ダイワ(daiwa) ロックフィッシュ ロッド

少し買いやすくなった?キジハタ(アコウ)用ロッドHRF® KJが登場[ダイワ]

ダイワからキジハタ(アコウ)などロックフィッシュをターゲットにしたロッド「HRF® KJ」が登場。キジハタゲームが人気の西日本を中心に磯や防波堤でテストされ、地元アングラーとともに調整されてきたロッドということ。2016年5月頃に発売予定ということで、キジハタシーズンの開幕にも間に合いますね。 先に発売されているソルティスト AGS HRF®やソルティスト HRF®に比べるとお求めやすい価格設定です。気になる方は是非チェック!

下記は復活したロックフィッシュロッド「HRF®」の記事です↓

アブガルシアからソルティースタイル キジハタが登場↓

[ダイワ]ロックフィッシュロッド HRF KJの特徴

HRF® KJ

HRF® KJのロゴ

ブランクにブレーディングXを搭載。キジハタ(アコウ)をメインターゲットに調整したモデル。また徹底的な軽量化を追求し軽さ、しゃきっと感とパワーを兼ね備えた。キジハタ(アコウ)以外にも、様々なロックフィッシュを相手に楽しめる!

ブレーディングXについて

ブレーディングX

ブレーディングX

ブランクのバットセクション最外層をカーボンテープでX状に締め上げ、ロッド操作時のネジレを抑制。パワーと操作性をアップさせる強化構造の事。

[ダイワ]ロックフィッシュロッド HRF KJ 各モデルのスペック

HRF KJ 85MS(スピニング)

遠投し広範囲を探れるスピニングモデル。スイミング系リグの操作性が良い。ティップは柔らかめで小型、中型キジハタのバイトも捉えやすい。パワーもあり、魚を掛けた後は一気にストラクチャーから引き離せる。リールシート位置が前方にあり、肘や脇で固定しやすくなっている。

HRF KJ 77MHB ベイト

堤防や波止で使いやすいベイトロッド。テトラに潜むキジハタを狙うためのロッド。繊細な穂先で軽いリグでもボトムを感知しやすい。パワーもあり、軽量リグから1オンス程度のリグまで対応できる。最初の1本としてもおすすめ。

HRF KJ 711HB ベイト

堤防や磯をカバーするモンスター向けのパワフルなロッド。77MHBより長さとパワーを強化してある。広範囲を探れる長さ、大型を根や海底から引き離すパワーを兼ね備えるモデル。やや胴調子に設定で、穂先トルクを上げているので重いリグも扱いやすい。遠投・パワーモデルだが軽量なので、操作性も高く、取り回しの良いパワーロッド。

全長
(m)
仕舞
(cm)
自重
(g)
ルアー
重量
(g)
ライン価格
(円)
ナイロン
(lb.)
PE
(号)
85MS2.571331345-3010-200.6-2.023,200
77MHB2.311201335-3510-240.8-2.522,200
711HB2.411251527-4510-240.8-2.522,700

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-ダイワ(daiwa), ロックフィッシュ, ロッド