釣り&タックル情報サイト

つりにいく

フィッシングツール メイホウ

バケットマウスを買ってみた!やっぱりロッドホルダーは便利。

投稿日:

バケットマウスを買ってみた!

バケットマウスを買ってみた!

バケットマウス5000を購入してみました。

オフショア用にドカット4500は使っているのですが、やっぱロッドホルダーが欲しいよな〜と。ドカット用のロッドホルダーシステムみたいなのが発売されているのですが結構ええ値段。同じぐらいの金額を出すならバケットマウス+ロッドホルダーを購入しても、そんなに変わらないな〜と。

それと、イカメタルやタイラバ、タチウオテンヤの時はロッド自体が繊細な事もあり乗船前・乗船後のロッド置き場に気を使う事が多いのですが、ロッドホルダーがあれば安心。あとはタックルボックスは自宅収納の面で、数個あっても困らないので良いですね。散乱しぎみな釣り道具の収納に使えます(笑)

ってことで、バケットマウス(BM5000)とロッドホルダー(BM2500-Light)×2個を購入してみました。

※ドカットを使っている人も多いだろうし値段的に手頃なロッドホルダーシステムが出れば、すぐバイトするんですけどね〜。同じような人も割といそうな気がします。凝ったのじゃなくても良いので、どこかのメーカーさん手頃なの作ってくれないかな〜。

バケットマウスのサイズ選び

  • バケットマウス5000

    バケットマウス5000

  • バケットマウス7000

    バケットマウス7000

  • バケットマウス9000

    バケットマウス9000

バケットマウスって3種類あって、最大サイズのBM9000は今の私の釣りには大きすぎるのでスルー。で、悩んだのはBM5000にするかBM7000にするか。

バケットマウスの主要3種類

  • バケットマウス5000
    (440×293×293mm 2380g 容量20リットル)
  • バケットマウス7000
    (475×335×320mm 2740g 容量28リットル)
  • バケットマウス9000
    (540×340×350mm 3600g 容量35リットル)
ドカット4500とバケットマウス5000

ドカット4500とバケットマウス5000

ちなみに、今使っているドカットが4500なので、BM5000とほぼ同等↑。じゃっかんバケットマウスのが大きいかな〜というぐらい。より大きなBM7000でも良かったのですが、店頭で見るとやっぱ割とデカイんですよね。

メイホウ(MEIHO) BM-5000 バケットマウス  ブラック
メイホウ(MEIHO)
¥ 2,632
Amazon.co.jp

バケットマウスの用途としては、イカメタル・タイラバ・タチウオテンヤ、近海ジギングなど基本オフショア。船によっては足元にタックルボックスを入れる事もあるしな〜と最後まで悩み結局バケットマウスBM5000をチョイス。どうしても必要であればBM7000を追加購入して用途に合わせてロッドホルダーを付け替えても良いかなと。バケットマウス単体だと案外お手頃ですしね。

メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-7000(ブラック)
メイホウ(MEIHO)
参考価格:¥ 6,065
OFF: 54%
¥ 2,820
Amazon.co.jp

ロッドホルダーは「BM250 Light」をチョイス

バケットマウス用ロッドホルダー「BM-250 Light」

バケットマウス用ロッドホルダー「BM-250 Light」

ロッドホルダーもちょっと迷いました。口径35mmにするか、45mmにするか。

バケットマウスに付けられるロッドホルダーには2種類の口径が用意されています。基本的なロッド向けの35mm、タモなどの太めのグリップも入れられる45mmタイプ。私が使っているロッドの中で、グリップが一番太いのがジギングロッド(MCワークスのロッド)。ギリギリ35mm経でも入るのでBM-250 Lightを選びました。

メイホウ(MEIHO) ロッドスタンドBM-250Light BM-250-BK Cブラック×ブラック
メイホウ(MEIHO)
参考価格:¥ 2,484
OFF: 35%
¥ 1,609
Amazon.co.jp

