釣り&タックル情報サイト

つりにいく

サーティーフォー(34) ハピソン(Hapyson) フィッシングツール

ハピソン×34のチェストライト「インティレイ」に充電式の新モデルが登場!

投稿日:

じゃのひれ コテージ

じゃのひれ コテージ

こんにちは。先週末は南あわじ「じゃのひれアウトドアビレッジ」まで久々のキャンプに行ってきました。友人夫妻と一緒に行ったので今回はテント泊ではなくコテージ(D~H)を利用。

1段分で大人2人が寝られる広々スペースの2段ベッドが2つあり、エアコン・トイレ・小型洗面所も完備で非常に快適。コテージ前でBBQや焚き火もできます。朝晩はまだかなり冷えましたが、日があがると暖かくキャンプに最適な気温で気持ちよかったです。

コテージ前で焚き火

コテージ前で焚き火

そして、近場のテトラ帯でメバリング。夕まずめ・21時〜23時・朝マズメと3回攻めてみましたが、結果は22cmと17cmのメバル計2匹とあんまりでしたが、ワームには反応無くどちらもプラグ(リッジ35Fとストリームドライブ45)での釣果。例年より水が少なく藻が多い印象でした。

ちなみに、じゃのひれのコテージには色々な種類があるので、興味が有る方はじゃのひれWEBページをチェックしてみて下さい。コテージや区画サイトは大人気なので早めの予約か、たまにキャンセルをチェックしていると空いてるかも。テント泊用の広場サイトは大体空いてます。(平日だと広場サイトは誰もいないぐらいガラガラ)

さて、本日は釣りにもキャンプにも活躍するチェストライト「インティレイ(INTIRAY)」に充電式の新モデルが登場したのでご紹介。

チェストライト「インティレイ(INTIRAY)」の特長

NEWインティレイ

NEWインティレイ

2016年にアジングメーカーのサーティーフォー(34)とハピソンがコラボして誕生したのが「インティレイ(INTIRAY)」。

ヘッドではなく、胸部分(チェスト)での使用に特化することで、光量と持続時間を確保する電池4本使用の重量ストレスが軽減。前かがみの姿勢になっても光がブレにくいという特長を持っています。

チェストライト「INTIRAY‐インティレイ‐」

チェストライト「INTIRAY‐インティレイ‐」

2016年に発売されたインティレイの形状。単3電池(合計4本)を入れる部分が大きく開いたV型になっています。

 

NEWインティレイの形状

NEWインティレイの形状

NEWインティレイの形状。ライト部分はあまり変わっていないようですが、充電池部分がV字型から大きく変わっています。

NEWインティレイの特長

  • ズレない、ぶれない、安定のバッテリーレイアウト
  • 超集光ブースト約10000lx、約600lm、約500m先の対象物を照らしだせる
  • 視界が広がる超散光(約600lx、約200lm)
  • 充電式リチウム電池採用で50gの軽量化、約150g(電池含)は、釣り人の機動力がさらにアップ。 ※YF-200との比較
  • 身体にフィット!軽く感じる電池レイアウト
  • 一回の充電4時間の連続使用(強点灯時)。
  • 冬季の低温でも安定して使えます
  • 充電はUSB電源から。いざという時にうれしい機能!

NEWインティレイはUSBから充電

USBで充電可能

USBで充電可能

NEWインティレイは2600mAhのリチウムイオン電池を使用しており付属のUSBケーブルから充電。USBケーブルのみが付属されてるようなので、iphoneやアンドロイドなどスマホ用の充電アダプタやPC等から充電する形ですね。

最近だとカーチャージャー(シガーソケット)からスマホ用にUSB充電できるようにしている人も多いと思うので、移動中に充電も可能ですね。

新旧インティレイのスペック比較

2016年版と2017年版のインティレイのスペック比較。充電式になり旧モデルから50gの軽量化、ハイパワー化、電池寿命も長くなって全体的にスペックが向上。微弱モードも追加されているようです。

2016インティレイ 2017インティレイ
明るさ 集光:
強 約2300lx/200lm
弱 約700lx/50lm
集光:
強  約3600lx/200lm
弱  約1000lx/50lm
微弱 約120lx/7lm
散光:約600lx/200lm 散光:約600lx/200lm
ダブル:約3400lx/400lm ダブル:約4200lx/400lm
ブースト:約8000lx/600lm ブースト:約10000lx/600lm
電池寿命 強点灯:連続約2.5時間(アルカリ) 集光強点灯:連続約4時間
弱点灯:連続約15時間(アルカリ) 集光弱点灯:連続約16時間
微弱点灯:連続約100時間
ダブル:連続約1時間(アルカリ) ダブル:連続約2時間
散光:連続約2.5時間(アルカリ) 散光:連続約4時間(アルカリ)
エマージェンシー機能:約48時間(アルカリ) エマージェンシー機能:約55時間(アルカリ)
マーカー機能:連続約2000時間(アルカリ) マーカー機能:連続約2200時間(アルカリ)
赤点灯:連続約48時間(アルカリ) 赤点灯:連続約48時間(アルカリ)
光源 白色ハイパワーLED×2
赤色高輝度LED×2(共にチップ)
白色ハイパワーLED×2
赤色高輝度LED×2(共にチップ)
サイズ 約173×50×87mm 約173×50×87mm
重さ 約200g(電池含) 約150g(電池含)
付属品 調整パッド付きストラップ1本 調整パッド付きストラップ1本、USB充電ケーブル
その他 集散光形
防滴形
集散光形
防滴形

インティレイ(INTIRAY)の発売日

NEWインティレイは2017年5月頃の発売を予定しているようです。価格はオープン価格。旧インティレイがamazonで6000円前後ですので、8000円ぐらいでしょうか。

↓2016年発売のインティレイ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく管理人

可愛い2人の娘に囲まれ幸せな不惑40歳。無類の釣り好きで暇があれば季節に合わせた釣り物を探して出かけています。基本的には海のルアーフィッシングがメインですが、何でもやってみたい方です。最近はヤエンに激ハマりで目標は3kgの巨大アオリイカ。そしてメジロ(ワラサ)止まりなの鰤が釣りたい鰤が。メインフィールドは関西エリアと奥さんの実家がある富山近辺。 Facebookツイッターも更新しているので、フォローして下さいね!よろしくお願い致します。

-サーティーフォー(34), ハピソン(Hapyson), フィッシングツール
-,

Copyright© つりにいく , 2019 All Rights Reserved.