ヤエン釣り ロッド

【2022年】おすすめヤエンロッドを紹介!長さや号数など選び方。

おすすめヤエンロッド
おすすめヤエンロッド

おすすめのヤエンロッドを紹介します。長さや号数、ガイドなどの特徴からヤエン竿の選び方を解説します。

ヤエンロッドの選び方

ヤエンロッドの選び方
ヤエンロッドの選び方

長さ

ヤエンで使う竿の長さは4mぐらいから5mぐらい。標準的なのは5m前後となります。竿が長い方がアオリイカとのやり取りにタメが作りやすかったり、ヤエン投入時に角度を付けやすいです。筏や堤防など足場が良いところは、短いヤエンロッドの方が取り回しが良いと思います。

号数

ヤエンロッドは磯竿でいう1.5号〜2号ぐらいを使います。ヤエン用ロッドとして発売されているものだと、大体2号程度が多いです。1.5号〜2号の間で選ぶと良いと思います。

ガイド

ヤエンロッドには「アウトガイドロッド」と「インターラインロッド(インナーガイド)」の2種類があります。

  • アウトガイドロッド:全体的に柔らかく繊細なので、やり取りの際にアオリイカに違和感を与えないのと、ロッド自体も軽量なのが良い点です。
  • インターラインロッド:外部にガイドが無くて竿の中を道糸が通るロッドで圧倒的に「風」に強いのが特徴。ヤエン投入時などのガイド絡みが無いのでストレスフリー。ただし、全体的にロッドが重く繊細さはアウトガイドロッドに及びません。また、竿の中にラインを通すための専用ワイヤーが必要なのでセッティングの手軽さという点では、ちょっと面倒。

個人的な感想ですが、状況に合わせて使うのがベストですが、最初にどちらを選ぶかっていう点では、ワイヤーでラインを通すところ以外はヤエン投入がスムーズなので、インターラインロッドはヤエン初心者に良いと思います。

代用ロッド

ヤエン竿の代用ロッドは、1号〜2号程度の磯竿でOKです。むしろ、専用ロッドの方が少ないので磯竿でやっている人も多いです。

おすすめヤエンロッド

ヤエン専用として発売されているヤエン竿や、巷で良く使われているロッドをピックアップしています。

お手頃モデル(1万円台ぐらい)

リバティクラブ アオリイカ(ダイワ)

リバティクラブ アオリイカ
リバティクラブ アオリイカ

個人的にも一番最初にお世話になったヤエンロッドがダイワの「リバティクラブ アオリイカ」。アウトガイドロッドです。どこでも売ってるし何と言っても1万円前後と非常に手頃なのが良いところです。私は筏から落としてしまって、サヨナラになりました・・・(涙)

インターライン リーガル アオリ(ダイワ)

ダイワの入門向けインターラインロッドが「インターライン リーガル アオリ」。1.5号と2号が用意されています。通常モデルとの違いは、アオリイカモデルは穂先が白くペインとされています。

アペルト(シマノ)

シマノの入門用インターラインロッドが「アペルト」。2018年にモデルチェンジされました。1万円台で手に入るインターラインロッドということで非常に手頃なのが良いです。アオリイカモデルも用意されていて、穂先がホワイトになっています。

アドバンス イソ(シマノ)

シマノから2020年に発売された入門用の磯竿が「アドバンス イソ」。下位モデルに4000円〜5000円程度安いホリデーイソのアオリイカモデルがありますが、スクリューシートやスパイラルX、タフテックαなどを搭載しており性能的には断然こちらがお得かと個人的には思います。アオリイカモデルでは無いので、穂先が白では無いところぐらいです。

↓ホリデーイソのがお手頃でけどね。

ミドルクラス(2万〜3円台ぐらい)

ボーダレスBB(ダイワ)

ボーダレスBB
ボーダレスBB

個人的にも愛用しているヤエンロッドがボーダレスBB。フリースタイル用って感じの売り方がされていて、ヤエンにもピッタリなスペックです。何と言っても自重が軽いのが良いです。495mmが最長のサイズなので、他の竿と比べると若干短い設定ですが、495MHもしくは460MHあたりがおすすめです。後述している上位モデルのボーダレスは2022年にフルモデルチェンジされてグリップがコルクになっています。

アオリスタSI(シマノ)

インターラインロッド:アオリスタBB
インターラインロッド:アオリスタBB

2021年にモデルチェンジされたのがシマノのインターラインロッド「アオリスタSI」。元々はアオリスタBBって名前でしたがBBが取れてアオリスタSI(スーパーインナーガイド)に変わりました。個人的に愛用しているインターラインロッドです。

ハイエンドモデル(3万円〜)

22ボーダレス(シマノ)

2022年にモデルチェンジされたボーダレス。グリップ部にコルクを一部採用するなど、見た目的にかなり好みです。機能の方もチタンフレームのIMガイドが搭載されていたり、TG1000という最新のカーボン素材やスパイラルXコアが使われていたりと非常に高スペック。個人的に最も欲しくてイチオシのヤエンロッドの1つです。495が現状は無いので、460Mもしくは460MHが良いですね。

アオリスタ 500(シマノ)

2021年にリリースされたシマノのハイエンドヤエンロッドが「21アオリスタ 500」。人気過ぎなのか、入荷数が少なかったのか分かりませんが、現状軒並み欠品ぎみのアイテムです。エキサイトTOP、Xガイドなどシマノのロッド技術が搭載されています。私もいっとき欲しくて探してましたが見つかりませんでした。欲しい人は見つけたら買いかもですよ。

バトルゲーム アオリワン(ダイワ)

ダイワのハイエンドヤエンロッドが「バトルゲーム アオリワン」シリーズ。アウトガイドモデルとインターラインモデル(バトルゲーム アオリワン ドライって名称)の2機種が用意されています。インターラインロッドはダイワの方がワイヤーを通しやすい気がする。

みんなの意見

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

つりにいく

釣歴30年以上。海釣りがメインで船や陸からのルアーフィッシングをメインにやってますが、ジャンルに拘らずに楽しんでいます。基本的にフィッシュ&イートで、釣った旬の魚は家族と一緒に美味しく食べています。釣具も大好きで、使っているタックルや気になる釣具を中心にインプレやレビューなども掲載しています。最近の好きな釣りは、イカメタルやオモリグ、タチウオテンヤ、メバリング、アオリイカのヤエン釣り、バチコン、ジギングやキャスティング。

-ヤエン釣り, ロッド