釣り&タックル情報サイト

つりにいく

釣果情報

鳴門「ウチノ海」で筏のカレイ釣り!合計11枚と好釣果でした。

更新日:

鳴門の堂浦でカレイ釣り

鳴門の堂浦でカレイ釣り

こんにちは。先週末は鳴門にあるウチノ海(堂浦)で筏(屋形)からのカレイ釣りをしてきました。

少し空が白んできた朝6時ぐらいに出船。早朝は流石に寒く恐らく気温0度前後ぐらい。日が上がってからはポカポカと暖かく風もあまり無い釣日和。ただ、たまに吹き付ける風がかなり冷たく防寒具は終始、冬支度と変わらない感じでした。

画像は筏の様子。板張りで結構広くビニールカーテンのようなもので囲った簡易トイレ(海に直通)も装備。

屋根も付いているので、日差しや雨もある程度しのげる様になっていて快適。日向で寝転ぶと超気持ちよかったので、少し寝てしまいました。

カレイ釣りの仕掛け

天秤仕掛け

天秤仕掛け

筏もカレイ釣りも初めて。誘ってもらったMさんに教えてもらったのですが、筏からのカレイ釣りでは下記を用意。

実際の仕掛けとしては、上の画像のオモリ部分にマキエ用カゴをセットし、カゴの下にオモリをセット。全ての竿にマキエ用のカゴは必要無いみたい。この辺はサジ加減で。

L型天秤

天秤

天秤

天秤。すごくシンプルで使いやすかった。8cmと10cmを使用。竿の本数分必要です。

なす型オモリ

ナス型オモリ

ナス型オモリ

ナス型オモリ。10号と12号を使用。竿の本数分必要です。とあるサイトではグロータイプもおすすめと書いてました。

カレイ専用まきえ

カレイ専用マキエ

カレイ専用マキエ

カレイ専用マキエ。1人1袋ぐらい使いました。水を入れる必要もなく開けて使うだけ。この撒き餌があるのと無いのとで大違いとのこと。必ず持っていった方が良いみたいです。握ってカゴに詰めたり、そのまま撒き餌したりしました。貝殻が入っていて握るとたまにチックと痛い。

餌カゴ

撒き餌カゴ「ステンアンドン」中目

撒き餌カゴ「ステンアンドン」中目

撒き餌カゴ「ステンアンドン」中目。6本竿を出して4つ分カゴを用意しました。こんな形のカゴは初めて使いました。この中に撒き餌を握って入れます。

カレイ専用仕掛け

カレイ釣り専用仕掛け

カレイ釣り専用仕掛け

カレイ専用仕掛け11号と12号を使用。それと替え針(針ロスト時に交換用)。針部分に赤や緑のふわふわしたボンボリみたいなのが付いているタイプもあります。今回は使わなかったですが、試してみるのは良さそうですね。

カレイ釣りの餌&イソメの友

イソメの友

イソメの友

カレイ仕掛けは2本針になっていて、餌には青イソメやマムシを使用。今回は青イソメのみ1人2000円分を購入。

私は竿6本、この釣りを教えてくれたMさんは確か8本出してましたが、AM6時〜15時までの釣行で、私は1000円分丁度ぐらい使用。Mさんは2000円分ちょうどぐらいを使用していました。まだ海水温が低く、イソメがあまり弱らなかったので長持ちしたようですが、もう少し餌を替えても良かったかな。

ちなみに、餌の付替えが忙しいですが、出す竿は多い方が良いみたいで10本以上出す人もいるとのこと。

それと、もう1つ便利な秘密?アイテムが。Mさんに頂いたのですが「イソメの友」っていう商品。イソメにふりかけるだけで、めちゃくちゃ掴みやすくなり、イソメを針に付けやすくなります。これを使うのと使わないのでは、餌のつけやすさに雲泥の差がでました。凄い!

カレイ釣りのタックル(リールやロッド)

カレイ釣りのタックル

カレイ釣りのタックル

餌釣り用の竿は1本だけしか持ってないので、いつも使っているルアーロッドで使えそうなのを総動員。投げ釣りではないので、3m以内の短めの竿が扱いやすかったです。

強めのメバルロッドからシーバスロッド、エギングロッド、ブラックバス用のロッドなどなど。個人的にはエギングロッドが使いやすかったかな。

リールもスピニングでもベイトリールでもOK。ナイロンライン3号前後あれば良いと思います。リールの半分はいつも使っているPEラインのままでしたが、極端に細く無ければ問題ないと思いますよ。

カレイの釣り方

カレイの釣り方

カレイの釣り方

基本的には待ちの釣り。仕掛けを投入して5分や10分おきに大きく合わせを入れてチェック。カレイが付いていると竿が弧を描くという感じ。何も無ければカゴに撒き餌を詰め、青イソメが弱っていたら交換。というのを出している竿を順次行っていきます。

面白いというか、不思議な事に竿には殆どアタリが出ないです。全く釣れて無さそうな雰囲気の竿に、30cmを超えるカレイがしっかりとついてたり。海の中でどういう状態で食べてるのか気になります・・。

アタリはあまり出ないですが大型カレイは引いてくると、ぐぐっと締め込んできますよ。あ、あとタモ入れしないとバレやすいってことだったので、タモ入れをおすすめします。

鳴門「ウチノ海」のカレイ釣果

釣果:カレイとタコ

釣果:カレイとタコ

初めてのカレイ釣りでしたが、午前中に37cmを筆頭にカレイ4枚と、嬉しい外道の2kgオーバーの巨大マダコ!も釣れて、ここ2回程ボーズ続きでしたが、釣果に恵まれた最高の1日でした。

教えてくれたMさんは、当日の竿頭でカレイ合計7枚と流石(Mさん色々と有難うございました)。そして昨日はカレイとマダコの刺身、今日は仕込んでおいたカレイの昆布締めが待ってます、超楽しみ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-釣果情報
-, , ,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.