タコ釣り(船/陸)

タコ釣り入門!おすすめタックルや仕掛け・釣り方を紹介します!

タコジグに食らいつくタコ

タコジグに食らいつくタコ

最近流行りのルアーを使ったタコ釣り(陸っぱり)について紹介します。ロッドやリールなどの必要タックルやタコジグ・タコエギ仕掛けを使った蛸の釣り方などを解説しています!コツを掴めば10杯・20杯と数釣りも可能。身近な漁港や堤防、テトラから船釣りまで色々なところで釣れるのも魅力ですね。

タコ釣りとは?

良型のタコ

良型のタコ

タコ釣りは、船やオカッパリからタコジグやタコエギを使って蛸を釣るルアー釣りです。タコ釣り自体に派手さは無いですが、堤防際や障害物、根周りを丁寧に探っていると「ヌンッ」という違和感とともに釣れます。やってみると想像以上に楽しく嬉しいですよ!

防波堤(護岸の壁)に張り付いているタコをタコジグを使い探っていく釣り方と、タコエギを使いキャストして海底や根回りを探っていく釣り方の2種類が主なやり方となります。

船からのタコ釣りはこちら↓

こちらもCHECK

墨族のタコエギ「蛸墨族」
船タコ釣りのタックルや仕掛けってどんなの?初心者目線でレポート!

タコ釣り 明石のタコと言えば高級食材。そんな美味しいタコを船から狙うのが「船タコ釣り」です。私もお誘いいただき今年初挑戦ということで、色々と船タコ釣りについて調べてみました。 船からのタコ釣りに必要な ...

続きを見る

タコ釣りのシーズン(時期)

武庫一 3番から東向きの様子

タコ釣りのベストシーズンは夏場。6月頃〜9月頃は新子のタコが沢山いるので狙いやすい時期です。

シーズン序盤の5月や6月頃は親タコと新子が交じるので、たまにサイズが良かったりもします。8月頃になると数は沢山釣れますが、小型が殆どになってきます。あまり小さいものは持って帰らずリリースしてあげると良いですね。冬に近づくと個体数は減りますが、大型になっていく傾向があるので、船タコ釣りでは大型狙いの冬便がある場合もあります。

釣れる時間帯や潮

タコの新子

タコの新子

タコ釣りにも時合があり1日中やっているとパタパタと釣れる時間帯が何度かあります。潮の動きに敏感なようで、潮が動き出すと良く釣れます。特に満潮からの下げ潮がタイミング的に良いとされています。潮止まりはあまり釣れない事が多く、潮の流れが速すぎるのもあまり釣れないですね。

基本的に夜行性で夜間に捕食活動を行うので夜狙う人も多いですが、足元を探る釣りなので個人的には安全な朝マズメや夕マズメがおすすめです。良く釣れます。

狙うポイント

ケーソンのつなぎ目

ケーソンのつなぎ目

使い方は場所にもよりますが、防波堤際(ケーソン際)から10cm〜20cm程度離しアタリ棚を探ります。

ケーソンとケーソンのつなぎ目(写真の矢印のような部分)が少し段差になっていて、タコが付きやすくなっています。朝一にこのような場所を中心にタコがヒットする棚を探し当てます。

当日のタコのアタリ棚が、例えば底から1mぐらいなどが分かれば、その棚を中心にケーソンの際に沿ってタコを探り歩きます。

歩きながら軽くタコエギをシェイクし、違和感あれば竿で少し聞いてみて、タコっぽければ海側に向かってタコを引き剥がす感じで大きく合わせます。

タコ釣りの仕掛け

3連タコエギ

3連タコエギ

タコ釣りの仕掛けは、太めのPEラインにタコジグやタコエギなどのルアーを付けた非常にシンプルなもの。

ルアーを捕食対象にしているというよりは、縄張りにはいってきた敵(タコ?)に対して攻撃してくる習性を利用した釣りになります。

かなり根掛かりの多い釣りなので、できるだけ強い仕掛けが良いと思いますよ。弱い仕掛けだと、がんがんタコエギやタコジグをロストしていきます・・・(涙)

