フィッシングツール

サビナイフをレビュー!4年ほど使ってみたけど本当に錆びない?

4年前の2017年2月に購入した錆びない釣り用ナイフ「サビナイフ」。船釣りの場合は必ず持っていってるので、結構な回数の釣行に持っていってます。使用後は水洗い程度で、切れなくなってきたら研ぎますが、正直そんなに気を使わずに使ってきましたが、実際にどんな感じになったか4年の利用でサビナイフをレビューしておきます!

サビナイフって何?

錆びない釣りナイフは本当か?
錆びない釣りナイフは本当か?

サビナイフはG・SAKAIという岐阜の刃物メーカーが製造しているアウトドア用ナイフ。素材に「H1鋼」という錆にめっぽう強い素材を使っているのが最大の特長でこれが錆びない理由。メーカーでは1年間海水に沈めても錆びないという実験をしたみたい。そして実際に錆びてない写真が掲載されていました。

サビナイフをレビュー!4年使ってみたけど本当に錆びない?

釣り用の錆びないナイフ「サビナイフ」
釣り用の錆びないナイフ「サビナイフ」

これが、新品の状態の錆びない釣り用ナイフ「サビナイフ」↑購入時にレビューしようと思い写真を取っていたもの。すっかり忘れていたのですが、写真はちゃんと残ってました。せっかくなので、アップしておきます。

当たり前ですが綺麗
当たり前ですが綺麗

当たり前ですが、新品なので汚れもなく綺麗な状態。

パッケージに武士
パッケージに武士
シースにも武士
シースにも武士

パッケージやナイフを収納するシース(鞘)には武士のアイコン。

全長20cmほど
全長20cmほど

全長20cm程のフィシングナイフで、釣行の持ち運びにちょうど良いサイズです。

スペック:全長:203mm ブレード長:92mm 重量:89g 刃厚:2.3mm 刃形状:直刃

そして4年後のサビナイフの状態

いつも一緒!
いつも一緒!

サビナイフは大体いつも一緒に持っていきます。小型の魚から鰤クラスの魚まで、しっかり〆られる釣り用ナイフでかなり重宝しています。そして、かなり雑に使ってますが・・・。

約4年後のサビナイフ
約4年後のサビナイフ
刃の状態
刃の状態

釣行後の水洗いをしばらく忘れてた事もありますが、多少汚れというか、文字が掘られている部分などがちょっと茶色くなっているぐらい。錆びないナイフは言い過ぎではなくてホントです。

決して安いとは言えないですが、無くさない限り使える事を考えると良いと思いますよ!

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-フィッシングツール
-