釣り&タックル情報サイト

つりにいく

タチウオ マリア(maria) ルアー/ワーム/ジグ ワインド 青物

メタフラなどハードルアーを使ったタチウオ&サゴシゲーム

更新日:

メタフラなどハードルアーを使ったタチウオ&サゴシゲーム

メタフラなどハードルアーを使ったタチウオ&サゴシゲーム

こんにちは。風邪がしつこく、なかなか治りませんが、一昨日西宮ケーソンまで。結果1ヒット1バラシでホゲました・・・(涙)隣のウキ釣りの方はポツポツと上げていましたが、ワインドなどルアー系は、恐らくあんまり釣れてないっぽかったです。見えてる範囲だとボウズか1〜2匹ぐらいかな。タチウオもそろそろ終盤戦、ドラゴン釣りたいな。

メタフラなどハードルアーを使ったタチウオ&サゴシゲーム

さて、ルアーニュースTVからマリア(Maria)のハードルアー「メタフラ、マールアミーゴⅡ、ムーチョルチア」を使ったタチウオゲーム(サゴシも)が公開されました。今年はあんまり使わなかったですが、マールアミーゴⅡとムーチョルチアは個人的にも愛用。メタフラは使った事ないですが、なんだか良さそうですね。

これからタチウオ狙いのワインドを始めてみたいって方にはこちら↓の記事もおすすめですよ!

おすすめ
ワインドを始めよう!

  いいね!して貰えると更新の励みになります!シェアするツイートするTwitter で Follow tsuri_219

続きを見る

おすすめ
ワインドワーム
ワインドワーム(ルアー)おすすめ7選をランキング形式で紹介!

タチウオやサゴシ狙いに最適なおすすめのワインドワーム(ルアー)を紹介。個人的に良く使うワインドワーム(ルアー)を中心にランキング形式でインプレしています。※使ったことがあるワインドワーム(ルアー)から ...

続きを見る

マリアの「メタフラ」とは?

メタルジグ+バイブレーションの美味しいどこ取りルアーがメタフラ。

ターゲットは、サゴシ、サワラ、青物、タチウオなど。メタルジグ並の遠投飛距離と、着水後のリトリーブから効果を発揮する「フラップ」によって後方波動を発生させることができ、これによりメタルジグで喰わない魚を喰わせる事ができるのが「メタフラ」ということ。

使い方は基本的に狙いたいレンジまで沈めてからの「タダ巻き」。メタフラの「ぶるぶる」という振動を感じるぐらいの速度で巻いてくるとOKとのこと。

↓メタフラ登場時の紹介記事です

マリアからプラグの泳ぎを実現したメタルジグ「メタフラ」が登場!

メタフラのカラーセレクト

メタフラ「アカキングロー」

メタフラ「アカキングロー」

潮が澄んでいる場合はナチュラル系「ブルピンイワシ」「ケイムラシルバー」、濁っている場合は「赤金」や膨張色がおすすめ。釣れない時の気分転換でカラーチェンジするのもモチベーションアップには良いですよ!ってことです。

メタフラのカラー(6色)
・ケイムラコットンキャンディ
・アカキングロー
・ケイムラシルバー
・ピンクイワシ
・勝負ピンク
・ブルピンイワシ

マリアの「ムーチョルチア」とは?

ムーチョルチアは18g、25g、35g、45g、60gの5種類のラインナップがあり、状況により使い分けられます。ターゲットはサゴシやメジロなど青物全般、タチウオにも効果的。

前述のメタフラとの使い分けは、メタフラはタダ巻き+フラップによる後方波動のバイブレーションの効果で、広範囲にアピールし魚を寄せつつ、直線的なアクションに反応する魚を狙い、ムーチョルチアはシャクリやフォールのイレギュラーアクションでリアクションバイトを狙う釣り方に適しているとのことです。

実売500円前後のメタルジグなので、メジャークラフトのジグパラシリーズと同じくリーズナブルなので、根掛かりをあまり気にせず投げられるのが良いです。(もちろんめちゃ飛びますし)。結果としてしっかりボトムを取れるので釣果につながっている気がします。

夕まずめ前の明るい時間帯や早朝、日が上がってしまってからの底に沈んでいるタチウオを狙うのに最適ですね。個人的にも35gを多用してます。

「より掛かり易く、バレにくい」アシストフック標準搭載のムーチョ・ルチア
ムーチョ・ルチアはスイミングアクションとフラッシングを兼ね揃えた、リーズナブルなキャスティングジグです。コンパクトなフォルムは、ショアから必要不可欠な遠投性能に優れています。また、腹面の水流抵抗により、横引きに有効なアクションも演出可能。キャスティングのみならず、オフショアのライトジギングでもその威力を発揮します。

メタフラやムーチョルチアなどハードルアー使用時のタックル

使用タックル

使用タックル

動画内でヤマリアスタッフ・佐伯大輔さんが使用されているタックルです。10フート7インチと長めのロッドは選択している理由は、足場が高い場合が多く、突然発生するナブラ撃ちにもロングキャストできるので有利。また細めのメインライン(PE0.8号)を使うことで、より飛距離を稼ぐ事ができ、風が強い場合にも太いラインより扱い易いメリットがあるとのことです。

ショックリーダーはフロロカーボンでは無く、ナイロンラインを選択。メタフラはタダ巻きの釣りなので、それほどラインにアタックしてくることが無くフロロカーボンより伸びるナイロンラインを使用することで、バイトを弾かないためとの事でした。

特にサゴシを狙う場合は、見切られないためにワイヤー使わない方が良い、ワインド用ワームのマナティー等の利用時にアシストフックを使わない方が良いなど言われますが、やはりワイヤーよりナイロンやフロロカーボンなど、見切られない透明のリーダーの方が釣果も良さそうですね。タチウオの場合でもワイヤー使ってると明らかに釣れない時がありますし。

メタフラなどハードルアーを使ったタチウオ&サゴシゲーム動画

動画後半では釣果は出ていませんでしたが、「マールアミーゴⅡ タチウオスペシャル」についての紹介もありました。メタフラより「ゆっくり巻ける」「浅いレンジを責められる」ので、薄暗い時間でタチウオが浮いてきた場合や、より見せる釣り方を選択したい場合はマールアミーゴⅡを使うと良いようです。

タダ巻きの定番バイブレーション「マールアミーゴⅡ」にタチウオSPが登場!

スピーディ!ハードベイトタチウオゲームin大阪府堺エリア沖波止

シーズン終盤になりましたが、大型が期待できる時期です。メタフラ、ムーチョルチア、マールアミーゴⅡなどハードルアーを使ったサゴシ&タチウオゲームも楽しそうですね。

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-タチウオ, マリア(maria), ルアー/ワーム/ジグ, ワインド, 青物
-,

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.