釣り&タックル情報サイト

つりにいく

タチウオ

船のタチウオテンヤ釣りが楽しい!タックルや釣り方などを紹介

更新日:

タチウオのテンヤ釣り(船)

タチウオのテンヤ釣り(船)

先日、初めてタチウオテンヤ釣り(船)に行ってきました。大阪湾では昔から人気のある釣り方ですが、実際やってみると想像以上に楽しく、良型タチウオ(ドラゴン)が沢山釣れたので好感触!ハマりそう(笑)。ってことで、タチウオテンヤ釣り(船)について、初心者向きにタックルや仕掛け釣り方などをレポート!

タチウオテンヤ(船)とは?

船タチウオのテンヤ釣り

船タチウオのテンヤ釣り

タチウオテンヤ釣りは、関西で人気の釣り方。テンヤと呼ばれる重たいヘッドが付いた大型の針に、イワシやサンマなどのエサを巻付け、船上からタチウオを狙う釣り方です。シンプルな仕掛けながら、テンヤのアクション(誘い方)一つで釣果が大きく変わるのが非常に楽しいところ。50〜130mといった沖の深場を狙うので、陸っぱりからでは中々出会えない100cmを超えるようなドラゴンサイズも出やすいのも特徴です。

タチウオテンヤのタックル

タチウオテンヤのタックル

タチウオテンヤのタックル

タチウオテンヤに使用するタックルですが、ロッドは2m前後の先調子が使いやすく、リールは電動リールやカウンター付きベイトリール)を使う方がほとんど。PEライン1.5号〜2号を300m程度巻けるサイズが最適です。タチウオジギングの場合だとPE1号前後なので太いラインを使うんだな〜というのが最初の印象でしたが、理由を聞いてみると、そこそこお隣とお祭りするので細すぎるPEだと解きにくくなったり、ラインブレイクしやすくなったりするため。それと、皆がPE1.5号〜2号ぐらいにしているので、自分だけ太くても細くても沈み方や流れ方が代わってしますのでお祭りの原因になるためです。

先調子の専用ロッド

宇崎日新 シップマスタータチウオ

宇崎日新 シップマスタータチウオ

私はタチウオテンヤを始めるにあたって、宇崎日新さんのタチウオテンヤ専用ロッドSHIP MASTERが格安になっていたので購入してみました(5500円程で売ってたのですが、今見ると2万円の謎・・・)。先調子7:3の乗せ調子のロッドです。他のロッドと使い比べてないので、良し悪しがそこまで分かりませんが、目感度、手感度ともにしっかりと把握できて十分に楽しめました。ハマると、どんどん違うものが使ってみたくなるんでしょうけどね。1万円前後で入門用の専用ロッドが発売されています。

先調子のタチウオテンヤ専用ロッド

先調子のタチウオテンヤ専用ロッド

そして結局、タチウオテンヤにハマってしまいハイエンドモデルのダイワ「極鋭タチウオテンヤSP 197AGS」を購入しちゃいました。シップマスターと違い8:2の「より先調子」で、どんどん自分から掛けていくタイプのロッド。高価ですが、軽量で超高感度でめっちゃいいです。

タチウオテンヤ
宇崎日新 シップマスタータチウオ
おすすめ太刀魚テンヤロッドはどれ?エントリーモデルから最新最強ロッドまで紹介!

最近人気の太刀魚テンヤ釣り(船)はゲーム性も高く大型タチウオが釣れる可能性も高い魅力的な釣り方。そんなタチウオテンヤ釣りにおすすめのタチウオテンヤ専用ロッドや選び方を解説。初心者向けロッドから最新&最 ...

