ロッド・リールなど最新タックルや釣果情報をお届け!

つりにいく[Go Fishing]

フィッシングツール

おすすめ釣りクーラーボックスを紹介!サイズや保冷力など選び方を解説!

更新日:

釣りにおすすめのクーラーボックスを紹介!

釣りにおすすめのクーラーボックスを紹介!

アウトドアメーカーや釣具メーカーから沢山の種類が発売されていてるクーラーボックス。保冷力やサイズ、自重なども違いどれを購入すれば良いか結構悩みますよね。

私も全てのサイズのクーラーボックスを持ってる訳ではなりませんが、友人が使用しているものや、釣り場でよく見かけるものなど、魚のサイズや保冷力に合わせたクーラーボックスの選び方おすすめ釣りクーラーボックスをご紹介します。参考になれば幸いです!

釣りクーラーボックスの選び方

釣り用クーラーボックスの選び方

釣り用クーラーボックスの選び方

クラーボックスといっても、釣り用やアウトドア用、運動会に使えるものなど利用シーンに応じて多種ありますが、真水から海水まで使用範囲も広く、鮮魚保存、使用場所も堤防から磯・船まで様々と一番ハードな使用状況なのは釣り用クーラーボックスではないでしょうか。

我が家にもアウトドア用のクーラーボックスもありますが、保冷力やメンテナンス性、堅牢性などを考えると釣り用のクーラーボックスが一番良いと感じています。

同じメーカーでも、サイズや保冷力など様々な種類が出ています。そんな豊富な種類の中でも選び方で共通して言えるのは、下記を検討すれば良いと思います。

狙う魚のサイズや持っていく釣り場

まず、購入予定のクーラーボックスをメインで使う釣り環境や利用シーンを想像します。例えば、堤防で鯵やメバルなど小型魚を中心に狙う、船で大型魚を狙う、釣りにもアウトドアにも使いたいなどなど。

ある程度、利用シーンが想像できれば下記の容量やサイズ、保冷力、重量などを絞り込めます。まず、何に使いたいか考えましょう。

クーラーボックスの容量(サイズ)

クーラーボックスのサイズ(容量)は、基本的に◯◯リットルで表現され、縦*幅*奥行のそれぞれ「外寸」と「内寸」で表記されていることが多いです。後は目安として500mlのペットボトルが◯本入る、ブロックのアミエビが◯個入る、みたいな紹介をされているメーカーもあります。

また、保冷力が高いクーラーボックスは使用されている材質が分厚かったりし、外寸の割には内寸が小さく、結果として容量(◯◯リットル)が少ないものがありますの注意が必要です。

保冷力

保冷力はクラーボックスの性能です。保冷力の説明としては、例えばクーラーボックス内に「容量の1/4分の氷を入れ、◯◯時間後◯◯%残存する」といった基準を元に説明されている事が多いです。(メーカーによって保冷力の説明が異なる場合があります。)

自重(重量)

クーラーボックスは長方形なので6面体。この6面に使用する「材質」によって先程の保冷力が変化。そして、使用する素材と、何面(3面真空パネルや1面真空パネルとか)に使用しているかによってクーラーボックスの重量が大きく変わります。

クーラーボックス選びは、使用環境を想定した「保冷力・容量・軽量性(重量)」のバランスの選択になりますね。

おすすめの釣りクーラーボックス(小型)

アジングやメバリング、サビキ釣りやキス釣りなどの小物釣りや、アウトドアや運動会にも持って行けるような、小型だけど十分に容量があるクーラーボックス。1つあると何かと重宝しますね。

[シマノ]フィクセル 120(12Lモデル)

フィクセルシリーズは、個人的にも愛用している釣り用クーラーボックスで何かと頻繁に出番があります。上に座っても壊れないので、疲れたら椅子代わりにもなり便利。ちなみに、フィクセルは9l・12l・17l・22l・30lの5種類ラインナップされています。

フィクセル ベイシス 120は、シマノの保冷力基準「I-CE35h」と保冷力も良く、500mlペットボトルが10本縦に入り、小型ながら容量も十分。デザインもシンプルで、私はステッカーをペタペタ貼って使っています。

