フィッシングウェア

ダイワのスパイクブーツをインプレ!磯でのグリップ力や履き心地など。

RBBとダイワのスパイクブーツ

RBBとダイワのスパイクブーツ

ここ数年愛用しているRBBのロックショア用スパイクブーツ(左)。グリップ力もかなり高く気に入って履いていたのですが、

ピンがすり減ってきた

ピンがすり減ってきた

↑こんな感じで、ピンが大分すり減ってきました。それと、ピンはまだ山があるのでグリップ力は健在なのですが、

ゴム部分も経年劣化

ゴム部分も経年劣化

ゴムの部分も所々経年劣化でボロボロに。まだ使えるのですが、急に履けなくなる可能性もありそうなので、新しいのも用意しとこうと思いダイワのスパイクブーツを購入してみました。

ダイワのスパイクブーツをインプレ!磯でのグリップ力や履き心地など。

ダイワのスパイクブーツ「FB-3150」

ダイワのスパイクブーツ「FB-3150」

今まではシューズタイプを使っていたので、今回はブーツ(長靴)タイプのスパイクシューズを選んでみました。

1サイズ大きめをチョイス

1サイズ大きめをチョイス

冬場は厚めの靴下を履く事も多いので、1サイズ大きめをチョイス。

30ピン

30ピン

ダイワのスパイクブーツ「FB-3150」のスパイクピンは片足30本ずつ。他のダイワのスパイクブーツも30本と記載があったので、配置は分かりませんが、本数は同じ。

比較

比較

ちなみにRBBのロックショアブーツは40本なので比べると少な目。

デザインはシンプル

デザインはシンプル

スパイクブーツの真ん中にダイワのロゴがあるぐらいで、見た目は至ってシンプル。フクラハギ部分はゆったり目です。

磯でのグリップ力や履き心地

磯でのグリップ力

磯でのグリップ力

で、実際にダイワのスパイクブーツを履いてみた感じの印象です。

グリップ力はRBBのロックショアブーツがやっぱり良かった。ダイワのスパイクブーツが滑るとか、そういう話ではなくてシューズタイプと比べてみてという感想なので、磯でも十分グリップするので使用上は全然問題無いです。

スパイクのピン数が多い事もあると思いますが、長靴タイプとの大きな違うとしては、シューズタイプの方が足の左右のぶれや踏ん張りに強いです。長靴は全体がゴムで出来ているので、やっぱり柔らかいです。

ブーツタイプの良かった点

良い点

良い点

ブーツ(長靴)タイプのスパイクシューズの良い点は、長靴なので濡れても安心ってところ。

  • 磯に立っていると、急に波が来て水を被ったりするんですが、そういうのを気にしないで良い。逆にシューズタイプだと、「ぎゃっ波きた!」ってなります。
  • 履くのも脱ぐのも楽。すっと履いて、すっと脱げる。
  • 外側だけですが、水で気軽に洗えるので片付けも楽。
  • フクラハギまであるので温かい(防風)。
  • 物にもよりますが値段が安い

ってな感じでしょうか。

磯をランガンするとかいう場合は、恐らくシューズタイプのが圧倒的に楽だと思いますが、あんまり移動が無いならブーツタイプのメリットの方が大きそうですね。

実売で6,000円〜7,000円程度とこの手のアイテムとしては手頃なのも魅力的で、おすすめですよ!

↓ロングタイプと

↓ショートタイプが用意されています。

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、エサ釣りに含めて色々やりたい方です。最近はヤエンやカワハギ釣り、バチコンやイカメタルにハマり中。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。気軽にフォロー↓してくれると嬉しいです。

-フィッシングウェア

© 2021 つりにいく