タコジグ

タコジグ

タコジグ

代表的なタコ釣りルアーの1つタコジグ。見た目は可愛らしいのですが、スカートの中には鋭い大型の針が潜んでいます。あらかじめオモリが付いているタコジグと、オモリなしのタコジグがあります。タコジグは通常3連や4連で使用し一番下のタコジグはオモリ付きにします。

初めてなら最初からセットされている3連タイプがおすすめです(釣具屋で売ってます)。

カラーは赤・ピンク・白・紫・金・銀・オレンジなど色々とあります。

日によってアタリカラーがあるので、最初は色々使ってみて反応の良いカラーを探ります。ちなみに先日のムコイチでは赤系カラーに反応が良かったです。

タコ釣りをしているとタコエギをロストしてしまうこともありますので、カラー違いで予備を持っていると良いですよ。

タコエギ

タコエギ

タコエギ

タコエギはエギングで使うエギのカンナ部分が針になったようなルアー。

ヘッド下部の大型オモリでボトムが取りやすく、また、エギが少し浮くように出来ており、根掛かりを回避する仕組みになっています。

太めのラインを使っていても障害物周りを攻めるので根掛かりでロストする事も多く、イカ用に販売されている格安エギを自分でカスタマイズして使っている方もいらっしゃいます。

またアピール力を高めるために、タコエギにタコベイトやキラキラ光る紙のようなモノを付けたり、リーダー部分にケミホタルを付けるなど独自でカスタマイズされている方も多いです。

カラー選びが重要

タコジグもタコエギもカラーが重要です。

基本カラーとして黄色系や白(グロー系)、赤系が良く使われるカラーです。他にもグリーンや黒、青や金色など色々なカラーが発売されています。日によってアタリカラーが違うので基本カラーは勿論、色んなカラーを用意しておきましょう。特にタコエギはカラーがかなり豊富です。

タコエギ船
タコエギ
タコエギのおすすめはどれ?!カラー選びや仕掛けについて解説

タコエギにも色々な種類が発売されています。その中でも個人的におすすめのタコエギや持っておきたいカラーなどを紹介。タコエギを使った仕掛けなども解説しています。 タコエギとは? 大きな掛け針 タコエギは、 ...

メインラインは極太PE

タコ釣り用のライン

タコ釣り用のライン

ケーソン際を探るバーチカルな釣りの場合は、PEライン8号に80LBの既製品仕掛け(タコジグ3連用のタコゆらリーダー)を使用しています。

タコエギのキャスティングの場合はPE8号だと流石に太すぎて、糸巻き量が少なすぎるのでPE2号〜4号ぐらいで、50LB〜60LBのフロロカーボンショックリーダーを1m〜1.5m程でやっています。

リーダー

3連用タコエギリーダー

3連用タコエギリーダー「タコゆらリーダー」

タコ釣りの仕掛けに使う3連タコエギ用リーダー(4連のもあります)。80LBや100LBぐらいのフロロカーボンラインを使って自作でも問題無いと思います。また、3連になったタコジグがセットされた仕掛けも販売されています。

おすすめタックルを紹介

タコ釣りにおすすめのタックルは?

タコ釣りにおすすめのタックルは?

