アジング ティクト(TICT) メバリング ライトゲーム ロッド

スラムUTRシリーズに迫る操作感のアジングロッド「スラムEXR」が誕生!

こんにちは。本日の11時30分頃から12時30分までの約1時間程度、閲覧障害が発生しておりました。この時間帯にご訪問頂いた方、すいませんでした。

さて、ティクトからスラムUTRの弟分にあたる「スラム EXR」が誕生しました。ハイエンドモデルのUTRに迫る操作感を実現したということで、非常に高性能なアジングロッドとなっているようです。

ちなみにEXRはEXPERT TECHNICAL RODの略。

アジングロッド「スラムEXR(SRAM EXR)」の特長

SicとSic-Sとトルザイトの比較

SicとSic-Sとトルザイトの比較

瞬時に掛けるハイレスポンスアクション、軽量ジグヘッドから重量級Mキャロまでとリグに合わせた個性あるラインナップ。従来のSicリングよりも薄く、軽くなったSic-Sリングガイドの採用により、操作抵抗を軽減。
高弾性カーボンを採用し、特有の反発力による素早いフッキングと魚を掛けた時の粘りあるファイト。また、一から見直したロッドバランスによる高い操作性で 攻撃的に攻められる。テクニックを駆使し、一瞬を逃がさない!エキスパートも納得のアジングロッド新機軸。

アジングロッド「スラムEXR」ではガイドにFUJIの最新ガイドリング「Sic-S」を採用しています。このSic-Sは従来のSicリングに比べて薄くなっており、通常のSIC-J型に比べて約9%程度の軽量化に成功しているとのこと。

上の写真2つを見る感じではトルザイト程では無いですが、たしかに幅が薄くなっているのが分かりますね。

FUJではSIC-Sをスタンダードに!と言ってますので、今後はこのSic-Sとトルザイトリングの2つが主流になってきそうです。

アジングロッド「スラム EXR」のラインナップとスペック

スラムEXRのラインナップ

スラムEXRのラインナップ

そして、SRM EXRはこのSIC-Sを搭載した4機種をラインナップしています。

◎EXR-60S-Sis
軽量ジグ単用、6フィートジャストのショートロッド。細身かつシャープなブランクスと極細ソリッドティップとで軽量ジグヘッドを意のままに操る。漁港内や小場所における取り回しの良さはもちろん、掛けてからはしっかりと曲がってアジの引きを柔軟にいなす接近戦モデル。

◎EXR-64S-Sis
ジグ単用6フィート4インチ。軽量ジグヘッドから3.5gといった少し重めのウェイトまでカバーし、漁港はもちろん、少し足場の高い場所でもほど良いレングスが、飛距離・繊細な操作性、また取り回しの良いやりとりと三拍子揃って実現するジグ単オールラウンダー。

◎EXR-66T-Sis
ヘビージグ単、ディープ攻略用の6フィート6インチチューブラーロッド。チューブラー独特の乾いたような反響で、沖目のディープへ遠投したジグヘッドからはっきりとしたシグナルを伝達。全体的に張りのあるブランクスで瞬感フッキングを実現したスーパーハイレスポンスモデル。

◎EXR-73S-Sis
7フィート3インチを感じさせない細身と軽量設計で、ジグ単やミニMキャロなどミドルレングスを活かした圧巻のキャスト性能。今まで届きそうで届かなかったライズなど、かゆいところに手が届く。沖目でのアタリも高い反発力の掛け調子で瞬掛けするハイレスポンスロッド。

スラムEXRの紹介動画

スラムEXRのスペック

モデル名ティップ全長継数自重(g)ルアー
(g)
Line
(MONO)
Line
(PE/号)
価格
EXR-60S-Sisカーボン
ソリッド
6'(183)2pc.580.2~2g0.8~2lb-¥31,000
EXR-64S-Sisカーボン
ソリッド
6'4"(194)2pc.600.2~3.5g0.8~2.5lb-¥32,000
EXR-66T-Sisチューブラー6'6"(199)2pc.651~4g0.8~3lb#0.15~0.35¥33,000
EXR-73S-Sisカーボン
ソリッド
7'3"(221)2pc.700.8~7g0.8~3lb#0.15~0.35¥35,000

アジングロッド「スラムEXR」は、ハイエンドモデルのスラムUTRに比べると若干お手頃にはなりましたが、定価3万円オーバーのハイスペックなアジングロッド。

恐らくですが、釣りビジョンのaz-ing.labでお馴染みのTICTトミーさんがフィールドでの実釣を元に監修されていると思いますので、性能は間違いなさそうですね。

上位モデルのアジングロッドや最新モデルをお探しの方はチェックしてみてはいかがですか?

↓ハイエンドモデルのスラムUTR TOR

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-アジング, ティクト(TICT), メバリング, ライトゲーム, ロッド

© 2021 つりにいく