釣り&タックル情報サイト

つりにいく

タコ釣り(船/陸) フィッシングツール

タコ用ネットはどれが良い?個人的に使って良かったおすすめを紹介。

投稿日:

タコ釣りに欠かせないアイテムの1つに「タコ用ネット」があります。タコネットは100均で手に入るものから、タコ専用ネットまで色々です。ってことで、個人的に使って良かったおすすめタコ用ネットを紹介します!

何でタコ用ネットが必要なの?

タコ

タコ

タコを釣り上げると分かりますが、生きているタコって陸上でも予想以上に速いスピードで動きます。そして、ご存知の通りあの多数の吸盤で、生簀や水くみバッカンなどからはあっという間に脱走。

他にもクーラーボックスに入れて蓋をしていたのに、いなくなった・・・なんて場合もあり、ほんの少しの隙間があると出ていっちゃいます。なので、釣り人が気がついた時には既に居ないなんて事が発生します。

ということで、タコには脱出不可能なタコ用ネット(ビクやスカリ)が必要なんです。

使って良かったタコ用ネット(ビクやスカリなど)

普通のタコ用ネット

タコ用のネット

タコ用のネット

タコ専用ネットとして発売されているものでは最も手頃なやつです。しっかりした青いネットにチャックが付いているだけという至ってシンプルな形状。なので陸っぱりでも船でも使えます。位置づけとしては、洗濯用ネットの強化版という感じですね。

生簀のタコも満タン

難点としては、毎回チャックの開け締めが必要なので、めっちゃ釣れている時は手返しが悪くなってしまいます。それと、タコを入れすぎると↑のように生簀に入れていても酸欠になるようで、死んでいる場合があります。ちなみに、他のネットでも多かれ少なかれ酸欠になりますが、洗濯ネットやこのネットは生簀内で死ぬタコが多い気がします。

洗濯用ネット

一撃必殺のタコ〆

洗濯用ネットもOK

100円ショップで手に入る洗濯用ネットでも十分使えます。ある意味、最もコスパが良いですね。実際、結構使っている人も多いです。網目が細かすぎるやつより↑ぐらいのが、水が通りやすいものが、タコを生簀に入れておく場合は良いと思います。

吊り下げタイプのタコスカリ(ビク)

 

吊り下げタイプのタコネット(ビク)

吊り下げタイプのタコネット(ビク)

陸っぱりのタコ釣りでは使えないですが、船タコ釣りだとこの「吊り下げ型のタコネット(ビク)」がおすすめ。

紐で結んでます

紐で結んでます

屋根がある場合はこんな感じでヒモで結んで吊り下げています。

ヒモで口を縛れる

ヒモで口を縛れる

このタコスカリの良い点は、何と言っても手返しが良くなる点。↑口をヒモ(ストッパー)で簡単に縛れるようになっているのですが、少し開けておけばポンポンとタコを放り込む事ができます。タコも時合の釣りなので、釣れるタイミングにポコポコ釣れるのですが、チャック式のネットと比べて圧倒的にスピーディーに入れられるのがポイントです。

タコスカリ

タコスカリ

こんな感じ

こんな感じ

難点は他のネットに比べると値段が高い事と、直径30cmぐらいはあるので持ち運びに若干大きい事。それと口を開けていると97cmの高さを頑張ってあがってくるタコがいて脱走する場合がたまにあります。↑コードストッパーを閉めていれば大丈夫ですが。

ランドリーネット(バスケット型)

バスケット型ランドリーネット

バスケット型ランドリーネット

タコネットを忘れた時に船から借りたのが↑これ。バスケット型のランドリーネット。口が大きく開いた状態で、先程紹介した吊り下げタイプよりもポンポンとタコを放り込めます。

あっという間にタコだらけ

あっという間にタコだらけ

開きっぱなしですが、タコが上がってきて脱走する事も無かったので、実は最強のタコネットかもしれません(笑)ただし、ペッタンコにはなりますが、高さがあるので持ち運びは一番不便ですね。船に常備しているとこも多いので、借りてみても良いかもです。

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-タコ釣り(船/陸), フィッシングツール
-

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.