ケンサキイカ イカメタル

柴山の福祥丸でイカメタル(オモリグ)!

オモリグ@福祥丸

オモリグ@福祥丸

関西ではタチウオが数・型ともに良い感じで釣れてきてるので、ぼちぼち行きたいところですが、先週はイカメタル(オモリグ)に行ってきました。お世話になったのは香住柴山港の福祥丸さん。おすすめのイカメタル船ですよ!

柴山の福祥丸でイカメタル(オモリグ)!

出船!

出船!

16時半に港に集合。ポイントまではそんなに遠くなくて17時過ぎには到着して実釣開始。ですが明るいうちはいつも通り反応無し。

たまに何の魚か「ゴゴゴンっ」とあたってきますがスッテにはかからない。「キジハタ釣れないかな〜」とか思いながらオニギリ食べたりとノンビリモードで日が暮れるのを待ちます。

ちなみに、どのみち暗くなってからが本番ならもうちょっと出船を遅くしたら良いのでは?と思ってしまいますが、やっぱり理由があって、あんまり遅く出船すると良いポイントを押さえられないみたい。

本番開始時間!

本番開始時間!

明るい時間から良い感じで釣れ出す場合もありますが、大体↑こんな感じの雰囲気になってきてから船中でポツポツと剣先イカが上がり始めます。なので明るいうちは体力温存でノンビリしながら楽しむのが個人的には良いかと思います。

さて、この日は潮が割と速かったので30号でスタート。もう少し速かったら40号まで必要な場合もあるので持ってない人はホゴオモリの40号とか1つ持っていると助かる場合があります。

生簀が装備されている!

生簀が装備されている!

そうそう、今年の6月末頃に福祥丸さんにお邪魔した時はなかった↑イカ用の生簀が装備されていました。これがあると剣先イカを活かしておけるので非常に便利だし、新鮮な状態で持って帰れるので有り難いですね。

一杯目

一杯目

で19時過ぎにようやく一杯目を投入したので記念撮影。

プロスペックURのオレンジ

プロスペックURのオレンジ

今季調子の良いプロスペックURのオレンジで。ポイントに着いてから約2時間ノンビリした事になります。

ちなみに、カンジインターナショナルの代表の方が同船されてちょうど私の後ろで釣っておられましたので、カンジ良くアピールしておきました(笑)

前半は順調

前半は順調

オモリグやっていると、必死になっているのでなかなか写真を取らないのですが前半戦は結構順調。イサキカラーで。

生簀にイカが増えていきます

生簀にイカが増えていきます

生簀にもイカさんがどんどん増えていきます。生簀のイカが増えすぎると下の方のやつがたまに死んだりするので、白くなったイカはクーラーボックスに移動させた方が良いですね。

剣先イカの釣果

スイスイドロッパー 全赤

スイスイドロッパー 全赤

今回は超アタリカラーってのは無かったですが、黒系や赤系のエギが割と良かった。水深40mのポイントでしたが底〜10mの間でちょっと浮いたり、べた底が良くなったりと微妙に変化しながらも割と良いペース。

めちゃくちゃ活性が良いという訳ではなかったですが、3〜4回しっかりシャクリ入れた後のロングステイにノッてくる感じが多かったです。このペースで行くと60杯ぐらいは固いかな〜と思ってましたが、後半2時間ぐらい突然失速・・・(いつも通りか)

イカメタルの釣果

イカメタルの釣果

私の背後で釣っているオモリグ君やカンジの人達は良いペースで釣っていたのですが、私と隣のJ氏はアタリが急に遠のいて苦戦。最終釣果も伸びずで37杯でした。今年は爆釣を味わってないのもありますがもう1回ぐらい行きたいけどな〜。

使用タックル

オモリグ

ロッド:月弓 (つくよみ) 608
リール:18ステラ 4000MHG
ライン:PE0.6号
リーダー:イカメタルリーダー SV-I エステル 4号
エ ギ:2.5号各種

イカメタル

ロッド:バトルウィップ IM 69B
リール:バルケッタ プレミアム 151DH(左)
ライン:PE0.6号
リーダー:イカメタルリーダー SV-I エステル 4号
スッテ:鉛スッテやドロッパー各種

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-ケンサキイカ, イカメタル
-