↓35mmで入るか心配な方はちょっと値段があがりますが、BM300Lightだと45mm経になっています。

ワンタッチ装着で着脱が簡単

部品は3つだけ

簡単タイプの部品は3つだけ

ビス止めが必要なタイプ(BM230N/BM280/BM350)と、必要ではないワンタッチ装着タイプ(BM250 Light/BM300 Light)の2種類がありますが、やはり簡単に脱着できるのも魅力なのでビス止め不要タイプを選んでいます。

パーツを引っ掛けるだけなので簡単

パーツを引っ掛けるだけなので簡単

実際使っていますが、ビス止め不要タイプでも運搬時に簡単にポロッと取れてしまう感じではないです。ただ、より安心を選ぶならビス止めタイプも良いかもしれませんね。

半透明カラーの4種類から選べます

半透明の黒にしてみた

半透明の黒にしてみた

あとは見た目的には、ビス止めタイプはマット赤もしくはマット青なのですが、ビス不要のワンタッチ装着タイプは半透明の黒・青・赤・オレンジとより豊富にラインナップされていて個人的にはこっちのがカッコ良い!黒いバケットマウスにしたので、半透明の黒を選んでみました。

ロッドホルダー2本装備。

ロッドホルダー2本装備。

ロッドホルダーを2本装備。反対側も含めると最大6本付けられるみたい。さすがに持ち運びにくいと思いますが(笑)

バケットマウスには、ロッドホルダー以外にも色々なオプションパーツが用意されていますが、バケットマウスビギナーとしては王道のロッドホルダーのみとしました。

イカメタルロッド2本

イカメタルロッド2本

イカメタルロッド2本を挿した状態。良い感じ。

ジギングロッド2本

ジギングロッド2本

35mm経なので、さすがにグリップが太めのジギングロッドは結構ギリギリですが、ちゃんと入ります。もちろん、ロッドによっては入らないサイズもありそうです。

バケットマウスのここが良いと思う

ハンドルが干渉しない

ハンドルが干渉しない

まずはハンドル。

専用設計なのでハンドルがロッドホルダーに干渉しないのが良いですね。クーラーボックスなんかにもロッドホルダー付けてますが、ハンドルに干渉するので使い辛い事がありますが、そういう心配が無いです。

安定感がある

安定感がある

安定感があってしっかりしている。

ジギングロッドとジギングリールを2セットセッティングして挿してみました。バケットマウスの中に少しだけ荷物を入れてる状態ですが、結構重たいロッド&リールを2本挿しても倒れないです。もちろん、船上などはバケットマウス側をより重たくした方が良いと思いますが、想像よりも安定していてビックリ。

バケットマウスの収納力

BM5000の収納力

BM5000の収納力

先日のイカメタルタックルが入っています(鉛スッテやエギ、浮きスッテ、バチコン用ジグヘッドやライン、仕掛けなど)。鉛スッテを入れているインナーストッカーが便利なので超おすすめ。ちょっきり収まります。

インナートレー

インナートレー

ドカットに比べるとかなり薄型のインナートレーが付属しています。ちょっとしたものを置いておくのに便利。

バケットマウス用のインナーストッカーが秀逸!

インナーストッカ(BM-S)が便利

インナーストッカ(BM-S)が便利

バケットマウスを購入する前から使っているインナーストッカーのSサイズ(別売りのアイテムです)。ドカット4500にも大体丁度ぐらいで使えるのですが、BM5000だとピッタリ。

底にはウレタンシートが敷いてあり(付属しています)、内部にスリットが設けてあるので釣行後にガバっと取り出して、そのまま水洗い可能。メタルジグとか鉛スッテ、テンヤなど立て掛けておきたいアイテムにピッタリ。めっちゃ便利でおすすめのアイテムですよ!

まとめ

バケットマウスBM5000

バケットマウスBM5000

ということで、バケットマウスBM5000。適度な大きさで持ち運びにも便利。よく考えられていて釣りに最適化されているので使いやすくておすすめです。これからの釣行に大活躍してくれるの間違い無し!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-フィッシングツール, メイホウ
-

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.