エギング

エギングって難しいの?初心者タックルや基本的な釣り方を紹介

エギングでも。

エギング

エギングはシンプルなタックルで気軽に始められるルアーフィッシング。ターゲットはアオリイカで、ゲーム性も高く大人気の釣りジャンルの1つです。この記事では、エギング初心者や入門者向けにタックルや基本的な釣り方などを紹介しています!

エギングってどんな釣り?

エギ王Kブルーポーションで良型アオリイカ

エギ王Kブルーポーションで良型アオリイカ

エギングはエギ(餌木)という疑似餌でイカを釣る方法。主なターゲットはアオリイカですが、ケンサキイカ・コウイカなど時期や場所にとって様座なな種類のイカを狙う事ができます。

このエギ(餌木)は昔からある漁具でイカが好むエビや小魚を模した形状になっており、ロッドをシャクると「ぴょんぴょん」と逃げるような動きでイカを誘います。

シーズンは春と秋

シーズン

シーズン

アオリイカを狙ったエギングは主に春と秋の2つのシーズンに分かれます。水温が高いまま(16℃以上)のポイントもあり、通年アオリイカを狙える場所もありますが、基本的には春と秋がエギングのシーズンとなります。

春(3月〜6月頃)は大型狙い

2キロオーバーの春イカ

2キロオーバーの春イカ

春イカや親イカと呼ばれる産卵を控えた大型の個体が狙えるのが3月〜6月末頃までの春シーズン。

春イカは警戒心も強く簡単には釣れませんが、釣れれば1kgは当たり前、2kg〜3kgといった超大型のアオリイカに出会える可能性もあります。

ってことで、春は辛酸を舐める場合も多いですが、夢のあるエギングシーズンです。

秋(9月〜12月頃)は数釣りが楽しめる

コロッケサイズのアオリイカ

コロッケサイズのアオリイカ

アオリイカの新子と呼ばれる子イカの数釣りが楽しめるのが、9月〜12月末頃までの秋シーズン。

シーズン初期は100g〜300gといった小型が中心ですが、アオリイカは成長速度も早く、晩秋や冬頃になるとも1kgを超える良型サイズも出たりします。寒くなるにつれて個体数も減っていきますので、サイズは良くなりますが数が釣れなくなってきます。

秋シーズンの初期は本当に簡単に秋イカが釣れるので、初心者に最適のシーズンと言えますね。

狙うべきポイント

エギングポイント:防波堤

エギングポイント:防波堤

防波堤や漁港の中、沈み根があるような砂浜、地磯など潮通しが良くベイトとなる餌が付きやすい場所がアオリイカのポイント。

磯の際や船の通り道「ミオ筋」や急に深くなっているようなブレイクラインに沿ってアオリイカは回遊してきます。

夜間であれば常夜灯に集まる小魚を狙いにきたイカも狙い目です。

墨跡が釣れている証拠

墨跡

墨跡

よく釣れているポイントでは足元に墨跡が沢山残っていたりするので、ポイントの参考となります。

現地に到着したら周りをよく見てみましょう。古い墨跡ではなく、色が濃い新しい墨跡が多い場所が良く釣れている証拠です。

ただし、人気のポイントではイカもどんどんスれてくるので、エギへの反応が悪い場合があります。

アマモなどの海藻類が生えている場所も狙い目です。藻場はエビや小魚などの餌が豊富で隠れ場所としても良いのでイカが付きやすい場所です。

特に春イカの場合は浅場のアマモに産卵しにくるタイミングを狙うと良いでしょう。

渡船を利用する

中長渡船

渡船

渡船を使い筏や地磯に案内してもらうのも手です。船長がシーズンに合わせて最適なアオリイカポイントに連れて行ってくれるので、渡船費用はかかりますが、釣れる確率を上げるには良いと思いますよ。ただし、安全のためにも磯に上がる時は、磯靴などが必要です。

やっぱり「アオリイカがいるところ」で釣りをするのが、エギングで釣る最大のポイントですから。

アオリイカが良く釣れる時間帯や潮は?

満月大潮

満月大潮

アオリイカも魚と同様で活性の高くなる時合があり、一般的には朝マズメや夕マヅメが良いです。ただし、一日中通してエギングをやっていると、潮の動きで日中でも深夜でもアオリイカが捕食しだすタイミングがあるので、朝夕に限らず時合は存在します。

この日のタイドグラフ

この日のタイドグラフ

個人的には干潮(満潮)前後の潮の変化するタイミングが良いと感じています。↑の画像は実際にアタリがあった時間帯の一例。

同じポイントでも潮の動き次第で釣れたり・釣れなかったりしますので、時間を置いてポイントを休ませてから再度トライすると釣れる場合もあります。

満月大潮の干潮前後が一番良いと思います。特に朝マズメ前後と干潮が被るタイミングがおすすめ。

エギングにはどんなタックルが良い?