タコ釣りのタックルはスピニングタックルとベイトタックルの両方が使えます。

極太PEラインとタコエギを使って、壁に張り付いているタコを強引に引き剥がして釣るにはパワフルなベイトタックルが最適。

タコエギをキャストして海底の障害物周りを丁寧に探っていくのは、スピニングタックルが使いやすいです。

おすすめロッド(竿)

タコ用ロッドは、スピニングロッドとベイトロッドがあり、どちらもかなりパワーがある硬めのロッドが適しています。

特にベイトロッドはかなりしっかりした硬めのロッドが多いです。ブラックバス用の強めのベイトロッドや、スピニングだと硬めのエギングロッドなどでも代用できます。

要はできるだけしっかりしたロッドがおすすめです。

メジャークラフト ソルパラ タコ

ソルパラ タコモデル

ソルパラ タコモデル

私の使用しているロッドはソルパラ タコシリーズの「SPS-B702H Taco」。値段的にもスペック的にも十分。ティップは適度に柔らかいのでタコからの反応を得やすく、バット部分は根掛かりにも負けない強力パワー。

極端に短いロッドではないので、タコジグを使ったバーチカルな釣りでも、タコエギをキャストして使う釣りにも使えるので良いです。スピニングモデルもあります。

SPS-B702H Tacoのスペック
全 長:7フィート
ルアー:56g
ライン:PE4号〜10号

SPS-B702H Tacoの特長

夏から秋にかけての数釣りで必要とされる手返しの良さを求めるならこのロッドがベスト。晩秋のデカダコにも負けないバットパワーをも持ち合わせたこのロッドはタコマニアも納得のアイテムです。

アブガルシア タコスフィールド「TAKOSSFIELD TKFC-762H」

アブガルシアの、タコスフィールド「TAKOSSFIELD TKFC-762H」。ソルパラよりこっちのが良さそうだったのですが、予算的に少し高かったので断念。余裕がある方は是非!スピニングモデルも用意されています。

TAKOSSFIELD TKFC-762Hのスペック
全 長:7フィート6インチ(229cm)
ルアー:10〜180g
ライン:PE2号〜8号

クラーケン専用ベイトキャスティングロッド。タコの先駆者、デビル渡辺氏が監修したモデル。ティップはソフトで繊細。タコを掛けてからも綺麗に曲がり、最終的にはタコを引き剥がすバットパワーを持っています。タコルアーは180gまで使用可能で、PEラインMAX8号まで使える高強度設計。繊細に誘えながらも、強さを持ったヘビーアクションに仕上がりました。リールはビッグシューターと相性抜群です。

おすすめリール

タコ釣りに使うリールは、太めのPEラインが使用できるものが良いです。

ベイトリールなら、PEライン(4号〜10号ぐらい)が巻けドラグ力が強いものが良いでしょう。

スピニングタックルでもPEライン2号程度が使える中型番手ぐらいのサイズが適しています。ちなみに、私はもっぱらベイトタックルでやっていますが、PE8号を巻いて使っています。

船タコリール
タコ釣り
【最新】おすすめタコ用リール!ドラグ力や糸巻き量など必要な性能は?

タコ釣り こんにちは。こないだ某釣具ブランドのファミリーセールに行ってきたんですが、今使っているタコリールが、かなりボロボロになってきてるのもあって、新しいタコリールを買おうかどうか非常に迷ったのです ...

アブガルシア ブルーマックス船

アブガルシア ブルーマックス船

アブガルシア ブルーマックス船

ブルーマックス船は小物狙い用のベイトリールですが、PEライン8号が30mぐらい巻け、ドラグ力もMAX6.8kgと結構強め。自重235gと軽量で長時間使うのに適してるのでタコ釣りに最適。価格も実売5,000円前後と安めなのもGOOD。

シマノ バルケッタ BB 600PG

最近追加されたバルケッタBB 600PG。ドラグ力6kgでPE2号が300mと糸巻き量も多いです。自重245gと軽量な部類。カウンターが付いているので、タコジグを使ったバーチカルな釣りの「棚取り」に威力を発揮しますね。ロングパワーハンドルが標準で付いてるのも良いです。

アブガルシア レボ ビッグシューター WM50

大型魚を対象にしたビッグゲーム向けのベイトリールが「レボ ビッグシューター」。WM60と一回り大きめのサイズもありますが、WM50でPE8号が100mと十分過ぎる糸巻き量を誇ります。