続きを見る

電動リールやカウンター付きリールがおすすめ

極鋭+シーボーグLTD 200J

極鋭+シーボーグLTD 200J

タチウオの棚を把握するのが釣果に繋がり易いのでカウンター付きのベイトリールが圧倒的に有利。船タチウオテンヤをよくやる方は、電動リールを使用されている事が多いです。タチウオテンヤNo.1を決める大会「タチウオキングバトル」の上位陣もほとんど電動リール。これは棚を把握したり、巻上時の疲労軽減だけでなく、超低速で一定スピードで巻き上げながらアクションを入れたり、合わせを入れる事に集中できるから。電動リールじゃないとできない誘い方というものがあるためです。

タチウオテンヤを始めたての頃はオシアコンクエストCT 301HGを使っていました。電動では無いですが、カウンター付きでめちゃいいですよ!ただし、寒くなってくるとタチウオの層が深くなっていき深いと130mとかになってきます。手動でも出来なくないですが、上げ下げの多いタチウオテンヤだと電動リールが圧倒的に楽チンってことで、電動リールを導入しました。

タチウオテンヤ
極鋭+シーボーグLTD 200J
おすすめ電動リールを紹介!太刀魚釣りに私が買ったのはコレ!

昨年はじめたタチウオテンヤ釣り。非常にテクニカルで奥深くどっぷりハマりました。最初はカウンター付きの両軸リール「オシアコンクエストct」を使っていたのですが、シーズも終盤に近づいたこの頃は、タチウオの ...

続きを見る

オシアコンクエストCT
オシアコンクエストCTをインプレ!ジギングやタチウオ、タイラバにぴったりなカウンターリール。

懐かしのゴールドライタン!?(古っ…)。いやいや違います、オシアコンクエストCTです。(ゴールドライタンを知らなくて気になる方は検索してみて下さい)と、思ったのがシマノ公式HPに登場した時の私の印象。 ...

続きを見る

太刀魚テンヤの基本的な仕掛け

タチウオテンヤの仕掛け&タックル一例

タチウオテンヤの仕掛け&タックル一例

タチウオのテンヤ釣りの仕掛けはすごくシンプル。メインラインはPEライン1.5号〜2号程度(300m前後をベイトリールに巻いています)。リーダーにはフロロカーボンやナイロンの40LB〜60LB(10号前後)、もしくはワイヤーリーダーを使用します。人によっては、メインラインの次に5号〜6号前後のリーダーを結束、その先にさらに極太のリーダーやワイヤーを付ける場合もあります。

テンヤのサイズ

タチウオ用テンヤ

タチウオ用テンヤ

テンヤのサイズ

テンヤのサイズ

そして、タチウオテンヤをスナップで結束すれば仕掛けは完成。テンヤのサイズは乗船する船で指定されている事が多いので、予約時に確認しましょう。大体40号前後が多いようです。ちなみに、タチウオカッターにやられたり、お祭りした高切れするなどテンヤのロストが発生する事が多いです。2つか3つぐらいはロストを覚悟しておいた方が良いので、釣行時は少なくとも5個は持っていきましょう。

カラーや形状も色々

カラーや形状も色々

テンヤは同じ号数でもメーカーによってカラーや形状が違います。↑右下のピンクゼブラはダイワの快適船タチウオテンヤSS早掛スペシャル。他と比べるとヘッドは同じぐらいですが、針の部分が小さく餌を付けた時のシルエットが小さく見えるようになっています。カラーはグローやホワイトを使う事が多いですが、潮が澄んでくるとナチュラル目のカラーが良いです。ヘッドのカラー違いだけでお隣さんと釣果が異なる事もあります。

早掛けタイプ

早掛けタイプ

この早掛けも実際使ってみました。まだ差を感じる程までは理解できてないですけど(笑)師匠いわく、サイズが小さい場合に有効ってことでした。大型のタチウオだとバレやすいって。

餌(イワシとサンマ)

イワシ

イワシ

テンヤに巻きつけるエサはイワシやサンマ。乗船する船にもよると思いますが、イワシとクーラーボックス用の氷は船で用意されています(無料が多い)。サンマはエサ持ちが良く活性が高い場合などに有効。実際、どちらも使いましたが圧倒的にサンマの方がエサ持ちが良かったです。

