカメタルに行ってきました!トータル76杯と自己最高を更新し「結構釣ったな〜」と思ってたのですが、同じ海域の別の船で釣ってた方が130杯以上釣り上げていたよう・・・。上には上がいますね〜。

写真は同行Mさん宅に滞在中のカルバンさん。初イカメタル挑戦で30杯以上釣り上げていました。本日はスクイッドパーティー開催とのことです(笑)

さて、本日はシマノから登場したNEWスピニングリール「17サステイン」を紹介。発売は2017年9月頃のようです。

シマノ「17サステイン」の特長

17サステインの「サステイン=持続」という意味が示す通り「強さ」に重きをおき、かつクイックレスポンスシリーズにカテゴライズされているように「感度」をも両立したハイスペックなスピニングリール。

シマノリールの強さの象徴である「HAGANEギア」や「HAGANEボディ」は勿論、17ツインパワーXDに搭載されているのと同じ「Xプロテクト」を搭載し、剛性の高さだけでなく高い防水性を保持。

ちなみに、17サステインのHAGANEボディはアルミニウムとマグネシウムを採用しているようで、ここ最近のリールに採用されているCi4+ではなく、より剛性が高い素材をチョイスしているのが、大きな特長だと思います。

そして、クイックレスポンスシリーズということで、NEWマグナムライトローターも採用されており、シマノの最新テクノロジーをてんこ盛りしたスピニングリールになっています。

デザインは派手さは無くて落ち着いた感じで、写真の印象だと15ツインパワーとか17ツインパワーXDっぽいかな。

Xプロテクト

Xプロテクト

Xプロテクトとは?

撥水処理&ラビリンス構造による防水構造

撥水処理に加え、水の浸入を抑えるラビリンス構造を採用した、シマノが誇る強靭な防水構造。回転抵抗を上げずに防水効果をアップするという難題を解決。加えて非接触タイプのシールを採用しているため摩耗することがなく、防水効果が長続きする。その回転軽さゆえ、ラインローラー部への採用も可能となり、ボディ部に加え、ラインローラーベアリングの耐久性も大幅に向上している

17サステインに採用されている技術など

  • HAGANEギア
  • X-SHIP
  • HAGANEボディ
  • Xプロテクト
  • NEWマグナムライトローター
  • カーボンクロスワッシャ
  • Gフリーボディ
  • 大径ドラグノブ
  • リジッド サポートドラグ
  • チタンワンピースベール

17サステインのラインナップ

17サステインのラインナップ

17サステインのラインナップ

17サステインのスペック

ギア比 ドラグ力
(最大)kg
自重(g) ナイロン糸巻量(lb-m)
フロロ糸巻量(lb-m)
PE糸巻量(号-m)
巻上長 ベアリング数 価格
C3000HG 6.0 3.5
9.0
225 2.5-180,3-150,4-100
2.5-160,3-130,4-100
1-400,1.5-270,2-180
88 8/1 36,000
3000XG 6.2 3.5
9.0
235 2.5-180,3-150,4-100
2.5-160,3-130,4-100
1-400,1.5-270,2-180
91 8/1 36,000
4000XG 6.2 6.0
11.0
285 3.5-170,4-150,5-125
3-190,4-145,5-115
1-500,1.5-320,2-210
99 8/1 37,000
C5000XG 6.2 6.0
11.0
285 4-190,5-150,6-125
4-170,5-135,6-115
1.5-420,2-300,3-190
103 8/1 37,000

剛性&クイックレスポンスシリーズで先に登場している「17ツインパワーXD」と比べると、17サステインの方が5g〜15g程度軽くなっています。

また、ぱっとみて分かる大きな違いとしては17ツインパワーXDはラウンド型ハンドルノブを採用しており、T字型ハンドルノブの17サステインとは形状が異なります。それと17サステインの方がベアリング数が1個少ないと言ったところでしょうか。

気になる部分としては、17ツインパワーXDのボディ素材は「アルミ」と言い切ってますが、17サステインは「アルミやマグネシウムなど」という表現になっているので、このあたりが若干違うのかもしれませんね。

ただ、定価ベースで17サステインの方が1万円近く安い事を考えると「17サステイン」の方がお得感があるかな〜。個人的には、名前とかカラーとかはツインパワーのが好きですけど。

C3000HG〜C5000XGの4種類の中型スピニングリールの番手で剛性も高いって事なので、用途しては、エギングやシーバス、タチウオワインドやロックフィッシュ、ショアジギングなんかに良さそうなスピニングリールですね。

17サステインの発売は2017年9月頃を予定しているようです。気になる方はチェックしてみて下さい!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-シマノ(SHIMANO), リール
-

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.