釣り&タックル情報サイト

つりにいく

タコ釣り(船/陸)

タコエギのおすすめはどれ?!カラー選びや仕掛けについて解説

投稿日:

タコエギにも色々な種類が発売されています。その中でも個人的におすすめのタコエギや持っておきたいカラーなどを紹介。タコエギを使った仕掛けなども解説しています。

タコエギとは?

大きな掛け針

大きな掛け針

タコエギは、餌木と呼ばれる漁具をタコ用にカスタマイズしたルアー。エギングで使う餌木と形状は非常に似ていますが、掛針が非常に大きく頑丈に作られているのが特徴。

仕掛け

今回のタコ釣りタックル

タコエギ仕掛けは、結構シンプルです。50号前後のオモリと2個〜3個程度「タコエギ」を専用のスナップで接続してぶら下げます。

ツインスイベル

ツインスイベル

タコエギは沢山付けるとアピール力はあがりますが、潮流の影響を受けやすいので私は2個にしています。

タコ集寄ブレード

タコ集寄ブレード

タコエギの上部には、集寄ブレードなどを1つぐらい付けとくと良いかも。これも盛りだくさんすぎると、潮に流されやすくなりますのでご注意下さい。

カラー選び

タコエギ達

タコエギ達

タコエギも非常に多くのカラーが存在します。日や時間によってアタリカラーは異なりますが、良く使うパイロットカラーみたいなモノはあります。タコエギのカラーでタコの釣果はかなり違うので、色んなカラーを持っていきたいところ。

同じ緑でも、ビビットなモノが良い日や、青みが強いモノに反応が良い日があったりと、微妙な違いによって反応が異なる場合もあります。

ちなみに、調べてみると蛸には色覚が無いらしいです。皮膚に光に反応するタンパク質があるとの事ですが、その皮膚もカラーまでは判別してないよう。様々なモノに色も含めて擬態できるので、何らかの方法で情報を得ていると思いますが、どのように蛸が判別しているかっていう仕組みはまだ謎みたい。

蛸に聞いてないので本当のところは分かりませんが、実釣している感じでは間違いなくカラーによって反応が違います。

絶対持っていきたいカラー

墨族のタコエギ「蛸墨族」

個人的にはこの3種類は絶対に持っていきたいカラー。まず、この中の2種類を仕掛けに付けて反応を探る事が多いです。ちなみに、ロストする事もあるので、2個ずつぐらい持っていってます。

  • 白系
  • 黄色系(チャート)
  • 緑系

用意しておきたいカラー

オレンジ

オレンジゴールド

このオレンジゴールドもお気に入りで結構釣れる気がする。ピンクや濃い赤に反応が良い時もあります。

  • ピンク
  • オレンジ(ゴールド)
  • 赤系

たまにアタリカラーになるカラー

黒

黒が良かった!っていう覚えは正直無いんですが、青系が良さそうって時間帯はありました。

ミックスカラーもあるよ

タコエギ:イタリアン

タコエギ:イタリアン

上記カラーがミックスされたモノも沢山存在します。例えば、イタリアン(赤・白・緑)とかレッドヘッドとか。結構気に入って使っています。

餌+タコエギが良い時も。

秘密兵器:蛸墨族オンブ

秘密兵器:蛸墨族オンブ

タコテンヤのように、脂身やサンマなど餌を乗っけることができるタコエギもあります。色んなカラーを使っても反応が無い時に、餌+タコエギを試せるので、1つ持っていると攻め方のバリエーションが増えて良いですよ。餌が乗っている方が良型が出やすいって言われます。

おすすめのタコエギ

蛸墨族(ハリミツ)

蛸墨族のタコエギ「枝豆」

蛸墨族のタコエギ「枝豆」

オレンジゴールド

オレンジゴールド

タコエギと言えば、この「蛸墨族」のタコエギでしょう。タコ全盛シーズンともなれば、釣具屋でも大量にコーナー組され陳列されます。色々なメーカーとのコラボカラーなどもあり、実績も高くカラーも豊富なので、蛸墨族を選んでおけば間違い無いですね。お気に入りカラーはアシスト工房とのコラボカラー「枝豆」。

オクトパスタップ(マルシン漁具)

オクトパスタップを大人買い

オクトパスタップを大人買い

圧倒的な高コスパが魅力的なのがマルシン漁具の「オクトパスタップ」。安いところだと300円前後と蛸墨族の半額以下で購入できます。タコエギをロストすることも多いタコ釣りに値段が安いってのは正義ですね。カラーラインナップが少なめですが、オーソドックスなカラーはあるので十分使えます。予備タコエギとして持っておくというのもGOOD!

デビルクラッカー(ワンナック)

デビルクラッカー(ワンナック)

デビルクラッカー(ワンナック)

デビルクラッカー

デビルクラッカー

ワンナックのデビルクラッカーは、タコエギとは全く違ったモノで、掛針にワームがセットされたもの。タコエギには反応が無い時でも、このデビルクラッカーには反応が出ることもあり1人勝ちできるかもしれない切り札アイテム。

デビルクロー・ハンガー

デビルクロー・ハンガー

丸っこい2つのクラッカーが標準で付いており、2つがぶつかるとカチカチと音がします。デビルクローハンガーと呼ばれるシャフト部分に「デビルクロー」というタコ釣り用専用ワームがセッティングできるようになっています。標準でカラー違いの2種類が予めセッティングされていますが、別売りのデビルクローを購入すれば、すぐにカラー変更が出来るようになっています。ちなみに、大きめのワームであれば好きなのをぶっ刺せば使えますね。

多数の細い掛針

多数の細い掛針

また、イカ餌木のカンナのデカイ版みたいな掛針が付いており、容易にタコにフッキング。バラシも少ない設計になっています。ただし、その分根掛りしやすいですが、針がタコエギに比べて細く伸び易いので回収率は高め。伸びた針はプライヤーで元に戻せばOKです。よく釣れるので、デビルクラッカー派のタコ釣り師も多いです。

色んなタコエギで蛸を狙おう!

色んなタコエギで蛸を狙おう

色んなタコエギで蛸を狙おう

他にも色々なタコエギやタコ用ルアーは発売されていますが、個人的に使っているものを3種類紹介してみました。カラーや種類を用意しておけば、釣果を伸ばせる事もあるので釣れないタイミングは色々と試してみましょう!

船タコ釣り
墨族のタコエギ「蛸墨族」
船タコ釣りのタックルや仕掛けってどんなの?初心者目線でレポート!

明石のタコと言えば高級食材。そんな美味しいタコを船から狙うのが「船タコ釣り」です。私もお誘いいただき今年初挑戦ということで、色々と船タコ釣りについて調べてみました。 船からのタコ釣りに必要なタックルや ...

続きを見る

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-タコ釣り(船/陸)
-

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.