エギングタックル

エギングタックル

エギングは非常に人気の釣りジャンルで、多くのメーカーからエギング専用ロッドやエギが発売されています。

具体的には下記のようなスペックのタックルを使います。

  • ロッド:全長8.6ft前後
  • リール:2500番前後
  • PEライン:0.6号〜0.8号
  • リーダー:フロロカーボン1.5号〜2号
  • エギ:2.5号〜4号

ロッド

エギングロッド

エギングロッド

エギングでは、エギを「すばやくシャクる」という他の釣りとは異なる動作をするので、その動作に最適化されたエギング専用ロッドが使いやすいです。

長さは8.6ft、エギ2.5号〜3.5号が使えるロッドが標準的なものになります。

また、1日中シャクる場合もあるので出来るだけ軽量なロッドが釣り人への負荷も小さくなるので楽ですよ。

↓私も使っていますが、ダイワのエメラルダスMX。エギング入門用ロッドとして非常に使いやすいロッドです。値段も実売1万2千円前後と手頃な部類なので、おすすめですよ!

関連記事
エギングロッドの選び方は?
エギングロッドおすすめ31選!入門からハイエンドモデルまで紹介

こんにちは。大きな台風が近づいてますね。火曜には本州に上陸する可能性が高いということなので、釣りに行かれる方は、くれぐれもご注意下さい! さて、アオリイカの新子の姿も沢山見られるようになってきました。 ...

リール

17セオリー2506H

17セオリー2506H

エギングロッドに合わせるリールは、2500番〜3000番サイズぐらいのスピニングリールがおすすめです。PEライン0.6号〜0.8号を150m〜200m程度巻いて利用します。

ダブルハンドル

ダブルハンドル

それと、個人の好みもありますが、ダブルハンドルが使いやすいと思います。

↓シマノからリリースされているエギング専用リールです。実売1.5万円前後と専用リールとしては手頃。

関連記事
12イグジスト2508PE-DH
おすすめエギングリールを紹介!選び方や最新リールなど。

おすすめエギングリールを紹介します!初心者向けの入門モデルから、ミドルクラス、最強のハイエンドモデルまでピックアップ。番手(サイズ)やハンドルタイプやギア比など選び方も紹介しています。ダイワやシマノか ...

エギングで使うラインってどんなの?

エギングはPEラインにショックリーダーを結束したラインシステムを使用します。

PEラインを使う理由

ピットブル

ピットブル

PEラインは伸びが少なく浮力があるという特徴があります。エギングはこのPEラインの特徴にあやかった釣りです。リールには0.6号〜0.8号のPEラインを150mほど巻いて使用します。

PEラインを使う理由は

  • 伸びない=シャクリやすく、感度が良いのでイカからのアタリを取りやすい
  • 浮力がある=エギをしゃくりやすい

水より比重が高いナイロンラインやフロロカーボンラインを使用すると、ラインごと水に沈んでしまいエギが上手くシャクれません。また根掛かりが頻発してしまいます。

ということで、PEラインは必須です。

ショックリーダー

リーダー用ライン

リーダー用ライン

PEラインにエギを直結してしまうと、シャクった時にPEラインが切れてしまったり、エギを沈めた時に障害物に擦れて切れてしまう恐れがあります。

なので、他の釣りでも基本的に同じですが、エギングの場合でもPEラインの先にはショックリーダーを結束して使います。

2号〜3号のリーダーを1mぐらい結束して使って下さい。PEライン直結だと障害物に擦れてシャクった瞬間に切れてしまいます。

PEとリーダーの結束方法

オススメはFGノットですが、初めてだとちょっと難しいかもしれません。

でも、せっかくなので簡単FGノットを覚えてしまいましょう(笑)

↓一番簡単な覚え方です。

エギ(餌木)の種類や選び方

エギ

エギ

エギは「餌の木」と書くように元々は木で作られた漁師の道具です。アオリイカやケンサキイカ、コウイカなど、様々な種類のイカを効果的に狙う事が可能なルアーで、釣り具メーカーから沢山の種類が発売されています。陸っぱり用、船用などターゲットや用途によって種類も色々です。

エギのタイプ

汎用的なノーマルタイプや、浅場を狙うためのシャロータイプ、反対に深場狙いのディープタイプなど釣り場の環境にあわせたエギがあります。また、ダート幅が大きいものや、ラトルで音を出すタイプなど、動きや視覚効果、音、温度など様々な特徴を持ったエギが開発されています。

サイズ(号数)