イワシ餌

イワシ餌

ただ、サンマでは反応が悪い場合があって、そういう時にイワシに変えた途端にあたるようになるなど、餌で変わる事も多いです。ちなみに、サンマ餌は用意されていないので自作しています。

そうそう、乗船後、釣りが始まる前に持っているテンヤにエサを巻き巻きしておきましょう。私はテンヤを5個持っていったので、5個分を予め巻いておきました。これはエサがボロボロになったら、すぐにテンヤごと交換して手返しを良くするためです。それでも、あっという間に5個を使い切るので、釣れない時間帯などを有効に活用してテンヤにエサを巻いておくと時合が着た時に良いと思います。

サンマ餌を用意

いつも写真を取り忘れますが、サンマ餌は自分で用意していってます。6時間の釣行で5匹分(20切れ)を用意しています。釣り方やその日の状況にもよりますが、タチウオを40〜50匹ぐらい釣って丁度5匹分が無くなります。

切り方

切り方

  1. スーパーで生もしくは塩締めされたサンマ(100円前後)を買ってくる
  2. 2〜3時間冷凍。半分凍った状態で3枚に捌く(滑るので手を切らないように!)。
  3. 塩水でさっと身や内蔵を洗いキッチンペーパー水気をとる
  4. 半身の真ん中あたりで斜めに包丁を入れて完成。1匹から4切れの餌ができます。

誘い方(釣り方)

釣り方(誘い方)

釣り方(誘い方)

タチウオテンヤの誘い方(釣り方)としては、船長の支持棚もしくは底を取りアタリが出る層をまず把握します。アタリが出る層を発見したらタチウオを誘っていきます。ちなみに、タチウオが高活性の場合は、どんな誘い方でもある程度反応してくれますが、活性が低い時間帯やアクションが合わないと全く口を使わないタイミングがあります。私が全然釣れてない時間帯に、バンバン釣ってた人もいるので誘い方で釣果は相当変わります。この辺の腕の差が明確にでてくるあたりの奥深さもタチウオテンヤの楽しいところですね。

ワンピッチジャーク

ワンピッチジャークで2〜3回しゃくり→数秒ステイを繰り返しながら誘い上げてくる。しゃくり幅は小さくしたり、大きくしたりと反応を見ながら調整。

ストップ&ゴー

リールを早巻きで2〜3回転・半回転などしてストップ、少しステイさせる。を繰り返しながら誘いあげてくる釣り方。リールの回転数(誘い上げる幅)はタチウオの反応を見ながら調整。

電動微速巻き

電動リールで超ゆっくり巻き上げながらアタリを取ります。途中でアクションを入れる場合もあります。

フォール

超ゆっくりフォールさせたり、すばやくフリーフォールさせたり。フォールへの反応が良い場合にスピードやフォールの距離を変えて色々試してみます。大きくしゃくり上げてからロッドを使ってフォールさせる場合や、あたりのあるレンジ付近をサミングしながら落としていく場合など色々。

合わせ(フッキング)

そして、アタリがあってからフッキングさせるのが、またもどかしい(笑)。これが楽しいんですけどね。コツっとアタリがあってから、合わせたいのをグッとこらえて少し追わせた方がフッキングする場合もあるし、その逆の場合もありますが、基本早合わせより追わせる方が高確率です。

誘い方の動画

タチウオテンヤの準備(持っていく道具)

  • タックル
    当たり前ですがロッドとリール。2タックルぐらい持ってくる人が多いようです。※私は1タックルしか持ってないので、1つだけでしたが。
  • テンヤ
    乗船する船指定の号数(40号前後)を最低5個ぐらい。釣友M氏は隣で5個中4個ロストしてましたが・・・。

