釣り&タックル情報サイト

つりにいく

フィッシングツール

船釣りには竿受けが便利!おすすめはチビラークロングです。

投稿日:

竿受け(ラーク)

竿受け(ラーク)

タチウオテンヤ・鬼アジ釣り・タラ釣りなどなど、船釣りに行くと見かける竿受け。ロッドキーパーやラーク(第一精工の製品名)って呼ばれたりします。

船べりには大体、竿を立てるようの「穴」みたいなのが空いているので、そこに竿をさせば何とかなる場合も多いですが、やはり竿受けがあると非常に便利。

竿受けにも色んな種類やサイズがありますが、個人的に愛用しているおすすめ竿受け「チビラーク」を紹介します!

竿受け(ラーク)があると何が便利?

船釣りには竿受けが便利

船釣りには竿受けが便利

竿受けがあると色々と便利なのですが、私が思う良い点としては

  • 重たいタックルや仕掛けを使った釣りや、ちょっと休憩したい時に竿受けがあると置き竿で釣りができて楽ちん。
  • 竿の置き場が狭いとか、そもそも無い場合もあり竿置き場を確保できます。便利なのは勿論、竿の破損などを予防できる。
  • タチウオテンヤなどで、仕掛けを海中に落としながら別の事(テンヤにエサ付け)ができるなど手返しアップにつながる。

という感じ。

ぶら下げてみたり

ぶら下げてみたり

細かい事を言うと、ハリス止めが付いていたり、竿受けに電動リールのバッテリーをぶら下げて濡れないようにしたりと、何かと便利になります。

デメリットといえば、ラーク自体そこそこボリュームがあるので、タックルボックスに入れても場所をとったりするので、持ち運びがやや大変って感じでしょうか。

竿置きと餌入れ

竿置きと餌入れ

ちなみに、カワハギ釣りみたいなタックルが軽量で手持ちの釣りだと、↑写真のような簡易的な竿置きで十分な場合もあります。それと船のルアー釣り(タイラバとかイカメタルみたいなの)も竿受けは使わない人が多いと思います。

船釣り竿受け「チビラーク」が便利でおすすめ!

竿受け「チビラーク」

竿受け「チビラーク」

竿受けも色んなメーカーから種類やサイズが発売されています。

釣り物やタックルサイズ(ロッドの経)に合わせて竿受けの種類も選ぶ必要があるので、全ての釣りで使える訳ではありませんが、個人的におすすめな竿受けが第一精工のチビラーク。

縦向きに取り付け

縦向きに取り付け

チビラークは通常サイズとロング版の2種類あり、私が使っているのはチビラークロング(タイプS)。大体↑こんな感じで縦向きに取り付ける事が多いですが、

横向きに取り付け

横向きに取り付け

こんな感じで横向きに取り付けもOKです。

チビラークロング TypeSの仕様

●収納サイズ(付属品ドライバッグ収納時):130x320x85mm
●重量:825g
●付属品:収納用ドライバッグ、スマートヘッド大(ロッド径φ18~25)、スマートヘッド小(ロッド径φ7~18)、スマートヘッド交換専用レンチ、添木(105x80x58mm)
●取付有効幅:85~160mm
●適合ハリス(幹糸):約7号まで
●サポート竿径取付サイズ:φ7~φ25
●本体・クランプ部:アモルファス樹脂

船べりのサイズはマチマチ

船べりのサイズはマチマチ

船べりのサイズはマチマチなので、たまに通常タイプのチビラークだと縦でも横でも届かない場合があります。そういう場合もチビラークロングだと問題ない場合が多いので、色んな船に乗る方にはロング版が個人的におすすめ。

  • チビラーク TypeSの取り付け幅:5mm〜88mm
  • チビラークロングTypeSの取り付け幅:85mm~160mm
ロング版は添え木付き

ロング版は添え木付き

ロング版は↑の添え木が付属しているので、

 

添え木で調整可能

添え木で調整可能

船べりの上側においてロッドの高さを調整したり、船べりに設置しにいく場合に下側に噛ましたりと柔軟に使えるのも良いところ。

スマートサポートヘッド

スマートサポートヘッド

これは竿を固定するスマートサポートヘッドという部品。チビラークには「S」タイプってのがあって、それが↑の形状のタイプ。

通常タイプ

通常タイプ

通常タイプは↑こんな感じです。

スマート!

スマート!

ロッドに装着した状態ですが、見た目は名前の通りスマート。脇に挟んで使う釣りだと、少しでも小さい方が邪魔にならないので良いです。

スマートサポートヘッド専用レンチ

スマートサポートヘッド専用レンチ

こんな感じになってます

こんな感じになってます

ただし、難点(評判が悪いところ)があって私も使っていて感じますが、通常版は比較的簡単にロッドに脱着できるのですが、このスマート版は↑の専用レンチが必要になります。それだけなら良いのですが、このレンチを使った着脱がスムーズじゃない。

実際に触らないと分かりにくいのですが、レンチを使って締めたり緩めたりするのですが、たまにねじ込み用のギザギザ部分が噛んでしまうことがあります。なので、自宅でちゃんとロッドにセッティングしていく方が良い感じです。

頻繁に脱着したい人はチビラークS版ではなくて通常版が良いと思います。

収納バッグ付き

収納バッグ付き

こんな感じで入ります

こんな感じで入ります

メッシュ素材

メッシュ素材

メッシュで出来た収納袋が付属しているのも良い感じですよ。

色んな釣りに使えます

色んな釣りに使えます

竿受け「チビラーク」、私は主にタチウオテンヤに使っていますが、船のライトゲーム〜ミドルゲームぐらいに大きすぎない最適サイズで結構おすすめですよ!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-フィッシングツール
-

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.