タチウオテンヤ

タチウオ用テンヤはどれがおすすめ?色々なメーカーのを買ってみたので比較。

船太刀魚専用 極テンヤ(ハヤブサ)

船太刀魚専用「極テンヤ」:ハヤブサ
船太刀魚専用「極テンヤ」:ハヤブサ

太刀魚テンヤにも精通し、関西の釣り番組でおなじみのハヤブサ菊池氏がプロデュースしたかは定かではありませんが、ハヤブサのオーソドックスな船太刀魚テンヤが「極テンヤ」。

船太刀魚専用「極テンヤ」の特徴
船太刀魚専用「極テンヤ」の特徴

よく光り、よく掛かる!ってことで、まさしく基本形。ですが、昭和の香りが漂う「ぎんぎらラメ」が凄いことになってます。

グローヘッド
グローヘッド(アカギラ)
ケイムラ(アカエラ)
ケイムラ(アカエラ)

グローはヘッド下部に赤ラメ、ケイムラヘッドはヘッド後ろ部分に赤ラメがたっぷり。パッケージから出すと少しとれます(笑)。そして「極め」つけは、私は持っていませんが、ヘッド全体が紫ラメ・ゴールドラメ・赤ラメなど魚も勿論、人間が「すげー!」ってなるようなカラーもラインナップされています。

サイズ
サイズ

サイズも基本的。長くもなく短くも無い感じ。

極テンヤの姿勢
極テンヤの姿勢

極テンヤの姿勢は水平、やや右肩下がりって感じ。

船太刀魚テンヤ 速掛型(ハヤブサ)

船太刀魚テンヤ 速掛型(ハヤブサ)
船太刀魚テンヤ 速掛型(ハヤブサ)

そして、ハヤブサのもう1つのタチウオテンヤが「船太刀魚テンヤ 速掛型」。名前の通り、速掛タイプになっており見た目や形状も全然違います。

船太刀魚テンヤ 速掛型の特徴
船太刀魚テンヤ 速掛型の特徴
船太刀魚テンヤ 速掛型の特徴(2)
船太刀魚テンヤ 速掛型の特徴(2)
スリムヘッド
スリムヘッド

基本型に比べるとスリムなヘッド形状。ヘッド裏には、アワビシールっぽいのが貼ってあります。

ヘッドの比較
ヘッドの比較

ヘッドの形状も大分違います。

サイズ
サイズ

今回、色々テンヤを比べてみましたが針の部分は一番長いですね。

通常版との比較
通常版との比較

針の軸は通常版と比べて刺さり重視で細くなっています。

船太刀魚テンヤ 速掛型の姿勢
船太刀魚テンヤ 速掛型の姿勢

船太刀魚テンヤ 速掛型の姿勢。結構、右肩あがりになってます。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-タチウオテンヤ
-