  • イワシは船で大体もらえるみたいですが、サンマは自分で用意。ただ、船によってはサンマが使えないところもあるということ。事前に確認を。
  • ライフジャケット
    船で貸してもらえますが、持っている場合は救命具類を忘れずに。たまに「あっ!家に忘れた」って事があります。
  • クーラーボックス
    沢山釣れるとあっという間に満タンになるので、30L以上の中型から大型のクーラーボックスが良いと思います。私が持っていったのは30Lのシマノ「フィクセル」。氷が入った状態で大小のタチウオ30本〜40本ぐらいが入ります。まっすぐ入れたい場合は横長のクーラーボックスが良いです。スペーザシリーズが横長。
クーラーボックス
持っていくもの
釣り用クーラーボックスのおすすめを紹介!容量や保冷力から選ぼう

アウトドアメーカーや釣具メーカーから沢山の種類が発売されていてるクーラーボックス。保冷力やサイズ、自重なども違い、どれを購入すれば良いか結構悩みますよね。 私も全てのサイズのクーラーボックスを持ってる ...

続きを見る

  • キッチンバサミ
    タチウオを〆たりエラを切って血抜きに使います。ナイフでも良いですが、ハサミが手軽で楽ちん。イワシの頭を落として針に付ける場合もあるので、その際も活躍します。必須かな。
  • タチウオバサミ(フィッシュグリップ)
    歯が鋭いので、やっぱちょっと怖いからあると安心。
  • 予備のリーダー類
    高切れ、リーダー切れなどなど、現場でリーダーを再度結束する必要があります。
  • タオル
    タチウオを掴んだり、手を拭いたり。1つは持っていきましょう。
  • 絆創膏
    私は切りませんでしたが、船中で2人ぐらいタチウオにやられて船長に絆創膏をもらってました。一応自分でも用意しといたら良いかもです。
  • 長靴や滑らない靴
    船釣り全般に言えますが、水も掛かるし濡れても汚れても問題無いように。エサの脂で結構足元もつるつるしていました。

タチウオテンヤ船

タチウオテンヤ船「湊丸」

タチウオテンヤ船「湊丸」

今回お世話になったのは、泉南にある岡田漁港から出港されている遊漁船「湊丸」さん。優しく感じの良い女将さんが印象的でした。船体も大きく広々としており、非常に気持ちの良い船なので、初めての方にもおすすめです。ちなみに乗船料は7,000円で餌氷付き。AM6時に出船し12時までテンヤ釣りを楽しめます。岡田漁港までの入り方がほんの少しだけ迷いそうなので、湊丸さんのHPを良く確認するのが良いと思います。この他にも色々とタチウオテンヤ船が出ています。お気に入りの船を見つけましょう!

タチウオの釣果

船タチウオの釣果

船タチウオの釣果

洲本沖(淡路島の近く)のポイントに到着したAM7時ぐらいにちょうど時合があり、その後釣れたり、釣れなかったりする時間がありましたが、トータルで26本という釣果。うち6本はドラゴンサイズもしくはそれに近いぐらいの良型で満足のいく釣行となりました。ちなみに、私がぜんぜん釣れてない時間に連発していた人だと思いますが、竿頭さんは43本。いや〜圧倒的な差です・・・。

タチウオ
タチウオテンヤ@湊丸で太刀魚爆釣でした!

こんにちは。前回に引き続き、タチウオテンヤ(船)に行ってきました。今回お世話になった船は前回と同じく湊丸さん。1号艇である湊丸は、この日仕立てが入っているということで、2号艇である湊丸bayという船に ...

続きを見る

タチウオテンヤを楽しもう!

ドラゴンサイズも出るよ!

ドラゴンサイズも出るよ!

シンプルなタックルと仕掛けですが、誘い方1つで変わる太刀魚からの反応など奥深い船タチウオのテンヤ釣りの世界。ただ、難しいという訳ではなく、ある程度釣れるタイミングにあたれば、初めての方でも数はもちろん1m超えのドラゴンサイズが釣れるエキサイティングな釣りで、でかいタチウオの強烈な締め込みが楽しめるます。釣っても楽しい食べても美味しい、船タチウオのテンヤ釣りでビッグサイズの太刀魚を狙いましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-タチウオ
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.