シマノの保冷力基準値「I-CE」とは?
より確かな保冷力を選ぶために。どれだけ氷をキープできるかという〈氷の保持時間〉を保冷力の基準にした新しい単位、それがI-CEです。I-CE1hにつき1時間氷を保持できることを指し、たとえばI-CE60hという表記なら容量の20%の氷を60時間キープできる保冷力がある目安となります。

その他にも、水抜き用の水栓が付いていたり、蓋が簡単に取り外せるなどメンテナンス性も高いので使い勝手が良いですよ。より高い保冷力のフィクセル プレミアムとフィクセルリミテッド、ベイシスと比べると保冷力が少し下がりますが、軽量で安価なフィクセル ライトがラインナップされています。リミテッドを使用していますが、値段と性能を考えるとライトやベイシスで十分かな。

フィクセル 120モデルの比較

フィクセル 120 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
ライト 12L 2.5kg 170×320×235mm 236×436×309mm 発泡ポリスチレン I-CE30h 13,500
ベイシス 12L 2.7kg 170×320×235mm 236×436×309mm 発泡ウレタン I-CE35h 16,900
リミテッド 12L 2.9kg 170×320×235mm 236×436×309mm 3面真空パネル I-CE40h 27,500
プレミアム 12L 3.0kg 170×320×235mm 170×320×235mm 5面真空パネル I-CE45h 38,000

[ダイワ]クールラインα II 1000(10Lモデル)

今年(2017年7月)に新発売されたダイワの最新クーラーボックスが「クールラインα II」。10l・15l・20l・25lと4種類の容量に、それぞれSU・GU・Sという3種類の保冷力がラインナップされています。

先ほど紹介した、シマノのフィクセルシリーズの容量ラインナップの間ぐらいが用意されている感じですね。悩ませますね(笑)

見た目は、シマノのクーラーボックスに比べると今時っぽい感じで、楽天やGUのロゴデザインでも有名なデザイナー「佐藤可士和氏」によるロゴを前面に押し出したものです。

クールラインα II 1000は500mlペットボトルを縦に8本入れられるので、ちょっとした釣りには十分な容量。蓋が左右どちらからも開閉できるのが便利ですね。このクーラーボックスも座っても問題ないので、椅子代わりになります。

ダイワクーラーの新たな指標『KEEP』
外気40℃に調整された恒温室内に、クーラーボックス本体容量の25%に相当する角氷を入れたクーラーボックスを置。8時間後に氷の重量を測定して氷の残存率を算出します。

その氷の残存率から、残存率が0%になるまでの時間を計算して、「KEEP○○」という値で表示しています。

クールラインα II 1000 モデルの比較

クールラインα II 1000 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
S 1000X 10L 2.2kg 17×26×22cm 25×37×29cm スチロール KEEP 25 9,450
GU 1000X 10L 2.6kg 17×26×22cm 25×37×29cm 発泡ウレタン IKEEP 35 13,000
SU 1000X 10L 2.7kg 17×26×22cm 25×37×29.5cm 底1面真空パネル KEEP 40 19,000

保冷力の基準がメーカーそれぞれ若干違う(シマノは容量20%の氷の残存時間、ダイワは容量25%の氷の残存時間)ので、比較しにくい部分ではありますが、クールラインα IIに比べるとフィクセルの方が保冷力は若干良く、その分クールラインα II の方が定価が低く設定されています感じがします。

またその他の機能的には大きな差は無さそうなので、デザインの好き嫌いや、微妙な容量の差で気に入る方を選ぶと良さそうですね。

おすすめの釣りクーラーボックス(中型)

フィクセルの30Lと12L

フィクセルの30Lと12L

中型魚を中心に、陸っぱり〜船釣りまで使用できるのが中型クーラーボックス。キャンプやBBQでの飲料や食材入れとしても、ちょうど良いサイズです。今、1つだけクーラーボックスを買いなさい!って言われたら、汎用的に使えそうな20リットル前後のやつにするかな〜。

[ダイワ]クールラインα II 2000(20Lモデル)

前述の小型クーラーボックスでも紹介したのですが、2017年7月に発売された新しい「クールラインα II GU 2000」が良いですね。安い訳ではないですが、性能や機能的から見ると魅力的な値段設定。