自重400gと重たいですが、最大ドラグは10kgと強力。見た目もかっこいいですね!デビル渡辺氏曰く、アブガルシアのタコロッド「タコスフィールド」とベストマッチということです。

タコの釣り方(誘い方)

タコの釣り方は大きく分けて2通り。タコジグやタコエギを岸壁沿いに垂直に落としタコを誘う方法。それと、タコエギをキャストして海底の障害物などに隠れているタコを誘う方法。

タコジグを垂直に落として誘う

タコの釣り方

タコの釣り方

タコジグなどのルアーを防波堤の岸壁沿いにゆ〜っくりと落としながら、そして、時にタコエギをシェイクしたりしながらタコを誘います。イガイやカキ殻のような貝殻が群生している場所や、ケーソンとケーソンのつなぎ目など、タコの隠れ家になる場所や餌が多い場所を重点的に探っていきましょう。1箇所探ったら、次へ、そしてその次へと、長い護岸をひたすらタコの場所を探して歩きます。

ちょっとしたコツ!

岸壁ヘチ釣りの場合、1匹タコが釣れたら、その水深を覚えておきましょう。大体その水深が、その日のタコのアタリ棚になっている場合が多いです。

タコエギをキャストして釣る

タコエギを使った釣り方

タコエギを使った釣り方

タコエギを使った釣り方は、タコエギをキャストし着底させた後ボトムをズル引き。リフト&フォールを織り交ぜながら、地形変化や障害物を感じる場所などで、タコエギをシェイクするなどアクションを加えアピール。「ヌンッ」と違和感を感じたら一気に合わせます。※根掛かりの場合も良くあります・・・。

アタリの取り方

海底や岸壁にタコジグやタコエギを落とし、「数秒誘うようにシェイクし数秒ステイする」という動作を繰り返していると、ヌンっと重みを感じたり違和感を感じる場合があります。これがタコのアタリ。

アタリではなく根掛りの場合もあるので、違和感があったら竿でききながら、海底や岸壁から剥がすようなイメージで大きく合わせを入れます。

何度かやっているとタコのアタリかな?と分かるようになりますよ!

タコの釣り方動画

デビル渡辺氏による実釣解説動画です。タコエギを使用した釣りではありませんが、どのようなポイントを探ると良いかなど非常に参考になります。アブガルシア レボビッグシューター、良いですね〜。高いけど。

タコの締め方

釣った後は、タコもしっかり〆ましょう。眉間の間をナイフやピックのようなもので、突き刺すような感じです。動画を見ると分かりやすいですよ。一瞬で白くなって締まります。

釣行に持っていく道具や装備

タコ釣りのロッドやリール、仕掛けなど必須の道具以外で持っていくと便利なアイテムを紹介します。

タコ用ネット

タコ用のネット

タコ用のネット

タコ用ネット。チャックで開閉するので、タコが出てこられません。(普通の袋だと口を縛っていても出てくる事があります)釣具屋さんで300円程。チャックで閉まる洗濯用ネットでも良いですよ。

小型ソフトクーラーボックス

小型のソフトクーラーボックス

小型のソフトクーラーボックス

メインのクラーボックスとは別に、小型ソフトクーラーボックスのような物があると、遠くまで釣り歩いて重たいメインクーラーボックスから遠く離れてしまっても、その場で入れられるので戻る必要も無く、タコも新鮮なままキープできます。暑い時期なので、飲み物を1つ入れておくのも良いですね。

激ウマ蛸を沢山釣り上げよう!

我が家のたこ焼き職人

我が家のたこ焼き職人

初心者でも簡単に釣れるタコ。その日の棚をしっかり把握し、タコが隠れていそうな場所を丁寧に探れば釣れること間違い無し!沢山釣ってたこ焼きパーティーで楽しもう!※ちなみに、暑い時期の釣りなので熱中症(日焼け)には十分に注意しましょう!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-タコ釣り(船/陸)
-,

© 2021 つりにいく