フィッシングツール

カウンター(数取器)で釣った魚を数える!

こんにちは。イカメタルとかタチウオテンヤ、アジングとか結構数が釣れる場合って、釣りに必死になって10匹ぐらいを超えると大体分からなくなってきます。

奥さまにそう言ったら「家で数えたらええやん!」と・・・ごもっとも。

なんですが、船釣りだったりすると船長や中乗りさんに「何匹やった?」なんて聞かれる事もあり、やっぱ出来るだけ正確に数えておきたいな〜と。ってことで、カウンター(数取器)をゲットしてみました。

カウンター(数取器)で釣った魚を数える!

カウンター(数取器)

カウンター(数取器)

あれですね、バードウォッチングとかで生息数調査なんかをする人たちがカチカチするやつです。100円ショップにもあるみたいなのですが、そんなに本格的なやつはいらんけど、すぐに潰れてもいやなのでアマゾンで調べて良さそうだったのがこれ。シンワ株式会社の数取器。

数取器(カウンター)

数取器(カウンター)

カウンターという漠然とした名前だと思ってましたが「数取器」っていう名前があること自体を初めて知りました。

上から

上から

一部金属ですが、外側はほぼ樹脂製。持ってみると軽い。ただ、水没させたりすると、すぐに駄目になりそうな気もします。本来指を掛ける部分にライフジャケットとかにぶら下げるとか、カラビナでぶら下げて使用する予定。

数取器の説明

数取器の説明

側面

側面

本体横の黒いツマミをクルクルと回せば、簡単にリセット(0000)にすることができます。カラーで若干値段の違いがあるみたいですが、送料込みで600円ぐらいって感じでお手頃。割と良いんじゃないでしょうか?

  • この記事を書いた人

つりにいく

釣歴30年以上。ルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに色んな釣を楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った魚は美味しく食べます。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。

-フィッシングツール