20リットルは、様々なシチュエーションをカバーできる汎用的サイズで、とりあえず1つ買うなら今だとコレを選ぶかな。別に意味は無いんですが、20リットルって切りの良い数字も個人的には◎。氷や魚を大量に入れると、重たいですがショルダーベルトを使えば持ち運べると思います。

クールラインα II 2000モデルの比較

クールラインα II 2000 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
S 2000X 20L 3.7kg 22×39×22cm 31×51×30.5cm スチロール KEEP 45 11,000
GU 2000X 20L 4.0kg 22×39×22cm 31×51×30.5cm 発泡ウレタン IKEEP 50 14,000
SU 2000X 20L 4.4kg 22×39×22cm 31×51×31cm 底1面真空パネル KEEP 65 21,500

[シマノ]スペーザ 250(25Lモデル)

シマノのスペーザは、横長フォルムが特長で容量に比べて長さのある魚を入れられるクーラーボックスのシリーズ。

容量は25l・35lの2種類、これにキャスター有り無しのタイプがあり、保冷力はライト・ベイシス・リミテッド・プレミアムの4種類から選べるラインナップとなっています。

最小モデルのスペーザ250は容量25lと、そこまで大きくありませんが、内寸幅が50cmもあります。これは、より容量が大きいシマノのフィクセル30リットルモデル(幅44.9cm)と比べて5cmも長く、ハマチ程度の中型青物や良型の真鯛なども問題なく入れる事ができます。

魚と氷が沢山入ってる状態だと、当然ですが25lでもかなり重たいです。移動が前提の場合は、キャスター付きモデルを選択するのが良いですね。ただし、足場の悪い場所には、キャスター付きでも持ち運びが相当大変です。。。

スペーザ250モデルの比較

スペーザ250 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
ライト 25L 5.0kg 220×500×230mm 305×657×320mm 発泡ポリスチレン I-CE40h 18,000
ベイシス 25L 5.5kg 220×500×230mm 305×657×320mm 発泡ウレタン I-CE45h 22,500
リミテッド 25L 6.0kg 220×500×230mm 305×657×320mm 3面真空パネル I-CE55h 34,500
プレミアム 25L 6.4kg 220×500×230mm 305×657×320mm 5面真空パネル I-CE63h 46,000

[シマノ]フィクセル ベイシス 300(30Lモデル)

シマノのフィクセルシリーズの最大容量モデルです。中型〜大型の間ぐらいに分類されそうですが、個人的にはフィクセルの12lと、このフィクセルの30lを愛用中。

かなり大きさが違います

上が12L下が20L。かなり大きさが違います

購入時にスペーザ25lとかなり迷い比較した結果、自重がスペーザ−25Lとほぼ同じで、若干ICE値が高く、容量も多いのでフィクセル300のベイシスをチョイス。長尺の大物用には別途大型クーラーを今後購入しようと思っています。

イカメタルなど大量に釣れそうなターゲットや、ショアジギングなど中型魚種の釣行時に使用しています。その他にはキャンプ時の食材入れにも活用。写真を見ると分かりますが、フィクセル12Lと比べると、かなり大きいです。

また、魚と氷が入っている状態はかなり重たいので、利用シーンとしては移動が少ない場所がメインとなります。長距離移動するなら、こちらよりもスペーザ−のキャスター付きモデルや別途キャリアーに搭載して使用した方が良いと思います。

フィクセル300モデルの比較

フィクセル300 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
ライト 30L 4.8kg 259×449×260mm 350×583×350mm 発泡ポリスチレン I-CE40h 18,500
ベイシス 30L 5.3kg 259×449×260mm 350×583×350mm 発泡ウレタン I-CE50h 22,600
リミテッド 30L 6.1kg 259×449×260mm 350×583×350mm 3面真空パネル I-CE75h 36,500
プレミアム 30L 6.5kg 259×449×260mm 350×583×350mm 5面真空パネル I-CE90h 50,500

おすすめの釣りクーラーボックス(大型)

大型クーラーボックス

大型クーラーボックス

あまり頻繁に使わないサイズですが、やはり大型青物狙いのジギングやショアジギング、オフショア遠征や、中型魚の数釣りをする際には、大型クーラーボックスが欲しいところ。