標準的に使用するサイズは3.5号。狙うアオリイカのサイズに合わせてエギのサイズもチョイスします。春イカならより大きめのサイズ、秋イカなら小さめが基本。ただし、逆パターンが効果的な場合もありますので、春も秋も色々な種類のサイズを用意しておきましょう。

カラー(下地とボディー)

サイズやタイプよりも豊富なのがカラー。アオリイカは目が良いので、エギのカラーにも敏感に反応します。あるカラーでは全く反応が無かったのに、カラー変更した途端釣れるようになるなんてこともあります。カラーは下地カラーとボディカラーの組み合わせによってイカへの目立度が変わってきます。(カラーは通常エギのパッケージに記載してあります)

下地は金・銀・赤・虹色(マーブル)・紫・ピンク・オレンジなど。ボディーはピンクやオレンジ、レッドやパープル、グリーン、茶色、金アジなど。一般的に言われているのは、高活性時や朝マズメや夕マズメ時は、アピール力の高い派手なカラー(下地はゴールドや銀で、ボディはピンクやオレンジ)。低活性時はナチュラル系のカラーやダーク系のカラーが良いとされています(下地は赤や紫、ボディはグリーンや茶色など)

↓色々なメーカーから数多くの餌木が発売されています。全部ではありませんが纏めてみたので参考まで。

釣り方(シャクリ方)

エギングのシャクリ方

エギングのシャクリ方

エギを使ったアオリイカの釣り方は、フォールさせる、しゃくってエギを動かす、この2つの動作の繰り返しで行います。

まず、ロッドの先からエギを7〜80cmぐらい垂らした状態からキャスト。エギが着水したらラインスラック(余計なライン)をリールで巻き取り、若干糸を張りエギの重みを感じながら、ボトム付近までエギをフォールさせます。着底したらロッドを7時か8時の位置まで下げ、11時か12時までしゃくりあげます。連続してシャクったり、強くシャクってみたりと強弱をつける事でエギの動きが変わります。

ちなみに、イカがエギに抱きつくのは主にフォール時。シャクリ後のフォール時にアタリが出やすいので、ラインと手元に特に集中しましょう。フォール時にラインが急に走ったり、引き込まれたり、ヌンっ重みがかかったりするのがアタリです。すかさず合わせを入れましょう。フォールのさせ方も、ラインを張った状態でフォールさせるカーブフォールや、ラインをフリーに送り出しながらフォールさせるフリーフォールなどがあります。その日のイカの反応を探りながらフォールのさせ方も工夫しましょう。ちなみに、ドラグをしめすぎると、合わせた時にイカの身切れを起こしてしまうので、普通にシャクってドラグが「ジッ、ジッ」と出るぐらいに調整しておきましょう。

基本的なシャクリ方を解説した動画です。分かりやすいのでおすすめ。

あったら便利なアイテム

エギング釣行時にあったら便利なタックルを紹介します。

スナップ

スナップ

スナップ

頻繁にエギを交換するので、ショックリーダーとエギの結束にはスナップを介すると交換が楽ちんです。

偏光グラス

偏光グラスをしていると、ちょっとした海底の変化が見えたり、実際にイカが見えたりと結構メリットがありますよ。

イカ締めピック

釣れたイカを締めるための道具。上手な人は指で締めたりしますが、やっぱり道具がある方が簡単。500円ぐらいで売ってるのもあるので、用意しとくと釣れた時に良いですよ。

ヘッドライト

ヘッドライト

ヘッドライト

あったら便利と書きましたが、夜間のエギングや暗い中でやる場合、ヘッドライトは必須です。

ランディングネット(ギャフ)

秋イカだと無くても十分抜き上げられるので良いですが、春イカ狙いの場合は必ず持っていきましょう。思わぬ大物が来た時にネットやギャフが無いと残念な結果になる事もあります。

エギングで美味しいアオリイカを釣ろう!

アオリイカ

アオリイカ

エギングでも、子イカの数釣りが楽しめる秋シーズンなら比較的カンタンに釣れると思います。これからエギングをはじめるなら秋からスタートして練習してみるのがおすすめ。まずはちゃんと釣れる場所に釣れる時間に行くこと。そのためには、情報集めが重要なので、釣果情報や釣具店のスタッフさんなどに聞いてみると良いと思います。釣っても楽しい、食べても美味しいアオリイカをエギングで釣りましょう!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

関西在住の釣り好き。幼少の頃から数えると、約30年以上の釣り歴になります。現在は海の釣りがメインで、ルアーフィッシングやエサ釣りまでジャンルを問わず「楽しそう!」と思った釣りは節操なく手を出しています。SNSもやってますので気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。宜しくお願いします。

-エギング
-