キャスティングゲーム

丹後でヒラマサキャスティング!ドリームサイズ現る。

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

ヒラマサキャスティング@丹後!
ヒラマサキャスティング@丹後!

京都の丹後までヒラマサキャスティングに行ってきました。お世話になった船は間人(たいざ)から出船している丹険丸さん。初めて乗せてもらいましたが、吉岡船長は優しく丁寧で初心者からエキスパートまで満足させてくれると思いますよ!おすすめです。

丹後でヒラマサキャスティング!

間人の丹険丸
間人の丹険丸

夜明け後すぐの5時に出船。期待の朝マズメからスタートです。今回は3人で丹険丸さんをチャーター。和気あいあい出来るのが良いです。

モーニングチェイス
モーニングチェイス

朝マズメの2流し目ぐらいだったと思いますが、同船者にチェイス。水面がモアっとなりましたが残念ながらバイトせず。私のルアーには反応しなかったですが、朝マズメに2人にそれぞれチェイスあり。

投げ続けますが
投げ続けますが

その後もガンガンと投げ続け同船者が1匹掛けますが何故かメジロ。そして、予報よりも風が吹かずで船も流れず。そのうち潮もとまってきて厳しい展開に。

ただ、場所によってはヒラマサではありませんが、鳥山も発生しててハマチやメジロがボイル。5cmぐらいのカタクチイワシを追いかけていて、水中を見るとイワシとハマチまみれ。でかいプラグには反応しないですが、小さめのジグには反応して追いかけてきます。

丹後ドリームサイズのヒラマサが出る

あっという間に最後の流し
あっという間に最後の流し

気付けばAM11時前。船長から「最後の一流しです」というアナウンス。風も出てきて、潮も流れ出して雰囲気良い感じやな〜と言ってたら、船尾で投げていた釣友のプラグに大きな波紋とともにビッグバイト!!

最後にヒット。
最後の最後にヒット。

いや〜マジ持ってるな〜。と言うしかない。最後の最後にヒット。それも丹後ドリームサイズの超大物ヒラマサ。水深20m前後しかない浅場ポイントでしたが、わずか5分ぐらいでネットイン。本人的にはかなり緊張してたみたいですが、めちゃ上手かった。

巨大ヒラマサ
巨大ヒラマサ

ヒラマサとのやり取り中も「10kgとかそんな程度ではない!」って言うてましたが、見てる感じは余裕ありそうなやり取りで、そんなにでかいんかな〜と思ってましたが、上がってきたのは19.5kgの超ビッグサイズのヒラマサでビビった。ちなみに、丹険丸レコード更新だそうです。

皆カメラマンにw
皆カメラマンにw

魚があがってきた後は興奮冷めやらぬ状態で皆がカメラマンになってましたw。こんなにテンションあがるのはヤエンで3kgクラスを上げた時以来かも。

無事にリリース。そしてそのまま終了。なので、この海域には間違いなく20kgクラスのヒラマサが泳いでいるんです(笑)

125cmオーバーのヒラマサ
125cmオーバーのヒラマサ

結局、私は坊主でしたがええもん見れました。ちなみに、ヒットしたのは私のプラグのわずか5m〜10m横だったんですけどね〜(笑)こんなでかいヒラマサ掛けて自分は取れるんかな〜とか色々思いましたけど、ほんま夢あります。

丹後のヒラマサキャスティングのタックル

丹後のヒラマサキャスティングのタックル

今回の丹後ヒラマサキャスティングタックルは6号タックルを使用しました(全員6号タックル)。船長曰く、以前は3号や4号といったライトタックルでやっていたけど、15kgを超えるような良サイズが出る事もあるので、最低でも5号、できれば6号タックルぐらいは用意しとくと良いってことでした。実際、今回も19.5kgという丹後ドリームサイズが出ましたし、定置網には30kg近いやつも入ったりしてるみたい。

-キャスティングゲーム
-