実はまだ持ってないのですが、何回も買い換えるものでもないので、ちょっと良いものが欲しいなと考えています。今年のジギングシーズンには購入したいな。

[シマノ]スペーザ ホエール

ジギング船に乗ると良く見かけるクーラーボックスが、スペーザ ホエール。

スペーザ ホエール450(45l)とスペーザ ホエール600(60l)のどちらも巨大クーラーボックスで、45リットル版は全長70cm、60リットル版は全長80cmの魚を折り曲げずに入れられる驚異のサイズ。斜めにすれば1mクラスのブリやヒラマサなども、問題なく入るサイズですね。

このサイズになってくると、クーラーボックスの自重で7kg〜10kg近くあり相当重たいです。そのままでは持ち運べないので、全モデルにキャスター付きとなっています。

スペーザ ホエール(400と600)のスペック

スペーザ ホエール 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
ライト 400 40L 7.2kg 280×700×230mm 365×830×325mm PP樹脂+発泡ポリスチレン I-CE45h 30,000
ベイシス 400 40L 7.6kg 280×700×230mm 365×830×325mm PP樹脂+発泡ポリスチレン
+1面真空パネル(底)
I-CE55h 45,000
リミテッド 400 40L 8.1kg 280×700×230mm 365×830×325mm PP樹脂+真空パネル3面+発泡ポリスチレン I-CE65h 58,000
ライト 600 60L 8.3kg 310×800×240mm 396×934×340.5mm PP樹脂+発泡ポリスチレン I-CE48h 38,000
ベイシス 600 60L 8.9kg 310×800×240mm 396×934×340.5mm PP樹脂+発泡ポリスチレン
+1面真空パネル(底)
I-CE59h 51,000
リミテッド 600 60L 9.8kg 310×800×240mm 396×934×340.5mm PP樹脂+真空パネル3面+発泡ポリスチレン  I-CE75h 67,000

[ダイワ]トランク大将 II

ダイワの最大サイズのクーラーボックスがトランク大将 II。2017年7月にリニューアルモデルが発売されたところです。トランク大将Ⅱは、4000(40リットルモデル)と5000(50リットルモデル)の2種類の容量と、S/GU/SU/TSSの4種類の保冷力から選択できるラインナップ。

別々に開け閉めできます

別々に開け閉めできます

トランク大将Ⅱの蓋は左右2分割になっており、半分づつ開閉できるようになっています。※シマノのスペーザ ホエールの蓋は1枚構造。その他にも深夜のキャスター移動時のゴロゴロ音を抑制できる「静音キャスター」を採用しているなど、何気ないところに工夫が凝らされています。

トランク大将Ⅱ(4000と5000)のスペック

トランク大将Ⅱ 容量 自重 内寸(幅×長×高) 外寸(幅×長×高) 素材 保冷力 定価
S 4000X 40L 7.7kg 28.5×59.5×23cm 37.5×72×33.5cm スチロール KEEP 65 28,900
GU 4000X 40L 8.5kg 28.5×59.5×23cm 37.5×72×33.5cm 発泡ウレタン KEEP 98 38,700
SU 4000X 40L 8.8kg 28.5×59.5×23cm 37.5×72×33.5cm 1面真空パネル
+発泡ウレタン
KEEP 102 44,900
TSS 4000X 40L 9.3kg 28.5×59.5×23cm 37.5×72×33.5cm 3面真空パネル
+発泡ウレタン
KEEP 118 54,300
S 5000X 50L 9.0kg 28.5×73×23cm 37.5×86×33.5cm スチロール KEEP 70 33,100
GU 5000X 50L 9.6kg 28.5×73×23cm 37.5×86×33.5cm 発泡ウレタン KEEP 100 44,900
SU 5000X 50L 10.2kg 28.5×73×23cm 37.5×86×33.5cm 1面真空パネル
+発泡ウレタン
KEEP 105 51,000
TSS 5000X 50L 10.5kg 28.5×73×23cm 37.5×86×33.5cm  3面真空パネル
+発泡ウレタン
KEEP 120 60,400

狙う魚のサイズに合わせたクーラーボックスの選び方

ターゲットに合わせたクーラーボックス選び

ターゲットに合わせたクーラーボックス選び

自分がやる釣りの範囲になりますが、この釣りならこんなクーラーボックスが良さそうってのを記載しておきます。釣り場所や時期によって異なると思いますので、ご参考まで!

