釣り&タックル情報サイト

つりにいく

Go−Phish(ゴーフィッシュ) フィッシングツール

ちっさino(イーノ)が誕生。アジング・メバリング向けの超小型ランディングネット。

投稿日:

アジメバイーノの使用スタイル

アジメバイーノ

昌栄とGo-Phish、ナチュラムのコラボランディングネット「ちっさino(イーノ)」が誕生しました。↑通常版アジメバinoを愛用している身からすると気になるアイテムなので紹介。

ちっさino(イーノ)とは?

元々、昌栄さんからリリースされている小型ランディングネット「アジ・メバino」をさらに小型化したのが「ちっさino(イーノ)」。

ちっさino(イーノ)のサイズは、全長約38cm、網部24cm×18cm(最長部)グリップ部14cm。

対して、通常版のアジ・メバinoはフレーム:W24cm×L28cm (重量145g)、グリップ部は我が家のやつの実測で14cmになっています。なので、全長で4cm程短く、網部分の横幅が6cmほど小さい感じですね。

20cm前後のアベレージサイズのアジやメバル向けの設計ですが、尺クラスまでは十分に対応できるということ。

そして、通常モデルとの大きな違いはグリップ素材。通常版はEVA素材ですが、ちっさinoは「コルクグリップ」を採用しており見た目が可愛らしいです。そして、高品質なアイテムで定評のある昌栄さんが、手曲げ・手仕上げの完全日本製ということで高級感・安心感もバッチリ。

ナチュラム限定発売で価格は¥6,490 (税込)と結構良い値段はしますが、何個も買うものでも無いですし、良いモノを長く使いたい人におすすめです。※リーシュコードマグネットホルダーは別売です。

もちろん↓通常版も良いですよ!

いいね!して貰えると
更新の励みになります!

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。Facebookツイッターインスタも更新しているのでフォローして下さいね!何卒よろしくお願い致します。

-Go−Phish(ゴーフィッシュ), フィッシングツール

Copyright© つりにいく , 2020 All Rights Reserved.