ファミリーフィッシングやアウトドア

サビキ釣りやキス釣りなどファミリーフィッシング、アウトドアや運動会にも持って行けるような汎用的で使い勝手の良さそうなサイズは、小さめの10リットル前後。

アジングやメバリング

そんな大きなサイズのクーラーボックスは必要ありません。また釣り場で長時間キープしておくという場合も少なそうなので、容量が小さく軽いものが良いですね。ランガンする場合にも、軽いと楽チンです。おすすめは、10リットル前後のクラーボックス。保冷力もそこまで高い必要は無いと思います。

タチウオやサゴシ(ワインド)

陸から狙うタチウオだと、10本〜20本入れば十分。15〜20リットル前後の一番汎用的なクーラーボックスで良いと思います。

ちなみに、指3本〜4本程度のタチウオ10本ぐらいなら、クルッと丸めて12リットルのフィクセルにも入ります。ただし、大きなサゴシは入らないので、頭か尻尾を落とす必要があります。

キジハタやガシラなどロックフィッシュ

青物などに比べると、キジハタなどロックフィッシュは生命力が強いので、ストリンガーに引っ掛けておけば活かしておけます。また、クラーボックスを持ち込めないような場所もあるので、私の場合はクーラーボックスは車に積んだままで、釣りが終わったらストリンガーから引き上げて、車まで持っていき入れ替える事が多いです。

釣り場まで持っていくなら〜20リットルのクーラーボックス。氷が沢山必要ですが、持ち運ばないなら大きいクーラーでも大丈夫ですね。

タコ釣り

夏場の釣りでとにかく暑い・・・。ですので、クーラーボックスに入れてる氷も溶けやすいです。

朝もしくは夕方だけ狙う場合は、小型で保冷力が低いものでも大丈夫ですが、朝から夕方までぶっ通しでされる方は、ある程度保冷力があり、飲み物なども入れておけるサイズのものが良いと思います(500mlのペットボトル数本はぺろっと飲んじゃいますから)

おすすめは、20リットル前後の一番汎用的なクーラーボックスか、大きめのクーラーボックスを持ち込みやすい場所なら、25〜30リットル前後。ランガンするので、大きいクーラーを基地にして、タコを入れるように小型ソフトクラーなんかを用意しておくとタコ釣りには便利で良いですよ。

青物ジギング(オフショア)

ブリやヒラマサ、メジロやハマチなど最大1mぐらいの大型魚を狙う場合は、やはりそれに合わせて大型のクーラーボックスが必要です。45l〜60lクラスがおすすめ。ただ、デカイので車に搭載できるかなど、購入前にサイズを良く確認するのが良良いですよ。

ショアジギング

ハマチからメジロサイズの青物、マゴチやヒラメ、シーバスなど50cm近い、もしくは超えるサイズの魚を入れる用。足場の良い堤防や沖堤なら、キャスター付きの大型クーラーボックス。

地磯やゴロタ場などクーラーボックスが持ち込めない場所は、ストリンガーで活かしておいて、帰るときに〆てから車まで持っていきます。

80cm以上の大型狙いだと、40リットル以上の相当でかいクーラーボックスが無いと、頭落としたり、尻尾落としたりしないと入らないですね。12リットルのクーラーしか持ってない時に、80cm超の鱸が釣れて難儀した事があります。。。

狙うサイズにもよりますが、30リットル以上のクーラーボックスが良さそうです。

イカメタル

夏場の夜間にする船からの釣りです。アタリ日だと胴長20〜30cmが50杯〜100杯釣れるので、30リットルクラスのクーラーボックスも満タン。

ちなみに夏場ですが、夜間なのでそこまで暑く無く、氷が溶けまくることはありません。おすすめは、30リットル前後のクーラーボックスがあると爆釣しても安心(笑)

最後に

まずは15〜20リッター前後のクーラーボックスがあれば、色々な釣りに使えます。釣った魚をしっかりと保存することで、美味しく安全に持ち帰る事ができるので、ぜひ釣り用のクーラーボックスを用意してください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-フィッシングツール
-

Copyright© つりにいく[Go Fishing] , 2018 All Rights Reserved.